So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

●『news zero』の冒頭から「Sexy Zoneのメンバーがパニック障害で休養」のニュース~末尾ルコ、「投薬無しで、パニック障害治癒の経験」を語る。 [「言葉」による革命]

●『news zero』の冒頭から「Sexy Zoneのメンバーがパニック障害で休養」のニュース~末尾ルコ、「投薬無しで、パニック障害治癒の経験」を語る。

末尾ルコ「精神医学の話題で、知性と感性を鍛えるレッスン」

何がスゴイかって、有働由美子の『news zero』。
別に観ようと思ったわけではないけれど、何の気なしに11月28日、同番組へ回ってしまっていたが、冒頭から「Sexy Zoneのメンバーがパニック障害で休養」のニュース(?)が延々と続く。
いや、そりゃあ大ニュースだ。
カルロス・ゴーンの続報や、米国の難民問題などを差し置いてトップニュースで延々と伝えるだけの大ニュースだ!!

あ~あっと。

もちろんわたしはパニック障害の苦しさはよく理解している。
わたしが主に20代の時期、「精神の地獄」にいたというお話については時に触れているが(いずれ必ず作品化します)、どうにか『地獄』を脱出した後も様々な症状に見舞われ、その過程でパニック障害のかなり激しい症状も経験しているのである。
そうしたわたしの経験も今後折に触れてお話していくつもりだが、確かにパニック障害を持つと、日常生活の中に困難な局面が多々出現する。
が、これはあくまで「わたしの場合」で、他の誰かに薦めようというつもりはないのだが、

「わたしの場合は、一切投薬なしで治った」

これは事実だ。
「精神が問題となる病(症状)」に対して、投薬が有効な場合ももちろん多くあるだろうし、投薬治療を否定するわけではまったくないが、仮に投薬治療でなかなか改善しない人たちがいるとすれば、「パニック障害は投薬以外で治癒する可能性もある」ということは言いたい。
もちろん代替医療とか、ヘンなサプリメントとか、ヘンな拝み屋などに頼ったわけでもない。
簡単に言えば、「自分の精神を自分で見つめ直し、鍛え直した」のである。
簡単な道ではなかったし、かなりの期間を要したが、現在はもちろん一切パニック障害の症状は出ない。
わたしが辿ったパニック症状治癒過程は、ひょっとしたら「わたしだけにしか適用できない方法」だった可能性もあるが、仮にそうだとしても、その過程を記すことは「パニック障害治癒の一例ドキュメント」として価値のないわけでもないだろう。
今後わたしがわたし自身のパニック障害について語るときにはそのような観点でお読みいただければ幸いである。

というわけで、パニック障害の苦痛、時に恐怖は十分すぎるほど理解しているわたしであるが、アイドルグループのメンバーがその症状により休養するというニュースをトップに持ってくるのは「まったく違う」と、当然のことも言いたいわけである。


nice!(19)  コメント(1) 
共通テーマ:アート

nice! 19

コメント 1

いっぷく

Sexy Zoneというのは迷惑な名前ですね。今は違いますが、数年前まで、グーグルはSexという言葉が出ただけで、アダルト記事と判断し、ツイッターも、画像を入れても表示されなくなっていました。エロ画像と勝手に判断してしまうのです。ジャニーズ事務所の場合、画像使用は厳禁なので、大手のサイトが報じるときもそれによる不都合はなかったのかもしれませんが。
有働由美子は評判悪いので、ジャニーズ関連のニュースを流して視聴率をとりにきているのかもしれませんね。
しかし、政治家や芸能人は病気は隠すもの、少なくとも病名は隠すものでしたが、時代はかわりましたね。すっかり不幸も立派な売り物になってしまいました。
病気、昔の不幸(貧乏とか、いじめにあったとか)、あとは仲の悪いタレントが誰であるかも平気で告白しますので、病貧争全部タブーでなくなりました。これはいいことなのか、いや売り物にするというのはいいことではないとおもいます。

>ジャイアント馬場

年末年始にかかるわけですね。これは混雑しそうですね。馬場時代の全日本は、2、3が後楽園で、4日が東スポのプロレス大賞の表彰式で、5日から巡業に出ていましたが、5日に渕正信たちのトークショーがあるということは、今は5日はオフなんですね。当時は150試合はやっていましたが、今は80試合がいいところで、やはり地方の試合が減ったみたいですね。

>80年代、90年代に世界の強豪たちと戦った馬場さんの試合

できれば、70年代前半までにしておいた方がよかったような(笑)
90年代というと、もう世界の強豪たちとは戦ってませんし、対戦相手が自分から馬場の足に当たってくれる時代ですから、「馬場の凄さ」は別の意味になってしまうようなに思います。
初代PWFベルトということは、百田家から贈られた力道山のベルトですね。インターとUNと、二代目のPWFのベルトを、全日本は馬場元子さんに返したそうですが、それはどうなってしまったのでしょうか。ジャイアントサービスが負債を出して倒産してしまいましたが、債権者にとられちゃったのかもしれませんね。
武藤がやめた後の全日本で、元子さんは相談役として取締役に復帰したのに1期で退任しているのですが、きっとお金を出してばかりだったんでしょう。元子さんはプロレスファンからも銭ゲバのようにいわれていますが、三沢たちが出ていった後の2年間で2億円も損を出しているそうですし、曙も食べさせていたようですし、残す子孫もいないこともありますが、プロレス界に還元もしていると思うんですけどね。
by いっぷく (2018-12-02 05:24) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。