So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

●わたしはなぜ突然ともさかりえを思い出したか、それは「黄金比の顔を持つ芸能人ランキング」トップ5の不可解さと、またしてもネット民の「お決まり噴飯フレーズ」を検証。 [「言葉」による革命]

●わたしはなぜ突然ともさかりえを思い出したか、それは「黄金比の顔を持つ芸能人ランキング」トップ5の不可解さと、またしてもネット民の「お決まり噴飯フレーズ」を検証。

末尾ルコ「黄金比とアホダラフレーズの研究で、知性と感性を鍛えるレッスン」

最近はあまり見かけないが、かつて「ともさかりえ」という女優がけっこう売れていて、しかしずいぶん顔の造作が、売れている女優にしてはだが、歪(いびつ)だなと感じたことだった。
人様の顔を歪だ何だと論評するのはもちろん非礼ではあるけれど、芸能人など、「顔や身体的魅力も大きな利益を生み出している(←身も蓋もない言い方だが)人たちが一般のファンなどに顔やプロポーションをあーだこーだ言われるのは当然なのである。
もちろんあまりに愚劣な表現は別だけれど。
例えば政治家なども、彼らの外見は集票に大きな影響を与えており、有権者によって様々語られるのは宿命なのだ。

ついでに書いておくと、一部レベルの低いネット民などのお決まりの言い方があって、例えば秋元康を批判すると、

「お前は秋元くらいのどんな実績があるんだ?」

とか書いて、どうやら一本も二本も取ったつもりの人間がいるのである。
この言い方がいかに馬鹿馬鹿しさはお分かりだろうが、どんな人間であろうと何かを「批判する自由」はあるわけで(「悪口」と「批判」はまったく違う)、秋元康のようにアイドルで大儲け(笑)したことのある人間でなければ秋元を批判できないのならば、米国大統領経験者以外は米国大統領を批判してはならないことになる。

ついでにもう一つ、ネット民の一部に蔓延る「しょーもない物言い」として、例えば「メイウェザーVS天心」に批判的なコメントに対して、

「そんなこと言って、どうせ見るんだろ?」

とか、これで一本も二本も取ったつもりのおめでたい人間がいるのだが、要するに、「批判しているけれど、どうせ見るのだから、お前も踊らされている一人だ」という意味なわけだ。
中には踊らされている人もいるだろうが、しっかり批判するには対象物をしっかり把握しておく必要があり、「見る」のは当然なのである。
それと「踊らされている」とは一切関係がない。

と、横道に逸れたけれど、ともさかりえのやや歪な顔を思い出したのは、

「正統派女優というもの、顔立ちも中心線を軸に、整っているものでは」

という考えを巡らせていたからである。

美しさを語るとき、「黄金比」という考えがあるが、次のようなサイトを見つけた。

黄金比の顔を持つ芸能人ランキングTOP25【画像付き】
https://rank1-media.com/I0000715

女優の顔に「黄金比」の線をいっぱい入れるのは止めた方がいいと思うが(笑 表皮を剥いだ顔に見えるのである)、確かに顔のバランスはとても重要だ。
もちろんバランスが崩れているからこ醸し出る魅力も存在するのだが。

ただこのサイトによると、「黄金比の顔を持つ芸能人ランキング」トップ5が、

1橋本環奈
2ローラ
3新垣結衣
4観月ありさ
5波瑠 

となっており、いきなり信憑性は薄れる。
この中でバランスがいいなと特に感じるのは波瑠だけで、ローラや観月ありさなどはバランスの悪い部分が目立つのだが。



nice!(23)  コメント(2) 
共通テーマ:アート

nice! 23

コメント 2

いっぷく

黄金比って、味噌ラーメンの味噌のブレンドの比率とか、ハンバーグの合いびき肉の牛豚の比率を連想してしまう私ですが、それはともかくとして女優のランキングは、その黄金比を基準として、客観的にどう点数化して順位をつけているのかが不明ですね。
左右のバランスが同じなのは池上季実子と昔言われてましたが、だからといって池上季実子の顔がすばらしいかというと、まあ今はわかりませんが、デビュー時は、映画の早乙女愛に比べて、テレビの池上季実子はなんて垢抜けないんだとおもったものです。早乙女愛は、外見はやはりよかったです。あのヘアスタイルも似合ってたし。セリフは棒読みでしたけど。
ともさかりえは、あのひょろっとした感じが良いんでしょうか。『孤独のグルメ』でも、井之頭五郎に思わせぶりな振る舞いをして、部屋の片付けを手伝わせてしまうというシーンが有りました。彼女が50男をその気にさせるものだろうかと思いましたが、物を掴む時の細い指を見た時、少しだけドキッきました(笑)私はあまり痩身は好みではなかったのですが、最近、割り箸のようなジーンズ姿に、もしかしたらああいうのが格好いいのかなと思うことがあります。人間は加齢で好みが変わることがあるのかもしれませんね。でもお尻が盛りっとしてるのも別に嫌になったわけではないのですが(笑)
それはともかくとして、ともさかりえは、『金田一少年の事件簿』のときに突然出てきて人気出ました。あの枠は土曜グランド劇場で、いいドラマが過去にずいぶん作られたのです。ところが、あれを境に、ジャニーズタレントが主演するジャニーズ枠になってしまったので、私が地上波から距離を置く一因となってしまいました。草なぎとか松岡とか主演していましたよね。

>例えば1月7日ですが、夕食はカレーということで既に作ってしまった後で、七草がゆの日だと思い出しました

これは大変なことでしたね。
私は母から刷り込まれた迷信にはしばしば悩まされますが、母は七草がゆにこだわりを持っていなかったので(実は料理は得意ではないので)、我が家に七草がゆの習慣はありませんでした。
松が明けたとおもったら、もうスーパーやコンビニも恵方巻を宣伝して予約をとってますね
いつからそんな習慣ができたのか、私が子供のときはなかったし。毎年買わずに見ていますが、どこも相当売れ残りが出てますよね。あれはもったいない話です。
by いっぷく (2019-01-09 05:36) 

hana2018

ともさかりえは、NHKの時代物によく出ているのを見かけます。
顔はともかく全体のスレンダーな体形が、「柳腰」と言うのでしょうか。着物姿、それも振袖などと言った派手さのない、商家で暮らすような姿形が似合う女優さんだからでしょう。
映画の中の黄金比と言ったら…「ダ・ヴィンチ・コード」を思い出します。
数字も、美術界にも疎い私ですから、「モナリザ」「最後の晩餐」と言ったダヴィンチの名画、ノートに描かれた図に秘められた暗号の数々。それらのなぞ解きは映画の見せ場でありながら、キリスト教の闇のつながりと…どちらも一度では理解が不能であり難しく思えました。
映画化よりも、本として前を振り返りつつ読むのが相応しい作品であったと考えます。
by hana2018 (2019-01-10 13:17) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。