So-net無料ブログ作成

新たなる爆発とスヴェトラーナ  バ~ト~ン✾ [生と死のためのアート]

「ああ、そうだよスヴェトラーナ!あんな手榴弾の炸裂よりも、ぼくたちの心はいつだって燃え上ってなくちゃいけないんだ!」
「抜群のセリフね、アルベール!でも心配無用よ!あなたの側にいるわたしの心はいつだって燃え上っているのだわ!」
「なんてことを!宇宙で一番の幸せ者にする気かい?」
「まあアルベール、おしゃまさん!」
手榴弾より遥かに大きな爆発音がした。
「RPG-7だ!」
RPG-7とは、「携帯対戦車兵器」のことである。

nice!(36)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

ルコ美醜悪学の原則 2 [ルコ美醜悪学]

● 非常に重要な宣言

これは大事なことだ。
「ルコ美醜悪学」などと言い始めたわたしを「バカだ」などと思う向きもあるだろう。
だから言っておこう。
わたしはバカです。
バカじゃなきゃ言い出せません、こんなこと。

しかし・・、
バカだけれどそんじょそこらのバカじゃない。

「素敵なバカ」です。

ここに末尾ルコ(アルベール)の「素敵なバカ」宣言がなされる。
nice!(35)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

わたしは「気」で蚊を撃退できたのか? [生と死のためのアート]

「気」がどうやったら出るのかはっきり分からないままに実験を始めてしまったわたし。
しかし早くも何匹かの蚊が体の周囲を窺い始めている。
一刻も猶予はならない。
とりあえず「気合い」を入れると「気」も出そうな気がしたので、心の中で「ふんっ」と「気合い」を入れてみた。
(ふんっ!)
蚊が去っていく兆候はない。
(いったいどうすればいいんだ・・)
動揺し始めたわたし。
ふと思い出したのが、よくマンガで迫力ある人物が登場するときに伴う効果音「どおおおおん」だった。
いかにも「気」の出そうな「どおおおおん」という音。
わたしは心で唱えた。

(どおおおおん)

唱えた後、3箇所以上蚊に刺された。

吉岡清十郎には遠く及ばないと認識した瞬間である。

オスッ!
タグ:アート
nice!(33)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

「月の恋人」第6話・「Mother」第10話。その視聴率。 吉高由里子「美丘」日本テレビオフィシャルインタヴュー映像の不自然な白さ。 [吉高由里子]

「月の恋人」第6話が視聴率13.4%で「Mother」第10回視聴率が14.8%である。
「月の恋人」初回視聴率22.4%、「Mother」初回視聴率11.8%と倍近い差があっただけに、今週に来て「質」が「宣伝」を上回ったという形か?
「月の恋人」は内容的に初回放送が終わった時点で、2回目はもっと視聴率が下がるべきだが、また最終回に近づくにつれて上がることもよくあるから信用ならない。

「Mother」第10話は子役の芦田愛菜が見せ場を担っていた。
かつての安達祐美や現在のポニョ(大橋のぞみ)と違い、非常に珍しく「芝居のできる」正統派子役が芦田愛菜だ。
第1話でも最後の見せ場である程度満足のいく芝居をしていた。
ちなみに映画「告白」では松たか子の娘という重要なポジションで登場している。

吉高由里子「美丘」日本テレビオフィシャルインタヴュー映像。
白い。
全体に画面が白い。
その白さが不自然で、もともと非日常の住人である吉高由里子にとてもふさわしいのだ。
nice!(22)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

真の青春映画?「告白」の快楽と意味。 その5 [生と死のためのアート]

日本映画というのは実に「少年・少女もの」が多く、それだけを見ても社会が成熟していないことがよく分かる。
もちろん内容的に優れた「少年・少女もの」も数多いが、絵空事に描かれているのも少なくない。
その点「告白」はティーンエイジャーの非道、非情、無機な側面を、カリカチュアされてはいるだろうが、とても的確に抉り出しているように見えた。
友情も愛情も見当たらない少年・少女たちの姿。
集団になるとどんな残酷なことでも平気でできる少年・少女たちの姿。
そんな実態を描いた「青春映画」として観ても興味深い作品なのだ。

nice!(37)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

「戦争」「革命」という言葉   フランス革命を語り始める前に [生と死のためのアート]

(世界では今戦争で人が死んでいる)
このようなことをわたしは誰かに聞いたことがあっただろうか?
多分あっただろう。
しかし「~年に戦争がありました」「戦争で人が死ぬのはいけません」・・こんなことを口先だけで聞かされたところで「戦争」は体の中に沁み込んでこない。
「戦争」が染み込まなければ、「戦争」で苦しむ人たちの心を推し量ることはできないし、「戦争」で得する人たちに対する怒りも湧きようがない。
「実」の伴わない「言葉」はそよ風よりも遥かに軽い。

nice!(27)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート