So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

●末尾ルコ選定「あなたを鍛えるモノクロ傑作映画ベスト5」。その3 [「言葉」による革命]

末尾ルコ「映画の話題で、知性と感性を鍛えるレッスン」


『西鶴一代女』(溝口健二監督)

その完璧なストーリー展開、そして伝説的な田中絹代の演技ももちろんだけれど、隅から隅まで美的に動く人間たちに心地よく総毛立つ。

nice!(12)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

〈「言葉」による革命〉・・・●末尾ルコ「今、一番好きな女優、サラ・ガドン論、その美、話し方」その4。~あるいは極小の現代ハリウッド女優史。2018年2月7日 [「言葉」による革命]

●末尾ルコ「今、一番好きな女優、サラ・ガドン論、その美、話し方」その4。~あるいは極小の現代ハリウッド女優史。

末尾ルコ「映画で知性と感性を鍛えるレッスン」

さて、ここではっきり書いておきますが、現在のハリウッド、女優たちは間違いなく、70年代以降では最も充実した人材が揃っています。
20代の若手を取ってみても、ジェニファー・ローレンス、エマ・ストーン、ブリー・ラーソン、アリシア・ヴィキャンデルと、ここ数年でアカデミー賞を獲得した女優だけでもズラリとこれだけいます。
しかも皆、いわゆる「一発屋」ではなくて、今後素晴らしい映画史を築いてくれそうな女優ばかり。
そして皆、「綺麗」です。
アメリカン・ニューシネマの影響などもあり、70年代辺りに活躍した女優は、「いい女優」はもちろん多くいるけれど、「綺麗」な女優は少ないですね。
もちろんフェミニズムの影響もあるでしょう。
「女性が綺麗とは何だ?それは歴史的に男が女に強制してきただけのものではないか?」という考えも一理はあると思うけれど、「それがすべて」ではありません。
伝統的に「女性美」と言われ続けているものは、「男性が女性に強制してきた」だけで片付けられるものではなく、もっと普遍的な「美」なのだと思います。

で、映画に「美」がなくて、どうする・・・なんですね。

●原稿依頼などは、気軽にサイドバーのアドレスへご連絡を!

nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

山田姉妹へのメッセージ「台詞2」 [「言葉」による革命]

末尾ルコ「音楽の話題で、知性と感性を鍛えるレッスン」

またしても僭越ながら、台詞をば・・・。

華様「さっき買ったいちご大福とウインナーパンはどこにあるの?」

麗様「ぜんぶ食べちゃった。てへ♡」

今夜はこちらでは皆既月食、まったく見えませんでした。ビアズリーのような月を見たかったのですが。
でも大丈夫。わたしたちには、お二人の歌がありますから。RUKO

3月7日、山田姉妹ニューアルバム(セカンド)
『ふたつでひとつ〜心を繋ぐ、歌を継ぐ』発売です!!!

山田姉妹の公式ブログ
https://ameblo.jp/karei1224/
山田姉妹の公式ツイッター
https://twitter.com/karei1224

nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

●フランス人フェノン(仮名)の大好きなフランス人男優トップ3から、わたしが「花の中三トリオ」に興味を持てなかった理由がアガサ・クリスティー。 [「言葉」による革命]

●フランス人フェノン(仮名)の大好きなフランス人男優トップ3から、わたしが「花の中三トリオ」に興味を持てなかった理由がアガサ・クリスティー。

末尾ルコ「フランス語会話と映画とエロティシズムの話題で、知性と感性を鍛えるレッスン」

2月2日、いつも通りフランス人フェノン(仮名)と会話。
その朝も寒くって、(起きるのしんどいなあ)と弱気だったのだけれど、行けば盛り上がるのは間違いないのである。
フェノンは例の「野菜ジュースダイエット」期間を終えたという話だが、今回は何と3週間も「野菜ジュースのみ」で過ごしたそうだ。
よく聴けば、「20年前」からやっているということで、(すげえ・・・)とは思ったし、わたしもそんな感じのダイエットと言うかデトックスと言うか、興味はあるのだけれど、そもそも野菜ジュースを作ったり片づけたりする時間がなかなかないわけである。
ちなみにフェノンの「野菜ジュースダイエット」は何冊も専門書を勉強した上でやっているのであって、わたしはそのような本をじっくり読んだことはなく、まあ一つ言えるのは、「やるなら、しっかり勉強した上で」ということである。
インチキ臭い「健康本」を読んで、「勉強した気」になってはならない。

その日のフェノンとの対話の中心は、「今のフランス男優について」であって、現在の日本はフランス映画自体の情報が少ないけれど、さらに言えば、女優より男優の情報が少ないことは明らかで、情報があってもお粗末で貧しい場合も多く、ならばフェノンに「生の意見」をどんどん尋ねようと、当然の帰結に至ったわけである。
この話題、今後もどしどし記事にしていくつもりだが、取り敢えず「フェノンが現在最も敬意を抱いているフランス人男優」は、

ヴァンサン・ランドン
ダニエル・オートウィユ
ブノワ・マジメル

の3人であることを記しておこう。

話はがらりと変わるが、「鼻の中三トリオ」・・・いや「花の中三トリオ」である、
この3人、わたしはすべてまったく興味がなかったのだが、その理由の一つが分かったぞ!
もちろん単に「個人的な好み」に帰結させるのが一番シンプルだけれど、その「好み」の内容がより具体的に明らかになったのだ。
もちろんこの平成の世の中で、わたしがいつも(何で俺は中三トリオのファンにならなかったのだろうなあ)と考え続けていたわけではない。
突如「一つの理由」が降臨して来たのだ。
そう、

「3人とも、かなりのショートカットだった」。

う~ん、『弁護側の証人』並みの大どんでん返し!(←一人悦に入る)

「人間、内面がすべてである」けれど、恋愛においては、(あの人とどれだけお近づきになりたい)かを判断する大きな要素は「外見」である。
そう言えば、『ウルトラセブン』のアンヌ隊員、ひし美ゆり子。
番組の途中から耳を出すショートカットになり、もちろんそれで「嫌い」になどなりはしないけれど、最初のヘアスタイルのままで全うしてほしかったと今でも残念に思っている。
何度観てもおもしろい不朽の傑作ドラマだけに。

nice!(24)  コメント(1) 
共通テーマ:アート

〈「言葉」による革命〉・・・●末尾ルコ詩D「猫、椎の木」篇。2018年2月7日 [「言葉」による革命]

●末尾ルコ詩D「猫、椎の木」篇。

「猫、椎の木」

椎の木を
思い出せ
あるいはこうも言おう
椎の木の時代を!

・・・・・・

どんな時でも変わらない
ぼくの素敵なネコの時代!

(毎日、「末尾ルコ詩D」を書いてみましょう!わたしの創ったものを写すのではなく、ご自分で創ってみるのです)

nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート