So-net無料ブログ作成

北川景子「瞬 またたき」 その神話的シーン 1 [生と死のためのアート]

北川景子主演映画「瞬 またたき」は「北川景子の映画」だ。
「花のあと」もそうだったが北川景子には約2時間の映画作品をほとんど1人で牽引する力がある。
映画のよしあしはあるけれど、とりあえずこの牽引する力は大したものだ。
ただ「瞬 またたき」はまず緩やかに滑り出す。
緩やか過ぎて「こんなものか」という失望ほどではないけれど、やや肩すかしの時間が短くはない。
もちろん緩やか過ぎる時間の中でも北川景子は魅力的だ。
「大事なことを忘れている」という虚ろな雰囲気も捨てがたい。
しかし鑑賞者は「瞬 またたき」を侮らずに観続けなければならない。
映画が遂に北川景子の「記憶」の確信に触れるとき、鑑賞者は驚くべき場面を観ることになるのだから。

nice!(32)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

恋の戦(秋元優里への「恋のさや当て大作戦」)の前に  箕輪幸之斎人麿が取った行動は? [ルコ(アルベール)のスゴイ「ギャグ」]

架空情景

ついに箕輪幸之斎人麿へとメタモルフォースした箕輪幸人。
恋の戦(秋元優里への「恋のさや当て大作戦」)を前にして、やはり戦国武将のごとき謡いと舞いを始めるのだった!

箕輪幸之斎人麿 恋の戦の舞い謡い

いやさ~
いやさ~
勇ましきはこの箕輪幸之斎人麿~
勇ましきはこの箕輪幸之斎人麿~
我が姫を手にすべくう~
我は謡うよ我は舞うよ

いやさ~
いやさ~
俺、ゴリラ~~
ゴフゴフッ

nice!(26)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

●ルコ美醜悪学の原則 9 [ルコ美醜悪学]

醜悪に対処する方法。
しかしことは単純ではない。
簡単に結論を出すべきではない。
まずはこの世界の醜悪を自覚的に認識することだ。
さらに「これは本当に醜悪か?」という問いかけ、そして「自分は醜悪でないか?」という問いかけは常に持つこと。
思考停止も自己満足も慎まなければならない。
nice!(34)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

「Mother」最終回16.3%。その価値とは。吉高由里子「美丘」、綾瀬はるか「ホタルノヒカリ2」、仲里依紗「日本人の知らない日本語」。 [吉高由里子]

「Mother」最終回。
視聴率は16.3%と全話通じて最高だった。
口コミで「いい」ということが徐々に伝わった結果ではないだろうか。
民放のドラマとしては画期的な作りだった「Mother」だが、最終回も感心させられた部分が多かった。
まず「愁嘆場」を作らなかったこと。
安易な「愁嘆場」を作られると作品全体を安っぽくするのみならず、「ああ日本の社会はまだ遅れてるな・・」と虚しい気分にさせられるものだ。
「Mother」最終回には「田中裕子の死」「松雪泰子と子の別れ」という2つのシーンで従来のドラマであれば多分「愁嘆場」が用意されただろうが、「Mother」最終回は実に上品なまとめ方をしていた。

「Mother」最終回は他にもいくつか気に付いた点があるので、また後日書いてみよう。

民放新ドラマの内容もほぼ出揃ったようだが、今回は日本テレビに見どころが多そうだ。
吉高由里子「美丘」、綾瀬はるか「ホタルノヒカリ2」に加え、なんと仲里依紗の「日本人の知らない日本語」、さらに中谷美紀主演「離婚シンドローム」もある。

nice!(19)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「赤い風船」アルベール・ラモリス監督 [末尾ルコ(アルベール)の成長する小さな映画批評]

「赤い風船」アルベール・ラモリス監督

誇張された感情表現など一切ないのだが、観ているうちに主人公の子どもと「赤い風船」に感情移入していくという不思議。そして「風船」という感情のありえない「物」に感情移入せざるを得ないことで、独特のせつなさが醸し出される。

6点
nice!(27)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

君への本当の愛の短い言葉 2010年6月25日 [愛の景色]

ぼくはもう少なくとも815億120万回以上「君を好きか」と自分に問いかけた。
そしてもちろん815億120万回以上「君が好きだ」という答えが返ってきた。
タグ:アート 言葉
nice!(21)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート