So-net無料ブログ作成

●幼少のみぎり、わたしが腸炎で入院中に嫌々五分粥や三分粥を食べつつ、夜に読んだ江戸川乱歩は事実だったのか?~コナー・マグレガーにふっかけられた那須川天心を語りたければ、相応の格闘技知識を持つべきである。 [「言葉」による革命]

●幼少のみぎり、わたしが腸炎で入院中に嫌々五分粥や三分粥を食べつつ、夜に読んだ江戸川乱歩は事実だったのか?~コナー・マグレガーにふっかけられた那須川天心を語りたければ、相応の格闘技知識を持つべきである。

末尾ルコ「記憶と格闘技の話題で、知性と感性を鍛えるレッスン」

子どもの頃、わたしは胃腸が弱い傾向があり、腸炎などで何度か入院した。
幸い大きな病気にはならず、特に入院生活がしんどかった記憶も残ってない。
まあ難解入院したとか、一回の入院期間がどのくらいだったかとか、細かなことは覚えてないので大雑把な記憶の話でしかないのだけれど。
少々辛かった記憶はやはり入院食で、腸の状態に応じた粥が主食になるのだが、米の20倍の水で炊くとされる三分粥や10倍の水量の五部粥とか食べさせられるのは嬉しくなかった。
まあ看護婦の皆様には幼少のみぎりのわたしは概ね好評だったようで、その点では悪くない思い出もあるけれど。

入院中の快楽はやはり読書で。
しかしまだ自分で本屋や図書館へ行っていた年齢ではないから、親が買ってきてくれた本だっただろうか。
とりわけ夜、病室の電燈の下で探偵小説を読んでいた時間の快楽は、今の至るまで「読書こそ人間にとって最高の快楽の一つ」という確信を持ち続けている掛け替えのない体験となっている。
ところがここでもわたしの記憶の曖昧さがわたし自身に疑問や壁を作る。
(この頃病室で読んでいたのは、本当に探偵小説だったのだろうか?)
わたしが子どもの頃の探偵小説と言えば、それは江戸川乱歩を意味する。
しかもまず、乱歩が子供向けに書いたシリーズだ。
ところがそれらの作品、つまり『怪人二十面相』『青銅の魔人』『黄金豹』『夜光人間』などの魅惑的なタイトルを持った小説は、わたしの記憶では、近所にやってくる移動図書館で借りていたはずで、購入したことはほとんどなかったはずなのである。
入院中、移動図書館はもちろん利用できないはずだ。
ではわたしがとてつもない快楽とともに、電燈と闇の中で読んでいた乱歩小説はどこから来たのか。
あるいは実は入院中読んでいたのは、乱歩ではなく別のもので、わたしの記憶が錯綜しているだけなのだろうか。

・・・

元UFC世界ライト級王者、元UFC世界フェザー級王者がツイッターで名須川天心に「MMAルールで対戦を要求」という報道がされているが、これがマクレガーのジョークか、それとも(あわよくば楽して高額ギャラを)と目論んでいるのかはさて置いて。
ところで格闘技関連の掲示板やヤフコメ欄などを見て驚くのは、特に名須川天心ファンや「RIZINがおもしろい」と思い込んでいる人たちの中の少なからぬ書き込みから明らかな、「ボクシングもUFCも観たことない」であろう人たちが堂々と「意見」を述べていることだ。
これって映画に例えれば、『君の膵臓を食べたい』しか観たことないのに、「映画すべてについて語る」ようなものである。
ま、多少極端な譬えではあるが。

自分が何かの話題に対して、

「どれだけの知識を持っているか」

は、まず把握しておかねば、人生の中で大火傷する可能性が高くなるのは当然だ。

nice!(31)  コメント(2) 

nice! 31

コメント 2

いっぷく

私は過去に入院したのはたった1度。しかも一晩でした。眼圧の検査入院で、夜中も測りたいからということでした。夜中の検査もありましたが、結局一睡もしませんでした(笑)自宅でないと落ち着かないのですが、それにしても一睡もできないとは思わなかったですね。
1度骨折でギプスを50日つけましたが、手だったので通院でした。

知識がない人は、知識がないこともわからないですから。要するに自分を相対評価できるのはその分野のことをある程度知っていなければなりませんから。
私の高校の同級生で、武田邦彦の虎ノ門ニュースが胸にストンと落ちて、浅学なネトウヨの典型で毎日のように武田邦彦の劣化コピーをツイートをしている奴がいます(笑)知識がないから、初めて聞くことはみんな正しく素晴らしいんですね。武田邦彦は別に科学的な新事実なんか何も言っていなくて、データの捏造までして逆張りの発言をしているだけなんですが。たとえばタバコは健康にいいとか……。
そもそも武田邦彦は原発推進だったのが、原発事故による国民の不安を感じて一儲けしようと思って反原発に転向した人ですから。

マスコミは、なんとかタブーというのがいつもありますが、今は秋元タブーですか。

>さらに男2人が不起訴処分になっていたことを報じた。

これは虚偽報道ですね。「男2人」は暴行が明らかですから起訴猶予でしょう。マスコミは、起訴猶予も嫌疑そのものが疑わしい不起訴も、全部「不起訴」として報じますが、「暴行」とはっきり報じられているのなら、起訴猶予は暴行の嫌疑はあるけど起訴しないということですから、本当の不起訴とは区別して起訴猶予と正確に報じるべきです。

私は昨今の人海戦術グループのことは全くわかりませんし、この事件のことも知らなかったのですが、犯人はやはりファンなのでしょうか。
だとすると、どんな事情や心境でも、憧れるタレントに手をかけるというのも理解できないですね。
私も女優に対して淡い恋心で妄想して、その人が私の嫌だなと思うことがあったら(恋人がいるとか)がっかりして、もうその人で妄想することはなくなる場合もありますが、手をかけようとまでは思わないですね。
CDなどしこたま買ってお金をかけているからでしょうか。でも、そんな自分が間抜けであると自己批判するのではなく、憧れていた対象の方に怒りが向くというのはやっぱりわからないですね。

by いっぷく (2019-01-11 05:31) 

hana2018

これまでの入院歴と言えば、子供の出産時。あの時はまだ若く、その上新米母ゆえ、本を読むどころではありませんでしたので。
10年前に倒れた時には、色々怪我までしてしまって約一年間の入院を。
あの時は身動きできないだけでなく、気を紛らわす為にも、動く右手一本でひたすら本を読んでいました。
宮部みゆき、池澤夏樹、村上春樹、桐野夏生、藤沢周平、松本清張…と何でもあり。他に警察もの。海外作品…と、とにかく実家から運んできてもらったものは手あたり次第です。
あの頃の毎日はとにかく悲惨過ぎて、救いがありませんでした。
江戸川乱歩を読むようになったのは、映画の影響で…「人でなしの恋」「芋虫」「陰獣」「乱歩地獄」「双生児」、こうして見たら、相当なミーハーぶりでしょ(笑)
by hana2018 (2019-01-11 23:05) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。