So-net無料ブログ作成

●我が母、心臓バイパス手術後、大転子部不全骨折後闘病記110日目~食事を少し残して気になることと適正体重について。~『愛しのマレーネ・ディートリッヒ』(高橋暎一著 教養文庫)のプチ感想。 [「言葉」による革命]

●我が母、心臓バイパス手術後、大転子部不全骨折後闘病記110日目~食事を少し残して気になることと適正体重について。~『愛しのマレーネ・ディートリッヒ』(高橋暎一著 教養文庫)のプチ感想。

末尾ルコ「母の話、映画の話題」

7月7日(日)手術後110日目
転院74日目

7月6日は久しぶりにトイレへ行こうとした。
ポータブルでできる機会もできているので今が混同しがちな時期かもしれない。

7月7日でわたしが付き添いを始めてからおよそ1カ月と1週間。
その間ほとんど朝昼晩と完食だったのだが、6日晩と7日昼は少し残した。
普通の生活をしておればさほど気にならないけれど、入院中の食欲変化は気になる。
一過性のもの、つまりたまたまその日はお腹が張ってしまったということであればいいのだけれど、小さなことでも十分警戒しておかねばならない。
そう言えば最近母の体重測定があったのだが、「53㎏」だった。
実は慎重については正確な数値を知らないが、その時いた作業療法士(女性)に尋ねてみると、「150くらいじゃないでしょうかね」と言った。
仮に150で53kgならばまだ少し体重オーバーということになるだろうが、手術前はだいたい58~59だったので、5~6kg落ちたことになる。
大手術による体力低下、手術後しばらくは点滴のみ、そして高知赤十字病院では病院食にほとんど手を付けなかったことなどを考えると、意外と体重低下は少なかったとも言えるが、当然ながら食欲不振が続くと困る。
対応はいろいろ考えていなければならない。

・・・

母に朗読(音読)している本とは別に、自分で読む本もかなり病室へ持ち込んでいる。
その一つが『愛しのマレーネ・ディートリッヒ』(教養文庫)で、著者は高橋暎一。
わたしは高橋暎一という人は知らなかったのだが、略歴を見ると1933年生まれで『愛しのマレーネ・ディートリッヒ』は1992年に発行されている。
前から持っていた本ではなくて最近古本屋で買ったものだ。
こういう本は昨今そうそう手に入るものではなく、もちろん存在も知らなかった。
だから古本屋通いは止められない、想像もつかなかった本との出会いがある。
もっとも付き添いを始めてからは一度も足を運ぶ機会はないが。
高橋暎はこの本が出版された時点の肩書として、シネファッション研究家・日本映画ペンクラブ会員と記されている。
そしてこの人、マレーネ・ディートリッヒの大ファンだったということ。
だから『愛しのマレーネ・ディートリッヒ』は豊富な写真とともに、ディートリッヒへの賛辞で満ちているわけだ。
まあ世紀の大女優。
現在では想像もできないほどの大大大大大スター。
同時代ではグレタ・ガルボと並び称される世界の2大女王だったマレーネ・ディートリッヒだが、高橋暎一が特に強調しているのが脚線美で、そのこだわりぶりは久々になかなかにおもしろいものだった。

タグ:アート
nice!(22)  コメント(2) 
共通テーマ:アート

nice! 22

コメント 2

(。・_・。)2k

病院食を3ヶ月以上続けても
そんなに落ちないものなんですね
僕の場合 2週間で5kg程落ちました

by (。・_・。)2k (2019-07-14 22:37) 

hana2019

発祥してから一年近くの「入院期間中、食事が合わない事もあり、また間食も出来ず、あの時は10キロ近く痩せました。
・・・それか、徐々に増えて、現在では元の体重近くに。
155センチ、52キロですが、主治医曰く標準体重ながら、どちらかと言えば太めだそうです。
我が母も身長は同じ、一時は60キロ以上あった体重が今は40キロ前後で落ち着いているとか。

高橋暎一という著者は当然。マレーネ・ディートリッヒも知っているのは名前だけになります。
そうした一部のコアなファン向けに書かれた本、・・・思えば贅沢な一冊です事!
古本屋でしか入手困難であるのは、想像できます。
by hana2019 (2019-07-14 23:45) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。