So-net無料ブログ作成

●我が母、心臓バイパス手術後闘病記84日目~骨折に有効な超音波骨折治療法セーフスとは?~多忙な毎日に、バナナほど有効なフルーツが他にあろうか? [「言葉」による革命]

●我が母、心臓バイパス手術後闘病記84日目~骨折に有効な超音波骨折治療法セーフスとは?~多忙な毎日に、バナナほど有効なフルーツが他にあろうか?

末尾ルコ「母の話、食の話題」

6月11日(火)手術後84日目
転院49日目

このところ1日1回20分ほど、母は「セーフス」という機械を不全骨折患部に当ててもらっている。
一見何をどうしているのか分からないのだが、看護師に尋ねてみると、「超音波で骨折をよくする機械です」という説明。
ネットで調べてみると、次のサイトで詳しく説明されていた。

骨折の治療期間を3〜4割早める「超音波骨折治療法」
https://www.senshiniryo.net/column_a/09/index.html

このサイトでの説明を抜粋・要約させていただくと次のようになる。

・セーフスは「超音波骨折治療法」と呼ばれている。
・微弱な超音波を1日1回20分間、骨折部に当てることで骨折治癒を促進する治療法。
・骨折の治癒時間を約4割短縮する効果が証明されている。
・日常的に内臓などの検査に利用されているのと同レベルの非常に低出力(30mW)の超音波。
・超音波を1秒間に1000回というパルス状にして照射する(普通の超音波が連続的なのに対し、パルス状では断続的になる)。

・・・

付き添いを始めてからのわたしの日常生活で難しいのがやはり食事であって、ゆっくり食べるなんていう気分にはとてもならず、ちゃちゃっと済ますことがほとんどだ。
これじゃあいけないけれど、今はこうするより他になく、こうしている中でできるだけ美味しく栄養バランスもよくという境地を目指しているが、目指せば徐々に近づいていくだろう。
目指さなければ、普通は近づくこともできない。
というわけで、ゆっくり食べる時間がない状態でまともに料理をする時間などあろうはずもなく、せいぜいがカップ麺のための湯沸かし、あるいはレンチンくらいのものである。
自然と食事はコンビニやスーパーで買ったものとなり、絶対的に不足する野菜類は、野菜ジュースや豆乳で補っていることは何度か書いている通りだ。
何度か飲んだ青汁ドリンクだが、さすがにしょっちゅう飲む気にはならない。
で、生野菜、生フルーツを食する機会はなかなか取れないのである。
要するに、切ったりする時間もなかなか取れないのですな。
少し前にトマト2個を買ってフォークで崩しながら塩やマヨネーズをつけながら食べたお話はしたけれど、そして美味しかったのだけれど、この食べ方も少し時間を食ってしまう。
そこで日常的に気軽に食べられるフルーツとしてわたしの中で大いに株が高騰しているのがバナナだ。

バナナ。
かつては高級食品だったこのフルーツ。
現在は5~6本付いていても100円弱で売られていることもある。
その生産方法についての問題点もいろいろ指摘されているが、多忙な日々の中、これほどお役立ちのフルーツは他にない。
なにせ手で皮を剥けばすぐに食べられる。
一本食べる時間もアッという間である(もちろんゆっくり食べてもいいのだが)。
案外カロリーも高くなくて、カリウムを始め、栄養は豊富でバランスも良い。
皮の外から見ても、食べ頃か否かすぐ分かるのもいい。
安い、多い、食べやすい、栄養豊富と、思えばバナバはとてつもないスーパーフルーツなのであった。


nice!(25)  コメント(5) 
共通テーマ:アート

nice! 25

コメント 5

(。・_・。)2k

骨折が早く治る装置があるとは
時代は進んでるんですねぇ 知りませんでした
バナナというか果物全般苦手なんですが
バナナは良いと聞きますよね
どうもバナナ食べると胸焼けするので敬遠してたのですが
病後 胃の薬を飲んでるお陰か全く胸焼けしません
俺も野菜食べないので バナナ食べるようにしてみようかなぁ
手軽で良いですよね

by (。・_・。)2k (2019-06-16 04:03) 

いっぷく

>栄養豊富
>スーパーフルーツ

え……それは玄米食をありがたがる人々と同じメンタリティになっていませんか。
バナナダイエットで問題になりましたが、各栄養成分は、1本2本食べたぐらいでは人間の生命活動にとってないに等しいものです。
バナナはモサモサしていますが8割は水分ですし、食物繊維も多いので、栄養吸収されるのはわずかです。
メイバランスなど摂る方がまだ効率よく栄養を摂取できます。
少しお高くなりますが、人間が食べていくためにはどうしても一定のお金はかかります。
そこを節約していると、いずれしわ寄せは何らかの形で来る、と心の何処かにとどめていないと、何かあってから、「何も悪いことしていないのにどうしてこんな目にあうのだろう」と、ほぞをかむことになります。
……というのは私の体験で、別にバナナを食べて体を壊したわけではありませんが、低カロリー、簡単な食事などが集中力⇒判断力に影響を与えるとか、自分の意識していないところで影響を与えていることはありえます。
私は面会のハシゴをしていたときは、少し遅いお昼に、病院の最寄り駅の駅前商店街のお店を「今日はどこにしようかな」と選ぶのが唯一の楽しみでした。車できたときも駐車場に置いて利用していました。
特別高いものはいただいておりませんでしたが、それでもバナナとスーパのお弁当よりは少し高くついたと思います。ただ、そこで節約をしていたら、私は体力的にも精神的にもきっともたなかっただろうと思っています。ご自愛ください。
by いっぷく (2019-06-16 05:39) 

ぽちの輔

野菜売り場にカット野菜が置いてありませんか?
それにマヨネーズをかけてサラダにしちゃうとか^^
by ぽちの輔 (2019-06-16 06:40) 

ニッキー

そんな便利な機械があるんですねぇ(°_°)
お母様の骨折が早く治って通常のリハビリが
出来るようになると、少しは自分の時間も取れて
食生活も改善されますね^^
コンビニやスーパーのちょっと割高ではありますが
カット野菜やカットフルーツもお試しくださいね( ^ω^ )
by ニッキー (2019-06-16 10:25) 

wildboar

超音波骨折治療法といのがあるんですねぇ、知りませんでした。
子どもの頃はバナナが超高級品だったのに、今ではほんとに素晴らしい果物になってありがたいことです。
by wildboar (2019-06-16 15:37) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。