So-net無料ブログ作成

●〈「言葉」による革命〉・・・・「戦いの最前線」は、「家庭」・「カフェ」、そして「あなた」~「地域コミュニティ」活動への重大提言!2018年5月31日 [「言葉」による革命]

※2018年6月25日配信予定 末尾ルコ メルマガ(有料)より抜粋。

「地域コミュニティ」に関する部署を持つ自治体は多いですが、果たしてどれだけの成果が出ているでしょうか。
「地域コミュニティ」について一つわたしからとてもとても大切な提言をさせていただくとすれば、

「かつての町内会や近所づきあいを取り戻そうとするべきではない」ということです。

いや、もちろん「かつての町内会や近所づきあい」の良き要素、現在に適応させても人々の心を和ませ、ワクワクさせる要素であれば、「取り入れる」のがいいですね。

けれど、「かつての町内会や近所づきあい」をノスタルジーを伴って、「取り戻そう」というのではいくら熱心に「地域コミュニティ」活動に取り組んでも、大した成果は上げられないでしょう。
特にいけないのは、「形だけ」のイベントなどをルーティン的にやってしまうことです。

(続きは、有料メルマガでお願いします)

nice!(14)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

末尾ルコ 2018年全仏オープンテニス優勝予想・希望 ああ、オスタペンコ一回戦敗退。 [「言葉」による革命]

末尾ルコ 2018年全仏オープンテニス優勝予想・希望 ああ、オスタペンコ一回戦敗退。

2018年全仏オープンテニス、前年優勝者エレナ・オスタペンコ一回戦敗退でいささか脱力したが、特に女子の優勝予想・優勝希望をしていこう。


2018年全仏オープンテニス、わたしの優勝希望の第一は、エレナ・オスタペンコが敗退したからには、シモナ・ハレプVS大坂なおみの決勝で、ハレプ初優勝!である。


コメント(0) 
共通テーマ:アート

●山田姉妹へのメッセージ「高いアンテナ」 [「言葉」による革命]

●山田姉妹へのメッセージ「高いアンテナ」

末尾ルコ「音楽の話題で、知性と感性を鍛えるレッスン」

素晴らしいコンサートとなったのですね。何よりも嬉しいことです。今日NHK『のど自慢』で、『ふたつでひとつ』の中に収録しておられる中から3曲、出場者の方が歌っていました。これも何かの符合だろうか・・・なんてことを感じたものです。今日のわたしの気持ちを詩にしました。「題 高いアンテナ」今日はアンテナを立てたのです 高い高いアンテナを 感度はもちろん限界以上 ミューズの波動を遠き地で とらえるための努力です by 末尾ルコ RUKO

よき時間、よき空間・・・お二人の行く先々は間違いなくすべてそれが創造されます。
お二人のご歌唱を愛するファンの方々も、「真の美」を理解してくださる方ばかりのはずですものね。
今日、NHK『のど自慢』で、一般の出場者の方々が、「どんなときも。」と「野に咲く花のように」と「心の瞳」を歌っておりました。
少し不思議で、そしてとても嬉しい気持ちになりました。
では本日の詩を改行も含めて捧げさせてください。


「題 高いアンテナ」

今日はアンテナを立てたのです
高い高いアンテナを
感度はもちろん限界以上
ミューズの波動を遠き地で
とらえるための努力です

 by 末尾ルコ RUKO



・・・・・・

3月7日、山田姉妹ニューアルバム(セカンド)
『ふたつでひとつ〜心を繋ぐ、歌を継ぐ』絶賛発売中!!!

山田姉妹の公式ブログ
https://ameblo.jp/karei1224/
山田姉妹の公式ツイッター
https://twitter.com/karei1224

山田姉妹『ふたつでひとつ ~心を繋ぐ、歌を継ぐ』インタビュー
http://www.billboard-japan.com/special/detail/2265

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


「言葉」に関するあらゆることは、下記へご打診ください。 sueoruko?mail.goo.ne.jp (?を半角のアットマークに変えてください)

nice!(12)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

●「お金の獲れる身体」と「美」~棚橋弘至とジャイアント馬場、あるいは羽生結弦「アニメキャラクター」説。 [「言葉」による革命]

●「お金の獲れる身体」と「美」~棚橋弘至とジャイアント馬場、あるいは羽生結弦「アニメキャラクター」説。

末尾ルコ「プロレスの話題で、知性と感性を鍛えるレッスン」

何かの番組で棚橋弘至が語っていたことだが、若手の頃に先輩レスラーに、「まずお金の獲れる身体になれ」とアドバイスを受けたそうだ。
そのアドバイスの下、現在の棚橋弘至は当然ながら、本人も納得の「お金の獲れる身体」になっているということなのだろう。
「お金の獲れる身体」とは、わたしの理解では、有閑マダムと一夜を共にして50万円ほど謝礼をいただくのではもちろんなくて、試合を始める以前にリングに立っただけで、チケット代を払った観客をある程度満足させられるだけの肉体という意味である。
そこで棚橋弘至の身体をあらためて見てみると、身長181cm、体重103kgというデータがあるが、体重はプロレスラーでなくても日々変化するのが普通だし、身長は特にプロレスラーはサバを読んで大きめに発表するのが一般的という点は念頭に置かねばならない。
さらにプロレスラーは以前から薬物使用によって肉体を作るケースも少なからずあるようだが、各レスラーがどうなのか確認のしようもないので、ここではあくまで「出来上がった肉体」についての話に絞ることにする。

棚橋弘至の肉体は確かにその上半身は目を瞠る。
とりわけ隆々と盛り上がり皮膚を押し上げている大胸筋と上腕二頭筋の大きさは一般の男性にはまず見られないものだ。
棚橋の「愛してま~す」と言いながら上腕二頭筋の力こぶを膨らませるキメポーズはもちろんそれを意識したもの。
ただ、確かに「お金の獲れる身体」としての存在感は十分だが、わたしの感覚では、「美しい」とまでは行っていない。
現役日本人レスラーの中で挙げるとすれば、中邑真輔が「美しい」に最も近いか。

日本プロレス史上にまで「お金の獲れる身体」を探せば、ダントツでジャイアント馬場であり、これはもう誰も太刀打ちできない。
もちろん馬場の場合は、「美しい」とはちょっと違うけれど、いやそれでも大上段にチョップを打ち下ろすときはリング状に大輪の花が咲いたようになる。
馬場の「でかさ」はそれはもちろん理解していたけれど、YouTubeで米国マットでのファイトを視聴できる現在、以下に馬場が「お金の獲れる身体」であるか実感として理解できる。
巨体の外国人レスラーが子どもに見えるほどのスケールなのだ。

ところで少し話は逸れるが、フランス人の友人フェノン(仮名)が、フィギュアスケートの羽生結弦のパレードに集まった大群衆に驚いていた。
「一人のスポーツ選手にあの群衆、フランスではあり得ない」という話だったが、日本における羽生人気を、「男でも女でもない、アニメのキャラクターのような存在だから」と自説を述べていた。
今の多くのプロレスラーも、「男でも女でもない」という点を省いては、「アニメのキャラクター」のような感は受けるのだが。

nice!(24)  コメント(1) 
共通テーマ:アート