So-net無料ブログ作成

●あなたは、「年齢の奴隷」ですか?~「65歳差交際」が伝えられるクリント・イーストウッドと、いつまでも「恋心」を持べきであること。 [「言葉」による革命]

●あなたは、「年齢の奴隷」ですか?~「65歳差交際」が伝えられるクリント・イーストウッドと、いつまでも「恋心」を持べきであること。

末尾ルコ「恋愛論で、知性と感性を磨くレッスン」

わたしがクリント・イーストウッド主演映画を初めて映画館で鑑賞したのは、

1976年の『ダーティハリー3 』だった。

それよりもインパクトが強かったのが、同年に公開された『アウトロー』で、町中のいろんな場所で、髭面でタフそのもののイーストウッドが両手にガンを持っている顔のアップをフィーチャーしたポスターが掲示されていた。
しかしその時期、なぜか『アウトロー』は映画館へ行かなかった。
1976年は言うまでもなく、日本でアリVS猪木が行われた年だ。

翌年1977年、『ガントレット』を観た。
クライマックスで無数の銃弾がイーストウッドとサンドラ・ロックを乗せたバスをハチの巣にする、が、二人とも生きているのである。
一度鑑賞すれば生涯忘れられない、異形の映画・・・しかし当時はまだ、「アクション映画は格下のジャンル」という、特に映画評論家や映画ファンの意識が強かったし、まだ子供だったわたしもそんな風潮を鵜呑みにしていた。

クリント・イーストウッドの過去作品をしっかり鑑賞し始めたのは、わたしが30代になってからだけれど、まあそりゃあ、『ダーティハリー』とか、カッコよ過ぎますわな。
タフなイメージが突出しているイーストウッドだけれど、若き日は顔がめちゃめちゃ美形でもあった。

そして今や映画史上屈指の「偉大な映画監督」としての地位が定着してるが、まずフランスの批評家に称賛され、『許されざる者』でアカデミー賞も制覇したという経緯はよく知られている。

そんなクリント・イーストウッドも今や88歳、しかし創作意欲やスピードはいささかも衰えずである。
そして以前から女性ゴシップも絶えることなく、このところ23歳のヌーア・アルファラと交際しているのではというゴシップが世界中を駆け巡っている。
二人の年齢差は、「65歳」である。

年の差65歳!クリント・イーストウッド、23歳のミック・ジャガー元カノと交際?
http://news.livedoor.com/article/detail/15972537/

この件については女性の側が、「交際ではない」と言っているという報道もあるし、もちろん女性の方は「売名」目的も無いとは言えないあろう。
イーストウッドの側も、やたらと若い女性と交際を匂わせたいという計算もあるのかもしれない。
そして、「65歳差交際」が話題になるのが、(そりゃあ、イーストウッドだからできるのだよ)というのも分かる。
しかしわたしは、「人間の可能性の拡大」という意味において、こんな話題は大歓迎で、そして、

「恋心」というものは、

できれば、生きている限り持ち続けるべきものだと考えている。
もちろん、「未成年相手」であるとか、成人であっても、「相手が嫌がっている」ケースなどであれば話は別だけれど。

「恋心」が人間の心身に多く好影響を与えることは医学の世界でも語られているが、それ以前に、特に日本人は

「年齢の括り」に

ひれ伏してしまっている人が多いでしょう。
例えば女子高生が、25歳くらいの女性を「ババア!」なんて言ってるのは、その本人が「年齢の括り」にひれ伏している奴隷なのである。

(「年齢の括り」から解放されよう!と言っても、心身の能力が衰えているのにまだ運転とか・・・そうした「無謀」を推奨しているわけではありません)

nice!(22)  コメント(2) 
共通テーマ:アート

nice! 22

コメント 2

いっぷく

>「年齢の括り」から解放されよう!

私を「年齢の括り」から解放してくれたのは、少なくとも3人います。

ファミコンの高橋名人が、62歳で転職したときは元気づけられました。
今は60歳定年で、あとは嘱託で残れるかどうかという会社が多いですから、まあ高橋名人だから採ったのかもしれませんが、60過ぎて新入社員として採ってくれる会社もすごいし、高橋名人も何かのインタビューで、「もう一花咲かせられる転職のチャンス」と言っていたのですが、つまり定年後の余録ではなく、新たにキャリアを築くという発想はすばらしいとおもいました。
亡くなった龍虎もそうです。同郷で色男なので、現役時代から気にはなっていたのですが、浜木綿子との交際は気の毒でした。龍虎はもちろん浜木綿子もその気になっていて、当事者は何の問題もなかったのに、先代猿之助の息子の香川照之が猛反対して、龍虎も何年も頑張ったらしいのですが、結局結婚できなかったのです。
その間、浜木綿子だけでなく、龍虎も年を取り50歳になっちゃった。統計も「生涯未婚率」は50歳で集計しますから、過去の数字から「50歳過ぎての初婚の数は無視できる」と思われているのです。
ところが、龍虎はワイドショーのインタビューに答えたとき、「もうそろそろ結婚しないとイケない年代に入ってきましたよね」なんて悠長なことを言っていて、もちろんテレビ向けにそう言ったのかもしれませんが、私も流石にそれを聞いたときは、「え、平均寿命が伸びて人生設計の常識がかわったのか」と思い、自分の中に固定観念があったことに気付かされました、
龍虎はその後、51歳で結婚し、2人の子どもに恵まれました。
3人目は57歳で初婚の浅野ゆう子ですね。とくにその前に、田宮二郎の息子と結婚を夢見て懸命に介護したにもかかわらずお看取りしたことで、普通だともうくたびれてしまい、結婚までは考えないものですが、気を取り直して結婚したのは良いことだと思いました。

私は残念ながら、この7年間、火災から立ち直ったとは言えず、妻も後遺症を残しているため、最後の子宝のチャンスを(たぶん)逸してしまいましたが、人生それだけではありませんし、いつも愚痴っているように、あまりいい「ほしのもと」ではなかったからこそ、平均寿命2/3を過ぎた今、残り1/3はこれまでの分も良い人生にしたいという前向きな気持を持っています。
by いっぷく (2019-02-11 05:15) 

hana2019

いっぷくさんのところでコメンされていた内容。
>曖昧な終わり方だったということで、今で言う大炎上していたことをよく覚えております。(ああ、自分の分かる範囲で完全に納得できる展開しか受け入れられない人たちがこれだけ増えている
それで言ったら、ジム・ジャームッシュ監督作品など一切受け入れられない事態となりそう。
クリント・イーストウッドの65歳!年の差恋愛は最近知りましたが、本人同士が良ければ別にと感じただけでした。
しかし、これまでも吝嗇で知られるイーストウッドだけに続くのか、どうか。
またそれは、映画監督としての才能と全く関係のないのは言うまでもありません。
by hana2019 (2019-02-11 15:19) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。