So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

●松坂慶子が『ウルトラセブン』へ出演していたのだが、『高校生番長 ズベ公正統派』や八並映子出演の『タリラリラン高校生』はどうだろうか?あと、ラクエル・ウェルチとか『パピヨン』とか。 [「言葉」による革命]

●松坂慶子が『ウルトラセブン』へ出演していたのだが、『高校生番長 ズベ公正統派』や八並映子出演の『タリラリラン高校生』はどうだろうか?あと、ラクエル・ウェルチとか『パピヨン』とか。

末尾ルコ「映画の話題で、知性と感性を鍛えるレッスン」

松坂慶子と言えばまだ無名時代に、特撮ドラマの大傑作『ウルトラセブン』へ出演していたことは有名で、特に松坂慶子が絶頂の頃、「あの松坂慶子がこんな番組に出ていました」的に取り上げられることが多かった。
松坂慶子が出演していたのは、『ウルトラセブン』第31話「悪魔の住む花」というエピソードで、「宇宙細菌ダリー」が「香織」の体内に入り込み、ウルトラセブンもミクロ化してダリーと戦うという怪し気なストーリーなのだが、その「香織」が松坂慶子である。
「人間の体内に入って戦う」というエピソードは米国映画『ミクロの決死圏』を志向しており、同映画はわたしが子どもの頃、テレビで放送される時は「憧れの映画」の一つだった。
で、念のために『ミクロの決死圏』をチェックしてみると、これ、ヒロインがラクエル・ウェルチだったのですな、セクシー系女優の。
しかしまだキッズだったわたしはテレビで何度となく『ミクロの決死圏』を観ているのに、ラクエル・ウェルチのセクシー波動の記憶は全くない。
やはりお子様は「可愛い少女」タイプにしか目がいかないのか。
保育園へ通っている子どもの部屋にラクエル・ウェルチはまずいか(笑)。
日本で人気の『ショーシャンクの空に』でティム・ロビンス演じる主人公の部屋に貼ってあったポスターがラクエル・ウェルチだが、この作品を好きな人はぜひスティーブ・マックイーンとダスティン・ホフマンの『パピヨン』を観ていただきたい。
「大人の心を震わせる映画」である。
しかも歴史的に大スターの共演、二人の迫真の演技。

さて松坂慶子だが、1952年7月20日生まれで現在66歳。
そのキャリア初期に出演した映画、

『高校生番長 深夜放送』(1970年)
『高校生番長 ズベ公正統派』(1970年)の

2本がどうにも気になるが、次のサイトに『高校生番長 ズベ公正統派』のデータが出ている。

https://eiga.com/movie/36380/

ここに掲載されている「ストーリー」の一部を抜粋させていただこう。

・・・

高校生番長相馬吾郎は目前に迫った模擬試験を潰すため、配下の不良グループによって集められた高校生五十人を前に集団試験ボイコットを呼びかけた。しかし、いざ行動に移ろうとするとガリ勉連中はみなコソコソ受験書片手に逃げだしてしまった。これを知ったズべ公番長内海はる恵は、相馬の無残な敗北に復讐するため、アンチ・バージン・サークルを結成し、受験勉強で押しまくる圧力に、女子高校生のモラル転換戦術で対抗し始めた。

・・・

う~む、おもしろそう(笑)。
ちなみに「ズベ公番長」は松坂慶子ではなく、八並映子である。
八並映子は昨年1月に死去しているが、そのフィルモグラフィをチェックするとおもしろそうな作品がズラリ。
とりわけ、『可愛い悪魔 いいものあげる 』『すっぽん女番長 』、そして、
『タリラリラン高校生』!
いいなあ、『タリラリラン高校生』・・・。

nice!(22)  コメント(2) 
共通テーマ:アート

nice! 22

コメント 2

いっぷく


松坂慶子の『ウルトラセブン』出演は、35年以上前に、『テレビに出たいやつみんな来い』という、素人参加番組を装った仕込み番組でやってましたね。
30分番組の前半は、素人ということになっている出場者が芸を披露して、つまらないと大熊元司がつまみ出すという段取りで。後半の15分で、あの女優はむかしこんなドラマに出ていたというビデオを紹介していて、松坂慶子の出ている回を紹介していました。その後、昔のドラマや映画を紹介する番組では、必ずと言っていいほどそれが使われていましたね。あとは『忍者ハットリくん』に出たのもよく紹介されていますね。子役出身なんだから、何かしら出演実績はあると思うのですが、さもお宝のように紹介してましたね。
私は、前半の素人ということになっている出場者が芸を披露するのが面白くてみてました。バラエティ番組にプロレスラーがレギュラー出演というのは、デストロイヤー以来なので気になりました。

ラクエル・ウェルチは、思春期に野卑な睦み合いの妄想をしました。爆弾娘に切ない表情と声を上げさせる妄想です(笑)まわりくどいやりとりは抜き。とにかく長期戦で汗だくになり睦み合う妄想です。当時、LIFE誌が洋画の女優の特集で、1万ぐらいする大きくて分厚い本を売っていましたが、私は買いました。あのローラースケートを肩にかけて素脚を出している一葉が欲しくて。あとはナタリー・ウッドがその頃良くて、それ目的でもありました。

大映の番長シリーズというのは、半分ポルノのようなものでしたね。
ストーリーが、真面目に読むと思わずわらっちゃいます。
渥美マリが東映でいうと池玲子、川崎あかねが杉本美樹あたりのポジションで、八並映子は、そうですね、渚まゆみぐらいだったでしょうか。個人的には、川崎あかねがよかったですね。松竹に拾われて森田健作の恋人役を演じてましたから、扱いは悪くなかったと思います。八並映子はプレイガールに出ていたと思いますが、正直あまり印象には残らなかったですね。その頃は、川崎あかね>松坂慶子だったと思うのですが、やはり松坂慶子も松竹に来て、こちらは大女優になりましたね。
このメンバー以外に関根恵子がいて、江波杏子もいて、一方では若尾文子や、途中で干されましたが山本富士子などがいて、大映もなかなかおもしろいメンバーが揃ってましたね。
by いっぷく (2018-12-09 05:22) 

hana2018

映画「ショーシャンクの空に」で壁に貼られていたポスターは、始めは最初はリタ・ヘイワースでしたね。
そしてラクエル・ウェルチへと代わっていく。それだけ脱出するまでの収監機関があったと言う事ながら。ティム・ロビンス演じる主人公の外観にあまり変化が感じられなくて、そこに監督の誤算が感じられます。
スティーブ・マックイーンとダスティン・ホフマン「パピヨン」は勿論、鑑賞済みです。
全盛期であったマックイーンと、D・ホフマン、存在感抜群の二大スターの共演、それだけでも最高なのに生きるとは、人にとって自由とはどのような意味を持つのか?を考えさせられる一本でした。
S・マックイーンはアクション俳優とされていますが、こうして地味な役柄を演じても味わいのある、得難い俳優の一人でした。
日活のズベ公もので今でも印象に残る一本に、夏純子の「女子学園 悪い遊び」というのがあります。
お話自体はお約束の・・・と言った内容ながら、彼女が迫る教師役には若き日の江守徹。今では想像もできないキャスティング、どうして江守徹に惚れるんだ?…って(笑)そしてラストシーンに登場する、カッコいい藤竜也も見ものなのです。
by hana2018 (2018-12-10 00:02) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。