So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

●山田姉妹へのメッセージ「秋」 [「言葉」による革命]

●山田姉妹へのメッセージ「秋」

末尾ルコ「音楽の話題で、知性と感性を鍛えるレッスン」

(山田姉妹は10月3日の『人生、歌がある』へ出演しました)


『人生、歌がある』はもちろん、アクオスちゃんが(早く録画したいよお!)とずっと前から待ち受けております。今月はキャンペーンも含めて本当にお忙しいですね。
ご体調などくれぐれもお気をつけくださいませね。
けれどこの秋、お二人の「真の美」がどんどん広がっていく予感が強くしております。RUKO





・・・・・・

山田姉妹『故郷 〜日本の愛唱歌Ⅰ』2018年9月26日(水)発売!


山田姉妹『ふたつでひとつ〜心を繋ぐ、歌を継ぐ』絶賛発売中!!!

山田姉妹の公式ブログ
https://ameblo.jp/karei1224/
山田姉妹の公式ツイッター
https://twitter.com/karei1224

山田姉妹『ふたつでひとつ ~心を繋ぐ、歌を継ぐ』インタビュー
http://www.billboard-japan.com/special/detail/2265

山田姉妹のあらゆる公演、あらゆる活動を徹底的に応援します!

http://t.pia.jp/pia/artist/artists.do?artistsCd=D5210002


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


「言葉」に関するあらゆることは、下記へご打診ください。 sueoruko?mail.goo.ne.jp (?を半角のアットマークに変えてください)

革命・芸術 末尾ルコ

▲原稿ご依頼受付中 つまらないライターばかりに書かせていては、あなたのメディアは結果的に社会を害していることになります。わたしにご依頼ください。一緒に社会をよき方向へ進めましょう。
▲〈「言葉」による革命〉に関する多様なレッスン、受付中。あなたも「言葉の戦士」として生き抜いてください。
直接レッスンは、現在は高知市のみ。
有料メルマガで格安にレッスン可能です。ぜひ登録を!

少しでもご興味を持ってくだされば、気軽にご連絡ください。  末尾ルコ

nice!(14)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

極限の愛、日常の愛、その言葉 2017年10月9日 [愛の景色]

その月がオスカー・ワイルド的だったか
それはまた別のお話

nice!(9) 
共通テーマ:アート

●山田姉妹へのメッセージ「半月からも」 [「言葉」による革命]

●山田姉妹へのメッセージ「半月からも」

末尾ルコ「音楽の話題で、知性と感性を鍛えるレッスン」

ラジオはいいですね。AMの音質もまた味があるし、FMはFMで音質がいいようで、不安定なところもあるし。不安定さが人生の味わいだとも言えますし、まあそれはラジオに限らないのですが、音楽は様々なメディアを通してわたしたちに伝えられるところが神秘です。そう言えば、昨夜の半月からもお二人のお声が・・・。RUKO

・・・・・・

山田姉妹『故郷 〜日本の愛唱歌Ⅰ』2018年9月26日(水)発売!


山田姉妹『ふたつでひとつ〜心を繋ぐ、歌を継ぐ』絶賛発売中!!!

山田姉妹の公式ブログ
https://ameblo.jp/karei1224/
山田姉妹の公式ツイッター
https://twitter.com/karei1224

山田姉妹『ふたつでひとつ ~心を繋ぐ、歌を継ぐ』インタビュー
http://www.billboard-japan.com/special/detail/2265

山田姉妹のあらゆる公演、あらゆる活動を徹底的に応援します!

http://t.pia.jp/pia/artist/artists.do?artistsCd=D5210002


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


「言葉」に関するあらゆることは、下記へご打診ください。 sueoruko?mail.goo.ne.jp (?を半角のアットマークに変えてください)

革命・芸術 末尾ルコ

▲原稿ご依頼受付中 つまらないライターばかりに書かせていては、あなたのメディアは結果的に社会を害していることになります。わたしにご依頼ください。一緒に社会をよき方向へ進めましょう。
▲〈「言葉」による革命〉に関する多様なレッスン、受付中。あなたも「言葉の戦士」として生き抜いてください。
直接レッスンは、現在は高知市のみ。
有料メルマガで格安にレッスン可能です。ぜひ登録を!

少しでもご興味を持ってくだされば、気軽にご連絡ください。  末尾ルコ

nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

●ついに『男はつらいよ』第1作鑑賞!寅次郎とさくら禁断の恋?倍賞千恵子とロミー・シュナイダーの共通点~4人体制で高度な洗練へと昇り詰めていく、ROCK IN JAPANのももいろクローバーZ。 [「言葉」による革命]

●ついに『男はつらいよ』第1作鑑賞!寅次郎とさくら禁断の恋?倍賞千恵子とロミー・シュナイダーの共通点~4人体制で高度な洗練へと昇り詰めていく、ROCK IN JAPANのももいろクローバーZ。

末尾ルコ「映画と音楽の話題で、知性と感性を鍛えるレッスン」

映画『男はつらいよ』全作品がこの10月からBSテレビ東京で順次放送される。
長きに渡って多くの日本人に愛されてきた、そして今後も長きに渡って愛されていく『男はつらいよ』である。
その第1作をわたしはまだ観てなかった。
そもそもわたしは不届きにも渥美清健在の時期にこのシリーズのために一度も映画館へ足を運んだことがなかったのだ。

渥美清の生涯は、1928年(昭和3年)~ 1996年(平成8年)であり、『男はつらいよ』第1作は1969年公開、渥美清最後の出演となった『男はつらいよ 寅次郎紅の花』は1995年の公開だ。

『男はつらいよ』シリーズの価値が分かり始めてからまださほどの期間が経ってないわたしにとって、その第1作を鑑賞するという行為はまるで神話の世界に分け入るような感覚だった。
そして存分の満足は得られたのである。

まず車寅次郎(渥美清)が晩年の作品と比べるとずっとピカレスクな雰囲気を発散しているのがいい。
久しぶりに故郷へ戻ってきたのだが、隙あらば「おばちゃん」や近所の婦人方に怪しげな健康器具を売り始めるし、妹さくら(倍賞千恵子)の縁談の席(フレンチスタイル 笑)に同行して下ネタ(エロではなく、「便」方面)を連発、さらにこうした席であまり触れるに相応しくない(とされている)やや込み入った生い立ちの話も声高に展開する。
当然縁談は失敗するのだが、このフレンチスタイルの縁談の場でナイフ・フォークを使い慣れない寅さんが手元を狂わせて食べ物をぴゅーんと近くの人に飛ばしてしまうなど古典的とも言えるギャグが嬉しい。
フォーマルなレストランに慣れてない主人公が食べ物をぴゅーんと飛ばしてしまうシーンは『プリティウーマン』のジュリア・ロバーツもやってましたな。
寅次郎の態度に白け切る堅苦しいおじさま、おばさまの中で一人だけ端っこに座っている若い女性にウケていて、その人が少し気になったのだが、こんなちょっとした味付けがおもしろい。
そしてわたしが最も注目したのが、「寅次郎とさくらの禁断の恋心」なのだけれど、「そう」思ってみたら、完全に「そう」としか思えないのがまた愉しい。
子どもの頃に分かれたままだったさくらの成長した姿を初めて見た時の寅次郎の表情、わざわざ縁談の席に同行し、結果的にぶち壊しにするその所業。
何と言っても、若き日の倍賞千恵子が魅力的なものだから(今ももちろん魅力的ですが)、「禁断の恋心」の説得力が増すのである。
そして前々から感じていたのだけれど、若き日の倍賞千恵子、若き日のロミー・シュナイダーにかなり似ているのである。
さすがに欧州史上最高の女優とも目されるロミー・シュナイダーに「匹敵する」とまでは言わないけれど、我が国の大女優との共通点は嬉しい。

・・・

WOWOWで放送したROCK IN JAPANのももいろクローバーZを観たけれど、肩の力の抜けたステージは圧倒的だった。
あれだけの大観衆の前で硬軟自在のパフォーマンスを展開できるのは、初期の道端でのライブから、国立競技場、日産スタジアムなど大規模ライブまで修羅場をくぐりながら昇り詰めたももクロならではの貫禄だ。
そして4人体制になった今、ちょっとした動きにも高度な洗練が生まれている。

次の動画はまだ有安杏果在籍中の5人体制の時期だけれど、既にいろんな意味で「凄いパフォーマンス」の域に達している。

「ももクロ夏のバカ騒ぎ2017 overture~BLAST!」(https://www.youtube.com/watch?v=vUfiXu_7Rm8

nice!(26)  コメント(1) 
共通テーマ:アート