So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

●「身長」は高い方がいい?低い方がいい?木村拓哉と長澤まさみのツーショット、木村拓哉の顔の大きさとかから探求。 [「言葉」による革命]

●「身長」は高い方がいい?低い方がいい?木村拓哉と長澤まさみのツーショット、木村拓哉の顔の大きさとかから探求。

末尾ルコ「エロティシズムの探求で、知性と感性を鍛えるレッスン」

普通プロレスラーは厳密な計量など行われないから、特に身長はさばを読むことが多いようですね。
以前にも書きましたが、「190ちょっと」とされていたアントニオ猪木が実は「185もない」とかいう説もありますし、プロレスラーで「180」とかいう公称だとつい、(175くらいじゃないか・・・)と想像してしまいます。
まあ厳密に競技化されているスポーツの選手であれば、そうそうさばは読めないでしょう。
テニスのマリア・シャラポワが公称188cmですが、まず間違いなく正味その通りなのだと思います。
まあプロレスラーは「非日常を見せる」ものですから、観客に(なんだ、自分たちと同じくらいの体格じゃないか)とは思わせたくないのですね。
では、芸能人はどうか?

基本的に女性芸能人はさほど慎重にナーバスにならないと思いますし、さばを読んだりする必要もないと思います。
ただ、橋本環奈の身長が公称「152cm」となっていますが、もっと小さそうに見えるかな、と。
いやこれは印象でしかなく、実際に「152cm」ぴったりかもしれない。
けれど「152」と書くということは、間違いなくそれより大きいことはないだろうし、もうすぐ20代を迎える女優として、「140台」では体裁が悪いと判断し、150を少し超える辺りの数字にしたのではないかと、邪推に近いが勘ぐってしまうのです。
「150」ぴったりというのもややワザとらしいでしょう。
わたし自身が「女優として140台は体裁が悪い」と思っているわけではありませんよ。
発表する側にそのような判断があるのかもしれないと想像しているだけですが、もう一つ、そんな想像をさせるくらい橋本環奈が小柄に見えるのです。
女優としての橋本環奈はとてもおもしろい存在だと思います。
何よりも顔が綺麗で画面映えするし、小柄でもバランスの取れたプロポーションをしていて独特の色気があるし、女優としてのモチベーションも高いです。

といったお話を今回しているのは、次のような記事を見かけたからです。

・・・
木村拓哉が長澤まさみと「並ぶべきではなかった」と言われるワケ(https://asajo.jp/excerpt/62740

要するに、映画『マスカレード・ホテル』のキャンペーンで木村拓哉(公称176cm)、長澤まさみ(公称168cm)が並んでの完成会見などが行われたが、そこで見た記者から、
「さほど高くないヒールの長澤まさみの方が背が高く見える」
「木村拓哉の顔がやたらと大きい」
「木村拓哉の足が短い」
などの声が上がったという内容なのですな。
で、画像検索するとそのツーショット写真があるにはあるけれど、この記事に書いているように、「上半身だけ」の写真であり、それだけを見ると木村拓哉がやや高いように見えるが、顔は確かに大きい。

nice!(30)  コメント(2) 
共通テーマ:アート

nice! 30

コメント 2

いっぷく

和田アキ子のデビュー時の公称172センチというのは、実はもうちょっとあったらしいですね。『うわさのチャンネル』でデストロイヤーと並んでも同じぐらいに見えました。さすがに175を超えるのは大きすぎると思われるかもと考えたのかもしれませんね。今陽子の168センチというのは、健康美をあらわすギリギリのところだったんでしょう。
そうですね。今はとくにサバを読まなければならない事情はないでしょうね。ただたしかに150を切ると小さいのかな、というイメージがあります。でもしょせん、大きい小さいというのは数字をもとにした主観ですから、気にしてるときりがないという気がします。
私が小さい頃、母親からは、「うちは両親ともチビだから、あんたは大きくならないかもしれない」といわれて、牛乳をずいぶん飲まされて、幼稚園でもみんなコーヒー牛乳を注文しているのに、私だけ白牛乳でした。
たしかに父親は156ぐらいで小さかったのですが、母親はそれよりやや大きいぐらいで、でもそれは女性とするとそそんなに小さくもなかったのです。母親の社員旅行の写真などを見ると、女性の中ではむしろ一番高いぐらいだし、男性も似たり寄ったりで、170超えのほうが少なかったですね。
母親の理想がいくつかわかりませんが、どうも私は騙されて白牛乳を飲まされたのではないかとおもっています。

>木村拓哉が長澤まさみと「並ぶべきではなかった」と言われるワケ

これは似たような話が…とおもったら、『ASIAFASHIONAWARD2018inTAIPEI』で、台湾モデルのリン・チーリンと登場も、やはり顔と身長を弄られましたね。
『月の恋人~MoonLovers~』は、たまたま見たとき、リン・チーリンが体全体をすくめている印象があり、木村拓哉は共演する女優みんなに迷惑をかけているなあとおもいました。
当時は、「リンがヒールを履いてドレスアップして、キムタクが彼女の手を引く場面では、リンの腰は完全に「く」の字になっていた。」(『週刊文春』2010年6月3日号)と書かれていましたが、たしか今回公開されている画像もそんな感じですね。
今回も遠近法を使ったり、身長合わせようと背筋伸ばし過ぎでのけ反ってるように見えますし、髪の毛のかさをふやしたりと涙ぐましい努力をしていましたが、足の短さと顔のデカさまでは隠しきれなかったか、バレてしまいました。たぶん遠近法を使ったことで、背を少し高く見せられるかわりに、顔もでかくみえちゃったこともあるとおもいます。長澤やリンチーリンは小顔だからというのもあるでしょうけどね。

by いっぷく (2018-12-06 04:48) 

hana2018

木村拓哉の身長や顔などどうでもいい…と言ったら、そこで終わってしまいますけれど。
長澤まさみは、真木よう子(彼女の話し方、演技と、どれも私は嫌いです。どうして良い役が回って来るのか理解できずにいます)同様、手足がすらっと長くて、顔も小さいですから。二人は映画「モテキ」では共演をしていました。
「モテキ」はそこに仲里依紗、麻生久美子…とタイトルに反して出演者は豪華でした。
そう、「月九」でリン・チーリンとの共演ありましたね。
それよりも、原作者が道尾秀介であった事に驚かされました。
家の息子は牛乳を少しも飲まなかったけれど、180センチまで育ちました。私はチビ、夫の身長は一般的です。
by hana2018 (2018-12-06 15:22) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。