So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

●2018年春、「大谷報道」が「異常」だったことは、しっかり記憶されるべきです。 [「言葉」による革命]

●2018年春、「大谷報道」が「異常」だったことは、しっかり記憶されるべきです。

末尾ルコ「メディア批判で、知性と感性を鍛えるレッスン」

MLBエンゼルスはこの8日(日本時間9日)、大谷翔平投手が右肘内側側副靱帯を損傷し、故障者リスト入りしたことを発表しました。
さもありなんというところでしょうか。
わたしは大谷翔平という野球選手自体はどちらかといえば好きなのですが、この春の日本の大谷報道はいかにも「異常」でした。
その点は、理性ある人はよく記憶し、もうテレビメディアに改善を求めても無駄だろうけれど、少なくとも「異常は異常である」と認識できる人を増やしていかねばなりません。

nice!(15)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

極限の愛、日常の愛、その言葉 2017年6月12日 [愛の景色]

ピカソの値段について
あなたの表情は
グッと生き生きする

nice!(9) 
共通テーマ:アート

●山田姉妹へのメッセージ「アウトリーチコンサート」 [「言葉」による革命]

●山田姉妹へのメッセージ「アウトリーチコンサート」

末尾ルコ「音楽の話題で、知性と感性を鍛えるレッスン」

(山田姉妹は6月9日の佐賀でのコンサートの前日、2つの小学校でアウトリーチコンサートを行いました。素晴らしい取り組みです!)

素晴らしいですね!つい想像してしまいます。もしわたしが小学生の頃にお二人のご歌唱を生で聴かせていただいていたら、どれだけの宝物が心の中に生まれているだろうかと。子ども時代に「真の美」に接することがいかに重要か・・・。今日、生徒さんたちがお聴きになったお二人の芸術は、彼らが成長する過程で必ず「心の中の宝物」として数えきれないほどの大いなる役割を果たすはずです。そしてもう一つわたしの正直な気持ちを書かせていただくと…生徒さんたちが羨ましい!!明日も至上の芸術の時間を観客の皆様たちと!それと、雨にはお気をつけくださいませね。RUKO

・・・・・・

3月7日、山田姉妹ニューアルバム(セカンド)
『ふたつでひとつ〜心を繋ぐ、歌を継ぐ』絶賛発売中!!!

山田姉妹の公式ブログ
https://ameblo.jp/karei1224/
山田姉妹の公式ツイッター
https://twitter.com/karei1224

山田姉妹『ふたつでひとつ ~心を繋ぐ、歌を継ぐ』インタビュー
http://www.billboard-japan.com/special/detail/2265

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


「言葉」に関するあらゆることは、下記へご打診ください。 sueoruko?mail.goo.ne.jp (?を半角のアットマークに変えてください)

nice!(11)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

●末尾ルコ「平成史」~2007年と2017年の日本音楽界比較、これだけの変化があった。 [「言葉」による革命]

●末尾ルコ「平成史」~2007年と2017年の日本音楽界比較、これだけの変化があった。

末尾ルコ「平成史と音楽の話題で、知性と感性を鍛えるレッスン」

2017年は平成29年である。
その1月、いきものがかりが音楽活動停止を発表したことを、何時のだったか記憶は定かではないが、NHKニュースはトップで伝えた。
(へえ~、いきものがかりが音楽活動を停止することがそんな重大ニュースなのか?)と平和裏に感じたというのは嘘であり、(世界で、そして日本国内だけでもいくらでも大事なニュースはあるというのに、「いきものがかり音楽活動停止」がトップニュースだと!?)と、別にいきものがかりが悪いわけではなく、いくら何でも報道の優先順位があまりと言えば、あんまりだろうというわけだ。

ではレコチョクによる2017年の音楽配信楽曲別年間トップ10を見てみよう。

1 星野源「恋」
2 Mr.Children 「HANABI」
3 back number「ハッピーエンド」
4 RADWIMPS 「前前前世 (movie ver.)」
5 倉木麻衣「渡月橋 ?君 想ふ?」
6 WANIMA 「やってみよう」
7 DAOKO×米津玄師 「打上花火」
8シェネル「Destiny」
9 Doughnuts Hole 「おとなの掟」
10 Beverly 「I need your love」

へ~~。

それではオリコンによるアルバムトップ20は?

1 安室奈美恵 『Finally』
2 SMAP『SMAP 25 YEARS』
3 嵐 『「untitled」』
4 AKB48 『サムネイル』
5 back number 『アンコール』
6三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBE 『THE JSB WORLD』
7 乃木坂46 『生まれてから初めて見た夢』
8 関ジャニ∞『ジャム』
9 欅坂46 『真っ白なものは汚したくなる』
10 Hey! Say! JUMP 『Hey! Say! JUMP 2007-2017 I/O』
11 ONE OK ROCK 『Ambitions』
12 ゆず『YUZU 20th Anniversary ALL TIME BEST ALBUM ゆずイロハ 1997-2017』
13 桑田佳祐『がらくた』
14 スピッツ『CYCLE HIT 1991-2017 Spitz Complete Single Collection -30th Anniversary BOX-』
15 TWICE『#TWICE』
16 Kis-My-Ft2 『MUSIC COLOSSEUM』
17 米津玄師『 BOOTLEG』
18 B'z 『DINOSAUR』
19 NMB48 『難波愛?今、思うこと?』
20 Hi-STANDARD 『THE GIFT』

ほ~~~。
ほえほえほえほえ(←デカパン風に)。

ふ~む(笑)、ではその10前、2001年はどうか?
オリコンによるシングル&アルバムトップ10は次のようになっている。

・シングル

1 秋川雅史「千の風になって」
2 宇多田ヒカル「Flavor Of Life」
3 コブクロ「蕾(つぼみ)」
4 嵐「Love so sweet」
5 KAT-TUN「Keep the faith」
6 KAT-TUN「喜びの歌」
7 桑田佳祐「明日晴れるかな」
8 Mr.Children「旅立ちの唄」
9 関ジャニ∞「関風ファイティング」
10 NEWS「weeeek」
11 絢香×コブクロ「WINDING ROAD」
12 Mr.Children「フェイク」
13 NEWS「星をめざして」
14 Hey! Say! JUMP「Ultra Music Power」
15 嵐「Happiness」
16 BUMP OF CHICKEN「花の名」
17 EXILE「Lovers Again」
18 関ジャニ∞「ズッコケ男道」
19 B'z「SUPER LOVE SONG」
20 宇多田ヒカル「Beautiful World/Kiss & Cry」

・シングル

1 Mr.Children『HOME』
2 倖田來未『Black Cherry』
3 コブクロ『ALL SINGLES BEST』
4 アヴリル・ラヴィーン『ベスト・ダム・シング』
5 浜崎あゆみ『A BEST 2 -WHITE-』
6 大塚愛『愛 am BEST』
7 浜崎あゆみ『A BEST 2 -BLACK-』
8 ケツメイシ『ケツノポリス5』
9 YUI『CAN'T BUY MY LOVE』
10 スキマスイッチ『グレイテスト・ヒッツ』
11 EXILE『EXILE EVOLUTION』
12 Various Artists『R[ハート]35 Sweet J-Ballads』
13 德永英明『VOCALIST 3』
14 伊藤由奈『HEART』
15 安室奈美恵『PLAY』
16 Mr.Children『B-SIDE』
17 GReeeeN『あっ、ども。はじめまして。』
18 KinKi Kids『39』
19 ZARD『Golden Best ?15th Anniversary?』
20 竹内まりや『Denim』

10年の間にかなり様変わりしているのがよく分かる。
「千の風になって」って、わたしの中では少なくとも20年以上は前にヒットした印象だったが、これって10年前なのね。
何やらすごく古~ション(←「いにしえ~しょん」と読みましょう。
まだAKB関係が見当たらないが、2008年あたりからメジャー化し始めたのだという。

2007年からの10年でさえ、日本は大きく変わった。


nice!(26)  コメント(1) 
共通テーマ:アート