So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

●W君、君は明らかに進むべきではない方向に人生が進んでいるよ。その1。 [「言葉」による革命]

●W君、君は明らかに進むべきではない方向に人生が進んでいるよ。その1。

末尾ルコ「人間観察で、知性と感性を鍛えるレッスン」

11月4日、日曜日のことだった。
わたしは午後に行きつけのカフェで仕事をしていた。
連休中とあって、2時ごろから客足はひっきりなしだった。
その日はアイスティーを飲みながら仕事。
4時くらいに帰り支度をしていたら、「アルベールさん!」と声がかかった。
わたしは地元では「アルベール」と呼ばれることが多い。
「末尾ルコ」名で活動し始めるより前から「アルベール」であって、その呼び名になった理由についてはまた後日に譲ろう。
その日、「アルベールさん!」と呼び掛けて来たのはW君だった。

W君はだいたい30歳くらいだろうか。
数年前、行きつけのカフェで彼がバイトしていた時に知り合った。
特に友人というほど親しくはなく、知人というくらいだけれど、「アルベールさん、アルベールさん」と慕ってくれるので悪い気はしない人物である。
性格も至って真面目。
しかしその「融通性のない真面目さ」はどうやら彼の人生に大きなマイナスになりつつある。

「真面目」は人間が社会生活を営む上での基本である。
基本が真面目でない人間とまともな交流は持てない。
しかし真面目さにも「融通性」が必要だ。
この場合の「融通性」についても今回詳細に説明することは避けるが(すごく長くなるので)、簡単に言えば、「精神的にアウトローの要素を持っていること」となるだろうか。
要するにW君の場合、「真面目なだけ」なのである。

カフェでのバイトを辞めた後、彼は測量の事務所に就職した。
その期間、彼の女性との付き合い方に対して疑問を持ったことはあるけれど、それはここでは書かない。
そう言えばカフェを辞める時に、「もう~歳ですからね」と、(この歳でカフェに勤めてはいられない)という雰囲気を漂わせたことも疑問だった。
カフェを生涯の仕事として頑張っている人もいくらでもいるのに。

測量事務所に就職してから1年少し経った頃だろうか、カフェで会った時、「最近どう?」と尋ねたら、「鬱病になって、勤められなくなった」と言う。
事務所内の人間関係に堪えられなくなったと言う彼に、わたしは彼より遥かに過酷な精神的地獄の期間もあったこともあり、できる限りのアドバイスはした。
問題はその後、である。
事務所を正式に退職し、何を始めたかと言えば、「知人に勧められたから」と化粧品関係のセールスの勉強をしていたし、同時に「photographer」と名乗る名刺を作って渡されもした。
photographer?
彼はもちろんカメラの正式な勉強はしていなかったし、特段に写真好きという様子もなかった。
「ちょっと写真をやっている」くらいの人が今日本にどのくらいいるか分かっているのだろうか。
紹介された彼のインスタグラムを見たけれど、驚くほどに凡庸な写真、そしてそうならざるを得ない感性がそこにはあった。

(後日に続きます)

nice!(29)  コメント(1) 
共通テーマ:アート

nice! 29

コメント 1

いっぷく

私も学生時代は「真面目」といわれました。でもそれはいい意味ではなくて、機転もきかずはったりもなく、いわれたことを70点ぐらいの出来でこなすだけだったからだとおもいます。

>そして、今現在、わたしの個人的「日本人女優ベスト」は、若尾文子か高峰秀子か・・・という感じで考えております。

これはもう王道ですね。共生党だったか、夫が選挙に出たときに若尾文子も一応候補者になりましたが、演説など全くしないで、ただ日傘をさして立っているだけで、聞かれたら「美容のために午後6時過ぎには御飯食べないのよ」なんて雑談だけして(笑)それでも若い人がたくさん集まってきたというのはすごいとおもいましたね。
往年の名女優と言ったって、たいていは若い人には「誰?」という感じですから、若尾文子はそれだけ知られているんだなあと驚きました。でも当選はしなかったですが(笑)
当選したらしたで、予算委員会で女の情念を表現したらもう、不規則発言連発で、でも国会中継の視聴率も上がっておもしろかったと思うんですけどね。まあ青島幸男が「佐藤栄作首相は財界の男妾」と言ったぐらいで大騒ぎになるようなところなので、たぶんむずかしいですけど。

>見苦しい外見の人が多いので、画面の調整(笑)的な役割もあるのかなと思います。

なるほど。しかし「美人だなあ」とほれぼれするほどの人はなかなかいませんね。バラエティだとトリンドルとかダレノガレとかその程度で十分ということですかね。藤田ニコルもそうですが、なんかハーフでなくてもいそうですよね、ああいう顔。
あまり美人だとバラエティ向きでないし、視聴者の反発があるかもしれません。NHKの連続テレビ小説も、今はわかりませんが、私が見ていた昭和の頃はそのような理由から美人は使わなかったと聞いたことあります。高橋洋子とか高瀬春奈とかその後を引き継いだ五大路子とかの立場がありませんけどね。
まあ高橋洋子は髪が長かったので、髪が長い人=きれいな人と子供の頃はおもっていたのですが。

>それと何だかんだ言って、欧米人コンプレックスの日本人はまだまだ多いのだなと実感させられることもしばしばです。

戦後70年以上たってもなかなか変わりませんね。というよりどこかでそのような意識を抱くようなことが再生産されているんでしょうね。

>愛国者を気取る人たちがケント・ギルバートごときに日本を褒められて喜ぶことがまさに噴飯物なのですが、

保守的、国粋主義的なはずのネトウヨ最大の矛盾ですね。従来の右翼とは思想的に異なる系列であることが明らかです。ネットで「知識」を身に付けた、たんなる排外主義者ですからね。
たしかにわからないことがあったとき、ネットで助けられることもありますが、Wikiであっても正しくない場合もあるので、新事実を確認するときは一次資料にあたらないとわからないと思うんですけどね。
by いっぷく (2018-11-08 04:27) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。