So-net無料ブログ作成

小説 神秘アンチエイジング&エロス 258 佐莉 [小説 神秘アンチエイジング&エロス]

「え」
「思っただろ!?」
確かに思っていた。
そして今まさにそのことを思い出していたところだった。
混乱状態の瑛次にとって、大いに「ギクリ」とする瞬間だったのは間違いない。
「分かってるんだよ、えいじ」
「いや・・」
「あのな、えいじ」
大柄な男の声だ。
「佐莉は人の心が読めるんだよ」
「・・・・」
「お前が何考えてるか、全部分かるんだよ、な、佐莉」
「ふん、まあな」
「当ててやれよ、今えいじが何考えてるか」
「ふん、こいつさあ、おれらをやっぱり〈うぜえ〉って考えてるぜ」

※この作品の中には現実のアンチエイジング方法や健康法などが出てきますが、その作品中で言及される効果などに関してはあくまで小説上のできごと、つまりフィクションであるとお考えください。
実際の効果には、個人差などがあるものだと思われます。

ルコ美醜悪学の原則 3 [ルコ美醜悪学]

● 「ルコ美醜悪学」における成功とは

わたしが地図も持たずに展開しようとしている「ルコ美醜悪学」。
「そんなもの」とせせら笑われてもけっこうだが、実もすでに成功している。
わたしの言葉により「一人でも」世界を見る目がより積極的になり、気持ちに余裕や愛情を感じる人がいるのであれば、「ルコ美醜悪学」は成功なのだ。
いくらなんでも125万アクセス中、おそらくすでに一人以上は何らかの「変化」を感じただろう。(爆笑)
そう、「ルコ美醜悪学」はもう成功しているのだ。

前立腺とアンチエイジング [肉体とアンチエイジング]

男で「前立腺」という文字を意識せざるを得なくなり、「おれも年だなあ」と感じ始める人も多いだろう。
たいがいの男性は普通「前立腺」などという文字を意識することはなく、意識し始めるときは「何らかのトラブル」が発覚してしまったからだというケースがほとんどだと思う。
しかし「何らかのトラブル」が発覚したときにはすでに完治が難しくなっていることも多く、身体のどこかに「トラブル」が発生すればアンチエイジングという目標にはほど遠くなる。

というわけで何が言いたいのかというと、「前立腺」についてよく知っておこうということだ。
いや実は「よく知る」必要もない。
身体の構造をある程度知っており、それらを意識した生活をするだけでもアンチエイジングの可能性はかなり上がるのだと思う。

仲里依紗、吉高由里子「天才!志村どうぶつ園」。「トップランナー」寺島しのぶ。「ボクらの時代」松田翔太、高良健吾、新井浩文。 [吉高由里子]

昨夜の「天才!志村どうぶつ園」に仲里依紗が出ていた。
次回の「天才!志村どうぶつ園」には吉高由里子が出るそうな。
うんうん(それだけ 笑)

昨夜のテレビと言えば、「トップランナー」の寺島しのぶがやはり見ものだった。
インタヴューの内容はベルリン受賞後に各メディアで行ったものと変わらないが、勢いのある語り口は聴いていて心地いい。
「キャタピラー」撮影後は圧倒的なテンションから解放されたからか、血尿や胃の不調が表れたという。
「女優」として生きる決意をしたのであれば、そこまでの「気持ち」で演じてほしいと思う。

そして今朝のテレビ番組としては、「ボクらの時代」が見ものだ。
松田翔太、高良健吾、そして何と新井浩文。
特に新井浩文は滅多にテレビなどでないから貴重である。

「非日常性」とチャック・リデルとミルコ・クロコップ [エッセー・闘う敗北者たち]

1ラウンド4分強でTKO負けを食らったチェック・リデルだが、あくまでアグレッシブにフランクリンを倒しに行く姿は現在のUFCマットで新鮮に映った。
やや両腕を開き気味に相手を追う姿はある種の昆虫か何かを思い起こさせ、「非日常」の総合格闘技を観ているのだと実感させてくれる。
「非日常性」・・わたしがプロの格闘技、だけでなくあらゆるプロフェッショナルに臨む大きな要素が「非日常性」である。
しかし「非日常性」を無理に推し進めようとすると谷川プロデューサーの「怪物路線」になってりするのでリアル格闘技は難しい。

その意味でミルコ・クロコップも「非日常性」を期待できるファイターの一人だ。
UFC115で行われたへヴィー級ミルコ・クロコップVSパトリック・バリーはどうだったか?

君への本当の愛の短い言葉 2010年6月20日 [愛の景色]

君への想いを計測する装置があれば、君にもはっきりと見せることができる。
誰が世界で一番君を想っているかを。


タグ:アート 言葉