So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

●プチ鹿島が、『プロレスを見れば世の中がわかる』で高評価した鈴木みのるの「間」とは何なのか? [「言葉」による革命]

●プチ鹿島が、『プロレスを見れば世の中がわかる』で高評価した鈴木みのるの「間」とは何なのか?

末尾ルコ「プロレスの話題で、知性と感性を鍛えるレッスン」

プチ斎藤のプロレス本を読んだつもりで、念のために「プチ斎藤」で検索してみたら、真っ先に出てきたのは、
『手作りケーキ プチサイトウ』!
(へえ~、美味しそうじゃん!)
と、ついどんなお菓子があるかチェックしてみたくなったが、検索した本来の目的を忘れてはなるまい。
それにしても(プチ斎藤って、長崎の洋菓子店よりもマイナーな人なのか??)と思いつつ、(ひょっとして、間違っているのは自分ではないか・・・)という疑問が生じたが案の定、わたしが最近読んだプロレス本の作者は、

「プチ鹿島」だったのである!

しかも「プチ鹿島」って、少し前に自分で検索しているし!
すっかり忘れていたということは、自分の中で(重要)とは見做さなかったわけである。
プチ鹿島って、そもそもはお笑い芸人だったということなのだね。

わたしが最近読んだプチ鹿島のプロレス本はタイトルが、『プロレスを見れば世の中がわかる』。
タイトルで分かる通り、日本のプロレスシーンで起こった出来事を「世の中」と結び付けて書いているけれど、だいたいがごじつけ臭くてその点は真剣に読むべき部分は少なかった。
しかし全体としてはまずますおもしろく読めた。
(あれっ?)と感じたのが、プチ鹿島が鈴木みのるをとても高く評価しているところ。
特に「鈴木みのるの間が素晴らしい」と言っているのだ。
「間」というものはプロレスだけでなく、多くの表現活動に必要ですな。
文学でも映画でも音楽でもそうでしょう。
そして確かに昨今のプロレスには「間」が希薄ではある。
ただ、どうだろう。
わたしがしばらくぶりに鈴木みのるを新日本プロレスのリングで観た時、(あ、鈴木はこんな感じでやっているのか)と思ったと同時に、(鈴木の対戦相手は大変だな)とも感じた。
現在の新日マットは言うまでもなく、立体的でダイナミックな技、複雑怪奇な複合技が中心となって組み立てられているが、鈴木みのるにそうした技の心得はない。
しかも年齢も高くなり、危険度の高い技を「かける」こともそうそう容易ではなさそうだ。
かと言って、「昨今の技」を「まったく出さない」では、そのために入場料を支払って観に来ている観客は納得しないだろう。
わたしの目には、新日の主力レスラーが鈴木を相手に、優しく優しく試合を展開させているように見えた。

しかし鈴木みのるは現在の日本プロレス界において、とても貴重な存在のようである。
今の鈴木みのるがどんな役割を期待されているかと言えば、何とはなしに試合に「凄み」を漂わせることに違いはない。
試合展開の中で格闘技風のサブミッションを繰り出したり、ザ・シークのように舌を出して観客を威嚇してみたり。
けれどそんな鈴木みのるに「凄み」を感じているらしい今のファンは・・・とも感じるのだが。

nice!(26)  コメント(1) 
共通テーマ:アート

nice! 26

コメント 1

いっぷく

鈴木みのるは、ガオラで全日本の試合を見たことがありますが、うーんとくに感想は……(笑)私のプロレスへの興味はやはり昭和で止まっているのかもしれません。
プロレス評論家の菊池孝さんがあまり評価していませんでしたね。レスラーとしてのキャリアをあまり積まないままUWFに行ったことで、レスラーとして未熟なくせにファンの評価が買いかぶりだというような話を『コング』の三者三様だったかな、座談会形式のコーナーで述べてました。
でもまあ、近年ずっとフリーで頑張っているわけですから、大変だと思うんですけどね。新日本、全日本、ノア、順繰りに出てますよね。ちゃんと報酬が支払われそうなところばかり。大日本のような1試合何千円のリングには出ないで(笑)昭和プロレスのガイジンレスラーのポジションなんでしょうね。

>ほとんどがポジショントーク

そういえば、『三沢と橋本はなぜ死ななければならなかったのか』(西花池湖南)で、三沢が死んだのはギブアップ決着を許さなかった馬場のせいで試合がエスカレートしたからだというようなことが書いてありますが、それはないだろう、よくファンは文句言わないなと思いました。
馬場自身はギブアップ技を好まなかったという話はたしかにありますが、当時、三沢はフェイスロックを積極的に使っていましたし、川田利明だってストレッチプラムをフィニッシュにしていました。
私はそれよりも、不透明決着にファンが不満をいだいたことがまずひとつにはあると思います。
今はWeb掲示板を見ると、ジョー樋口の失神芸を喜んでいますが、当時は両リンのゴングが鳴ると、あーあという落胆のため息が聞こえたものです。つまりファンが団体を追い込んだのです。
あとは、天龍が、地方の会場でも後楽園と同じように全力で「手を抜かない」というやり方を三沢が踏襲したのですが、それで体をボロボロにしていったということがあると思います。
川田利明はそれに反対だったと今回の本で述べています。
聖地に集まるマニアと、地方の高齢者の客に同じものを見せる必要があるのか、という意見でした。
私も、「手を抜かない」というところに「それはすばらしい」とおもっていましたが、川田の言うことももっとももだと思いました。日本プロレス時代は、地方巡業は6人タッグが多く、日本組3人の中には、売り出したい若手や、ご当地レスラーを1人は入れるカード中心でした。
主力は休めるし、若手やご当地レスラーにはチャンスだし、よくできたカードだなと思いました。
しかし三沢はそういうカードに異を唱え、馬場に直談判して自分にマッチメークの権利をよこせと詰め寄り、わざわざ自分が苦しくなるシビアなカードを地方でも組んだのです。
西花池湖南というライターは、プロモーターとしての馬場と猪木が当時のプロレスの負の側面を持っているということを書きたいようですが、ちょっと思い込みが強いような気がします。
by いっぷく (2018-12-03 04:56) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。