So-net無料ブログ作成

●「男の顔」に関するプチエッセイ~嵐の顔は幼稚?郷ひろみは?『マッキントッシュの男』のポール・ニューマンはローマ彫刻? [「言葉」による革命]

●「男の顔」に関するプチエッセイ~嵐の顔は幼稚?郷ひろみは?『マッキントッシュの男』のポール・ニューマンはローマ彫刻?

末尾ルコ「男の顔の話題で、知性と感性を磨くレッスン」

「顔」
とりわけ、
「男から見た男の顔」

と言っても、「男」も千差万別だから、ここは「末尾ルコという男から見た男の顔」ということにしておこう。
ちなみにわたしは恋愛感情は女性に対してしか持たない、いわゆるストレートである。

例えば、巷間「国民的アイドル」と呼ばれる「嵐」。

このブログを嵐ファンが訪問してくれている可能性は高くないと思うが、もしファンであれば、ここから先は読まないようにしましょう。
しかし、「世の中、こんな見方をする人もいる」と視野を広げたければ、読むのも一つのよい選択ではある。

で、嵐のメンバーの顔だけれど、

「幼稚」に見える。

わたしは特段嵐が嫌いなわけではない。

テレビでちらっと見かけただけで、即座にチャンネル変えてしまう「テレビタレント」は他に少なからずいる。
ただ、嵐のメンバーの顔は、

「幼稚」に見えるというだけだ。

嵐のメンバーは40前の男・・・にしては、「若々しい」と肯定的にも取れるけれど、ただ「若々しい!素晴らしい!!」とは言い切れないものがある。
それが、「幼稚性」なのだと感じる。

彼らのどこが幼稚か?
それはもともとの顔立ちがそうなのだから仕方ないのかもしれないし、いや、メンタリティが顔立ちに表現されている可能性もある。
あるいは、「ジャニーズタレント」とはこういうものなのか?

しかしそうでもないだろう。
若い頃は少年やら少女やら教会不分明なアンドロギュヌス的容姿で抜群の人気を誇ったごうひろみは、案外早い段階で「大人の顔」になっていたと思う。

いや、要するに、BSプレミアムで放送したジョン・ヒューストン監督の『マッキントッシュの男』を観ながら、数日前も次の投稿をしたけれど、

『マッキントッシュの男』はかなり緩い映画なのだが、ポール・ニューマンとドミニク・サンダの「顔」だけでも満足できる作品だと言える。

ポール・ニューマン、わたしが映画ファンになってから2番目にその「顔」に惚れ込んだ俳優なのである。
一番目は誰かというと、前にも書いているけれど、『ジョーズ』で鮫狩りの名人クイントを演じたロバート・ショウである。

まあ、日本人と白人ではもともとの骨格などが違うから何なのだけれど、ロバート・ショウとポール・ニューマンの男っぷり、今観ても惚れ惚れする。
顔立ちが、特にポール・ニューマンのローマ彫刻のように圧倒的美しさを持つもともとの顔立ちはもちろんなのだけれど、ニューマンもロバート・ショウも、

「中身」なしでは、

「あの美しさ」にはならないのである。

ま、この辺りはですね、よく知っていてもらいたいのですね。

nice!(29)  コメント(2) 
共通テーマ:アート

nice! 29

コメント 2

いっぷく

>嵐のメンバーの顔は、「幼稚」に見える

嵐はとくに関心がなくよく見たことないのでわかりませんが、ひとつには苦労知らずということもあるんじゃないでしょうか。たぶんそれは時期的にラッキーだったのと、事務所が櫻井翔に気を使ったのとがあるとおもいます。
例のジャニー喜多川の「癖」が、ちょうど歳をとってシなくなったのが嵐あたりからといわれていますが、過去の暴露本に寄れば、それまでは100%それがないとジュニアを卒業してデビューできないシステムだったらしいですから、ジャニーズタレント特有の「闇」が、嵐以降は抱えていないということはあると思います。
金銭的な苦労もしていないですね。シブがき隊の頃は搾取がひどく、1千万円闘争をしていたといいますから。それが、木村拓哉がドラマが当たった頃、独立するとゴネて結果的に所属タレントの待遇改善につながったそうですから、嵐はすでに売れ始めてからはシブがき隊のような苦労はなかったのだとおもいます。
あとはジュニアの期間も短かったですね。櫻井翔をデビューさせるために他のメンバーは集めましたから。
他のグループは、違うキャラクターを組ませて「抑制と均衡」をグループ内ではかるのですが、嵐については、比較的似たようなメンバーを集めました。たぶん櫻井に苦労をかけなさそうなメンバーにしたのかもしれません。
あとはSMAPもKATTUNも平成ジャンプもNEWSもそしてTOKIOも、みんなメンバーの離脱がありましたが、嵐だけはそれがないので人間関係の苦労も他のジャニタレに比べると少なかったでしょうね。
SMAPのように、最初売れなくて飯島女史に担当が変わったという「下積み」もありませんでしたし。
ただ、櫻井翔は親の七光りで下駄を履かせてもらっているのであって、タレントとしての価値が、ジャニー喜多川は郷ひろみか一番だったと思っているようです。江木俊夫が自著でそう書いていますね。

>あの文章の裏側に、どれだけの絶望感と苦しみ、悲しみが存在しているのか・・・

全く仰る通りだとおもいます。母の面倒をみたくなくて弁護士まで立てた我が妹ですが、どうも夫の1年7ヶ月の白血病闘病で、心の方をやられてしまったのではないかとおもいます。心臓が悪くなって、刺激のあるドラマなども一切見なくなったというようなことは聞きましたが、ハードだけではなくソフト的にイカれてしまったようです。もちろん亡くなった夫自身辛かったでしょうし、闘病は本人だけでなく家族や、結果的に私らのような姻戚まで不幸の影響を受けてしまうことなのです。
by いっぷく (2019-02-18 04:45) 

TBM

ネットの動画で見ましたが、
ヴェラスケスがガヌーに秒殺されましたね。残念。
by TBM (2019-02-18 21:41) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。