So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

●視聴率とは関係ないエロスで盛り上がっているらしい有村架純の『中学聖日記』~そしてネットに氾濫する出鱈目記事を「出鱈目だ」と認識する必要性。 [「言葉」による革命]

●視聴率とは関係ないエロスで盛り上がっているらしい有村架純の『中学聖日記』~そしてネットに氾濫する出鱈目記事を「出鱈目だ」と認識する必要性。

末尾ルコ「テレビドラマと社会観察の話題で、知性と感性を鍛えるレッスン」

有村架純主演ドラマ『中学聖日記』の視聴率が5%台に突入したということだが、昨今すぐに「数字を持っている・持ってない」という表現を、ネットのライターや匿名書き込みなどで安易に使っているけれど、ほとんどが出鱈目な物言いに感じられる。
「ほとんど」とは、「すべてではないが、大部分」という意味だが、要するに、ほとんどが、「主演したドラマが高視聴率だったことのある俳優」を「数字を持っている」と言っているだけで、そこにいかなる合理的な分析などない場合が「ほとんど」だ。
「なぜ高視聴率・低視聴率だったか」という「理由」を解説する記事や書き込みもドラマ放送後山ほど出てくるけれど、それこそ「数字」を見てから、高かった番組の「よさげな部分」をいくつか取り上げるだけ、低かった番組の「悪げな部分」をいくつか取り上げるだけくらいのものである。
こうした記事の多くが噴飯物くらいならまだしも、作品や俳優の正当な評価を妨げる害毒になりかねない実情があると思うのですが。
例えば最近では、「有村架純や広瀬すずよりも、土屋太鳳の方が数字がある」とか、まあたいがいのサイトは毎日記事をアップしてPVを稼がねばならない作りになっているから、内容は出鱈目でも、有名人を貶めてアクセスを上げる手っ取り早い手法を取っているわけなのですな。
そもそも、「作品や俳優をしっかり評価する」という思考や行為自体がどんどん希薄となってきており、その代わりに子どもでも分かる「数字」を引き合いにして、あたかもそれが「評価のすべて」であるかのような雰囲気が優勢なのが今の日本でしょう。

もっとも有村架純『中学聖日記』の出来がいいとはとても言えないけれど、それはさて置き、次の記事がなかなかにウケた。

「下町ロケット」を超えた!有村架純「中学聖日記」の人気が突然爆発したワケ
https://www.asagei.com/excerpt/114802

同記事から抜粋すれば、

「3話の放送後にTBSがアップした予告動画は、あらゆるYouTube動画のアクセス数を抜き去り、ランキング第1位に輝きました。」
「艶っぽさのある衣装で、問題のある生徒を追いかけるシーンなども多く、豊かな胸をユッサユッサと揺らしている。」
「第3話でも『もうたまら~ん!こんな先生がいたら好きになっちゃうよ!ギンギンだ!』『すげぇ!こんなにデカかったんだ。次は録画しよう』『この胸の感じは男の理想だ!』と悶絶する感想で溢れています。」
    (いずれも、『Asagei plus』より)

いずれの文章も、わたしなら使わない表現満載で愉しくなるのだが、こういう見地(笑)も映画やテレビドラマを正当な鑑賞法の一つ(すべてではない 笑)である。
そうです、設定を見ただけで「気持ち悪い」と拒否反応を起こす人たちより精神がずっと健康的。
しかしこのドラマで初めて有村架純のそうした魅力に気づくようでは「鈍くさい」のそしりは免れない・・・かもしれない。

nice!(26)  コメント(1) 
共通テーマ:アート

nice! 26

コメント 1

いっぷく

まあ何にせよ、楽しみ方を見つけたんならそれはそれでいいのでしょう(笑)「胸を強調した薄手のニット衣装」というのは、そういう狙いで着ているのでしょうから。
私はそのシーンは見ていませんが、文章だけですと、原田美枝子が『恋は緑の風の中』で、薄いお召し物で胸をユッサユッサさせて、佐藤祐介に追いかけられている名シーンを思い出してしまいます。
さらに、80年代に2時間ドラマを木曜日に読売テレビが作っていて、その中のある話で、OLの原田美枝子を上司だったか同僚だったかの風間杜夫が社内でおかしてしまうシーンが有ったのですが、2人とも全裸で、事が済んでから風間杜夫は、後ろ姿で尻が写っているのに、尻から汗を垂らして裸のままで水をのむのですが、銭湯で風呂上がりに腰に手を当ててフルーツ牛乳を飲んでいるあんちゃんを連想してしまいました。
今のドラマに、それを上回るようなインパクトあるシーンにお目にかかれるのでしょうか。

>江波杏子

江波杏子は山本陽子同様、パトロンの存在が取り沙汰されて以降、テレビや映画で見かける機会が減ってしまったようにおもいます。やはりイメージが大事なのと、あるきっかけで声がかからなくなる世界ですね。
亡くなった本郷功次郎も拳銃所持のトラブル以来消えましたし、同じ大映出身の高松英郎も、具体的には忘れてしまいましたが、何かトラブルがあって、それ以来自分が消えただけでなく、デビューしてこれからというときの娘まで引退してしまいました。
古くは前田武彦も共産党バンザイ事件で干されてからは2度と以前のような勢いは取り戻せませんでした。
あれほど70~80年代のドラマに顔を出しまくった石立鉄男も、『湘南物語』で撮影をサボったことが原因で藤竜也にに殴られて番組を降板して以降、20年以上何かしらに出演して途切れなかった連続ドラマの仕事が途切れて、あっというまに「あの人は今」になってしまいました。
一方で、2度もトラブルがあってますます稼いでいるビートたけしや、淫行と傷害をやらかしたそのまんま東が政治家になってしまうなど、お笑いはしたたがですね。

>渡哲也

渡哲也は、大病したわりには弟より長生きしていますね。渡瀬恒彦もそんなに長生きというわけではなく、俳優として成功はしても、健康面ではあまり恵まれなかったといえるかもしれません。
芸能界では、川口松太郎と三益愛子のところが、エリック一家ほどではないですが、あまり幸せではなさそうで、浩も厚も亡くなリ、浩は妻の野添ひとみも短命で、さらに娘まで早逝しています。
私の父の兄妹も、昔ということもありましたが、11人中5人が成人前に亡くなリ、それも男ばかり。さらに父も含めて40~50代で3人亡くなリ、結局平均寿命を超えた人は誰もいませんでした。一昨年も父方の従姉妹が59で急死したのですが、そこは6人兄妹だったのにもう2人しか残っていません。うちも亡くならなかったけれど障碍者になってしまいましたし、人には見えざる力でもあるのかなあなんて思いたくなくてもおもってしまいますね。
by いっぷく (2018-11-04 06:04) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。