So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

●『七人の侍』と、子どものための「教養」。 [「言葉」による革命]

●『七人の侍』と、子どものための「教養」。

末尾ルコ「映画の話題で、知性と感性を鍛えるレッスン」

わたしが小学生の段階で知っていた日本人映画監督は数少なかった。
外国人映画監督の名の方がずっと馴染み深かった。
その理由は、『スクリーン』や『ロードショー』という洋画専門誌を購読していたからで、邦画も観ていたけれど、監督の名まではほとんど知らなかった。
例えば子どもの頃に観てインパクト抜群だった作品の一つが『大魔神』だけれど、誰が監督だったかまで関心は及ばなかった。
そんな中で別格だったのが黒澤明だったことは言うまでもない。
とりわけ『七人の侍』は、「日本人なら必見」というイメージであり、実際に鑑賞して、そのおもしろさに驚愕した。

さて今、「少なくとも『七人の侍』は観ておかなきゃあ」と子どもに鑑賞させる家庭はどれだけあるだろうか?

タグ:アート
nice!(12)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

極限の愛、日常の愛、その言葉 2017年6月30日 [愛の景色]

いや、結局、どんなことがあろうとも、
わたしは愛を発する人生を選ぶのみだ。


nice!(7) 
共通テーマ:アート

●山田姉妹へのメッセージ「トルコ行進曲」 [「言葉」による革命]

●山田姉妹へのメッセージ「トルコ行進曲」

末尾ルコ「音楽の話題で、知性と感性を鍛えるレッスン」

観ましたあ!!!「にじいろ」「トルコ行進曲」「待つわ」「LOVEマシーン」と、堪能させていただきました♪とりわけ、「トルコ行進曲」は絶品中の絶品ですね!録画したものを今夜中に何十回も観てしまいそうな自分が怖い(笑)。あみんの表情(?)もばっちりです!そしてもちろん、いつもながらの、お二人のバランス感覚の凄さですね♡超絶技巧と魂の調和です。RUKO

やはり「トルコ行進曲」はテレビ初公開だったのですね。由紀さおり・安田祥子ご姉妹の定番でもあるといいますが、山田姉妹様お二人ならではのご作品としてお育ていただけること間違いなしと感じました。それにしても素晴らしい台本ですね。まあわたししょっちゅうゲシュタルト崩壊寸前ですが(笑)。あ、ジョークだどー(←クレしんちゃん)。「トルコ行進曲」を拝見・拝聴しながら考えたのですが、お二人がクラシックの比較的人口に膾炙した美しいメロディの曲をアカペラあるいはスキャット的にお歌いになれば、まさに別世界の芸術となること間違いなしだ思うのです。などと希望したりしながら、さあまたこれから先ほどの「トルコ行進曲」を愉しみますよ♪

・・・・・・

3月7日、山田姉妹ニューアルバム(セカンド)
『ふたつでひとつ〜心を繋ぐ、歌を継ぐ』絶賛発売中!!!

山田姉妹の公式ブログ
https://ameblo.jp/karei1224/
山田姉妹の公式ツイッター
https://twitter.com/karei1224

山田姉妹『ふたつでひとつ ~心を繋ぐ、歌を継ぐ』インタビュー
http://www.billboard-japan.com/special/detail/2265

9月9日、山田姉妹高知公演、音楽を愛する方であれば、絶対です!

ポピュラーソングコンサート山田姉妹<よみがえる、青春のメロディー>

http://kkb-hall.jp/event/event_detail.cgi?event_id=271


高知公演だけでなく、山田姉妹のあらゆる公演、あらゆる活動を徹底的に応援します!

http://t.pia.jp/pia/artist/artists.do?artistsCd=D5210002

nice!(12)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

●末尾ルコ「平成史」~平成3年、日本映画トップ10と、「わたしが(普通は)アニメを観ない理由」。 [「言葉」による革命]

●末尾ルコ「平成史」~平成3年、日本映画トップ10と、「わたしが(普通は)アニメを観ない理由」。

末尾ルコ「映画と平成史の話題で、知性と感性を鍛えるレッスン」

1991年は平成3年であって、その年の邦画配収成績トップ10を見ると、次のようになっている。

1 『おもひでぽろぽろ』
2 『ドラえもん のび太のドラビアンナイト
ドラミちゃん アララ・少年山賊団!』
3『男はつらいよ 寅次郎の休日』『釣りバカ日誌3』
4『ドラゴンボールZ とびっきりの最強対最強』『ドラゴンクエスト ダイの大冒険』『まじかる☆タルるートくん 燃えろ!友情の魔法大戦』
5『ちびまる子ちゃん』
6『ドラゴンボールZ 超サイヤ人だ孫悟空』
『まじかる☆タルるートくん』
7『福沢諭吉』
8『動天』
9『波の数だけ抱きしめて』
10『幕末純情伝』
『ぼくらの七日間戦争2』

すでにアニメ花盛りである。
ちなみにわたしが宮崎駿のアニメを観たのは『魔女の宅急便』までであって、しかもその前作である『となりのトトロ』さえも観ていない。
まあ『風の谷のナウシカ』とか『ルパン三世 カリオストロの城』とかは観たのだけれど、正直なところ、そんなに凄く感銘を受けたわけではないのである。
で、現在と言うか、もうずっと以前からわたしがアニメ映画を観ていない個人的理由を考えてみた。
分かりやすいように(笑)、箇条書きにしてみたどー。

1観たい実写映画も無数にあるゆえに、アニメ映画に費やす時間がない。
2アニメには「人間」が出てこない。
3アニメの人物表現や声優の「演技」を鑑賞していて気恥ずかしくなることしばしばである。
4日本の社会風潮として、あまりに「アニメ、アニメ」なので、それに対する反発や疑問、さらに嫌悪感もかなりある。

1に関してはもう現実的にそうなのであって、WOWOWで放送し、録画し、しかし未見の映画が常に100本以上あるという状況なのである。
わたしんちのDVD・BDプレイヤーも既にBDを読み取らなくなっているし、HDDもいつどうなるか分からないのでどうにかしなくてはいけないのだけれど、10代の頃のように一日何本も鑑賞というわけにはいかないのが悩ましい。
というわけで、2の〈アニメには「人間」が出てこない。〉という問題にも繋がるのだけれど、わたしの映画を鑑賞する大きな愉しみの一つは、「生きた人間である俳優」を観ることなのであり、もとよりその愉しみのないアニメを優先的に鑑賞・・・とはならないのだ。

3の〈アニメの人物表現や声優の「演技」を鑑賞していて気恥ずかしくなることしばしばである。〉なのだけれど、この件についてはいずれ纏まった形でお話したいが、こんなわたしもやたらと評判になっていた『エヴァンゲリオン』を観始めたことがあるのです。
しかし、作品中、大人の登場人物同士の「大人の会話」的シーンがあって、(うへえ~~)という感じで赤面ものだったのですわ。
ま、これはもちろんわたし個人の受け取り方なのだけれど。

4に関しては、別にアニメに限らず、これまたわたし個人に身に付いた習性として、「世の中の風潮的雰囲気に対する反発」というのがあるんです。

「アニメに対する、わたしのスタンス」をざっとお話してみたけれど、この件については今後も掘り下げていきます。
なにせ日本の映画興行、アニメにおんぶにだっこ状態だからなあ。


nice!(23)  コメント(2) 
共通テーマ:アート

●「教養主義」とフェデリコ・フェリーニ。 [「言葉」による革命]

●「教養主義」とフェデリコ・フェリーニ。

末尾ルコ「映画と教養の話題で、知性と感性を鍛えるレッスン」

ある若い女が、「それって、教養主義のような感じで」と言った。
ニュアンスはとても否定的だった。
医学部在学中の女だった。
(分かってないな)と思ったが、その場では言わなかった。

「教養」に「主義」を付けると確かにいかにも古臭い権威主義の匂いがするし、そもそも「教養」という言葉自体受け付けない日本人が多くなっているだろう。
しかし言うまでもなく、「教養のない人間が多数を占める社会や国」は早晩滅びていくはずだ。

例えば映画の世界、70~80年代前半くらいまでは、「この監督たちの名前は知っておかねば」という人たちがいた。

ルキノ・ヴィスコンティ、フェデリコ・フェリーニ、ジャン・リュック・ゴダール、イングマル・ベルイマンらである。
今は?
いないよね、こういう監督たち。


nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

極限の愛、日常の愛、その言葉 2017年6月29日 [愛の景色]

とは言え、わたしは「自分の言葉」を裏切るような真似はしない。してはならない。

nice!(7) 
共通テーマ:アート

●山田姉妹へのメッセージ「紀声会」 [「言葉」による革命]

●山田姉妹へのメッセージ「紀声会」

末尾ルコ「音楽の話題で、知性と感性を鍛えるレッスン」

(山田姉妹は7月11日、紀声会のコンサートに出演します)

2段目中央付近にミューズのお二人を発見♪新しいアリアなどをご披露されるのですね。わたしはまず、9月の高知公演でお二人のステージを初めて体験する予定ですが、それを皮切りに、紀声会を含め、いろんな場所のステージに足を運べるよう頑張っております!カレー、作り過ぎちゃった(笑)。RUKO
・・・・・・

3月7日、山田姉妹ニューアルバム(セカンド)
『ふたつでひとつ〜心を繋ぐ、歌を継ぐ』絶賛発売中!!!

山田姉妹の公式ブログ
https://ameblo.jp/karei1224/
山田姉妹の公式ツイッター
https://twitter.com/karei1224

山田姉妹『ふたつでひとつ ~心を繋ぐ、歌を継ぐ』インタビュー
http://www.billboard-japan.com/special/detail/2265

9月9日、山田姉妹高知公演、音楽を愛する方であれば、絶対です!

ポピュラーソングコンサート山田姉妹<よみがえる、青春のメロディー>

http://kkb-hall.jp/event/event_detail.cgi?event_id=271


高知公演だけでなく、山田姉妹のあらゆる公演、あらゆる活動を徹底的に応援します!

http://t.pia.jp/pia/artist/artists.do?artistsCd=D5210002

nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

●「ジャニーズ」ニュースキャスターも普通の「超常現象なし崩し」国家日本の縮図がプロレス史に垣間見える・・・気がする。 [「言葉」による革命]

●「ジャニーズ」ニュースキャスターも普通の「超常現象なし崩し」国家日本の縮図がプロレス史に垣間見える・・・気がする。

末尾ルコ「プロレスと社会批判の話題で、知性と感性を鍛えるレッスン」

ジャニーズのタレントが(一応)ニュース番組で「キャスター」や「コメンテーター」をやったりという超常現象が起こるのが日本だが、「世界で他にそんな国はない」なんて言うと今日びすぐに、「日本だけでよけりゃ、それでいいじゃないか」とか反発する人が多いのが困りものだ。
「世界で日本だけ」で「いいもの」もあるけれど、「アイドル歌手がニュースへ出てしたり顔で無意味な言語を発生する」ことが「いいこと」とは普通は思わないだろう。
こうした状況が現在なぜ起こっているかと言えば、テレビ局側の「ニュースだけやってても視聴率取れないモン、視聴率取れなかったらお金も受からないんだモン」という事情以外の何物でもなく、それに加えて芸能事務所の皮算用や視聴者のレベルなどが絡み合っているものである。
こうして「金儲け」を至上命題として何もかもがなし崩しになっているのが現代日本というわけだが、おっと、プロレス界はその先駆的業界じゃないか。
現在までに至るプロレス史の流れには多くの岐路があったけれど、大仁田厚のFMWが「有刺鉄線に生身で人間が突っ込む姿」を見ることに価値観を見出したファンを生み出したことはとてつもなく大きかった。
わたしはいまだに「あのテのプロレス」に関心を持てないが、大仁田厚の成功によって、(別に従来のプロレスをする必要ないじゃん)(別に体でかくなくても、強くなくても、お客が来る企画さえやれば誰だってプロレスラーじゃん)と意識を生み出し、それが現在に至る意味不明のインディ「プロレス」乱立という超常現象を育んできたと、大雑把に振り返れば、この認識で間違いないところだろう。
そう考えれば、野球やサッカーであぶれた選手たちが、「有刺鉄線野球」とか「電流炸裂地雷大爆発サッカー」とかをやらないのも大人し過ぎる・・・ような気もする。
いや、やはりプロレスラーという人たちは特殊な感覚を持った人たちが多いのか。

しかし思うに、確かに「既成のものを打ち破っていく」動きというものはどんな時代でも重要なのだけれど、現在の日本のようにその動きのほとんどが、「金儲け」を原動力としていて、「金儲け」を達成した人間に対する批判は滅多になされず、ただひたすら各分野で「なし崩し」が続いている状態はいずれ破綻するのではないか。

と、今夜はやや抽象的な話にもなったが、この件はとても重要だ、しっかり追及し続けよう。

nice!(22)  コメント(1) 
共通テーマ:アート

●〈「言葉」による革命〉・・・・「戦いの最前線」は、「家庭」・「カフェ」、そして「あなた」~「精神」と何か?「精神論」とは、そして「精神性」とは何か?2018年6月28日 [「言葉」による革命]

※2018年7月30日配信予定 末尾ルコ メルマガ(有料)より抜粋。

●〈「言葉」による革命〉・・・・「戦いの最前線」は、「家庭」・「カフェ」、そして「あなた」~「精神」と何か?「精神論」とは、そして「精神性」とは何か?

今回から、「魂」「心」「精神」、そして「霊」などという「言葉」に関してもっと整理し、〈「言葉」による革命〉なりの解釈もお話していきましょう。

まずはじめにどうしても頭に留めていただきたいことですが、これは「言葉尻」を弄ぶ「言葉遊び」ではありません。
必ず、「言葉の奥の真」を意識しながらお読みくださるようにお願いします。

まず「精神」です。

「精神論」という言葉があります。
この言葉は多く、否定的に使われます。
「そんなこと、精神論に過ぎない」なんていいますね。
つまり、「人間、やればできる」とか、意味不明で紋切り型の叱咤激励などがそう呼ばれますね。
ただ、「精神論」に盲従してはいけないけれど、100%否定するのもいただけません。
その理由は後にお話します。

(続きは、有料メルマガでお願いします)

nice!(9) 
共通テーマ:アート

極限の愛、日常の愛、その言葉 2017年6月28日 [愛の景色]

「わたしが全部悪いの!」なんて言う女は内心まったくそんなこと思ってない場合が多いけれど、わたしは男だが、今回のことはあなたに何の非もないと分かっているよ。

nice!(6) 
共通テーマ:アート