So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
2018年10月| 2018年11月 |- ブログトップ
前の10件 | -

●やはり禁断の兄妹愛の物語か~あまりに麗しい寅次郎とさくらの愛のシーン『男はつらいよ 純情編』 [「言葉」による革命]

●やはり禁断の兄妹愛の物語か~あまりに麗しい寅次郎とさくらの愛のシーン『男はつらいよ 純情編』

末尾ルコ「映画の話題で知性と感性を鍛えるレッスン」

それにしても『男はつらいよ 純情篇』。
結局は、車寅次郎(渥美清)と妹さくら(倍賞千恵子)の、禁断の愛の物語以外の何物でもなかったのではないか。
確かに日本映画史上屈指の大女優若尾文子がマドンナである。
そして寅次郎は当然ながら、若尾文子に恋をする。
全盛期を過ぎているとは言え、若尾文子はやはり特別な美しさである。
しかし、寅次郎とさくらのシーンは、あまりに他のシーンと異なっている。
山田洋次監督の『男はつらいよ』だ。
当然ながら、すべてのシーンは入念に作り込まれている。
その前提で観ても、寅次郎とさくらが二人でいるシーンは撮り方も演技も、すべてが恋愛シーンのパターンとなっている。
例えば寅次郎の部屋に下宿している若尾文子が風呂を使う。
風呂場は寅次郎とおいちゃん(森川信)が団らんの場で炬燵へ足を入れている。
風呂場はそこから目に見える場所にある。
しかも脱衣室はガラス戸である。
もちろん若尾文子の脱衣シーンがあからさまに見えるわけではないが、こうしたシンプルにしてニクいエロティシズムが山田洋次一流のものであるとも言える。
そして、古くからの『男はつらいよ』ファンの間では有名なやり取りらしいが、寅次郎がおいちゃんに、「今、何考えているんだ」と尋ね、おいちゃんは「お前と同じことよ」と答える。
おいちゃんも浴場の若尾文子に対して欲情(笑)していると早とちりした寅次郎は理不尽にも憤慨し、激しい口論を始める。
そのときカメラは、二人の口論をやや遠景に置き、画面の向かって右側に大きくさくらの表情を捉える。
さくらの表情は憂鬱さと怒りが静かに合わさったように見えるが、すぐに「お兄ちゃんはやっぱり帰ってこない方がよかった」と言いながら外へ出ていく。
すぐに追いかける寅次郎。
二人は道々並んで、口論とも痴話げんかとも十分に解釈できる会話を交わしながら歩く。
それは突然現れた美女に心を奪われた(ように見える)寅次郎の言動にさくらが焼きもちをやいている姿にしか見えない。
このシーンも含め、さくらは寅次郎と二人でいる時だけ、本当に生き生きとした表情を見せる。
まるでさくらにとって夫を含め、寅次郎以外の人たちと過ごす時間のすべてが気怠い日常で、寅次郎相手にだけは心が底まで解放される・・・そんな感じなのだ。

『男はつらいよ 純情篇』の目玉は何と言ってもラストシーンだ。
予定通り(?)若尾文子に振られた寅次郎はまた旅立つが、さくらと二人で駅のベンチに座っている。
その時の高級感と緊迫感に溢れた撮り方は、渥美清が高倉健に代わってもおかしくない、つまり「男と女の情愛」を描いているとしか思えない。
そして寅次郎は列車に乗る。
見送るさくら。
寅次郎が何か言うが、ドアが閉まって聴こえない。
列車が走り出す。
さくらは小走りに列車を追う、プラットフォームの端まで走り、寅次郎を送る・

キャサリン・ヘップバーンの『旅情』を例に挙げるまでもなく、「駅のシーン」は幾多の恋愛映画で繰り返されてきた。

nice!(14)  コメント(1) 

●ポップグループ「Forces of oppression」 [「言葉」による革命]

●ポップグループ「Forces of oppression」

末尾ルコ「音楽の話題で、知性と感性を鍛えるレッスン」

やはり、いい!

Pop Group - Forces of oppression(https://www.youtube.com/watch?v=Txzmbu6o-gg

nice!(14)  コメント(0) 

●山田姉妹へのメッセージ「4時からラジオ」 [「言葉」による革命]

●山田姉妹へのメッセージ「4時からラジオ」

末尾ルコ「音楽の話題で、知性と感性を鍛えるレッスン」

(11月15日、山田姉妹は早朝からラジオご出演でした)

よ、よ、よ、よ、よ、4時から!今現在3時過ぎなのでもうすぐなのですが、高知では4時からこの番組を聴くことはできませんので、ひとまずもうすぐ就寝させていただきます(笑)。こちらもかなり寒くなってきましたので、お風邪など召されないようにお気をつけくださいませね。RUKO

・・・・・・

山田姉妹『故郷 〜日本の愛唱歌Ⅰ』絶賛発売中!


山田姉妹『ふたつでひとつ〜心を繋ぐ、歌を継ぐ』絶賛発売中!!!

山田姉妹の公式ブログ
https://ameblo.jp/karei1224/
山田姉妹の公式ツイッター
https://twitter.com/karei1224

山田姉妹『ふたつでひとつ ~心を繋ぐ、歌を継ぐ』インタビュー
http://www.billboard-japan.com/special/detail/2265

山田姉妹のあらゆる公演、あらゆる活動を徹底的に応援します!

http://t.pia.jp/pia/artist/artists.do?artistsCd=D5210002


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「言葉」に関するあらゆることは、下記へご打診ください。 sueoruko?mail.goo.ne.jp (?を半角のアットマークに変えてください)

革命・芸術 末尾ルコ

▲原稿ご依頼受付中 つまらないライターばかりに書かせていては、あなたのメディアは結果的に社会を害していることになります。わたしにご依頼ください。一緒に社会をよき方向へ進めましょう。
▲〈「言葉」による革命〉に関する多様なレッスン、受付中。あなたも「言葉の戦士」として生き抜いてください。
直接レッスンは、現在は高知市のみ。
有料メルマガで格安にレッスン可能です。ぜひ、ご登録を!

少しでもご興味を持ってくだされば、気軽にご連絡ください。  末尾ルコ


nice!(10)  コメント(0) 

RIZIN榊原氏、那須川天心、「エキシビション=余興」で「KO狙う」って [「言葉」による革命]

ジョコビッチ、ATPファイナル決勝進出。この状態が続けば、2019年はほとんどの大会で彼が優勝する可能性も。
RIZIN榊原氏、那須川天心、「エキシビション=余興」で「KO狙う」って、昭和のプロレスラーには程遠いお芝居ですね
nice!(12)  コメント(0) 

●市川由紀乃が2018年『紅白歌合戦』の選に漏れた理不尽~それ以前に、『紅白』とか『大河』の価値とは? [「言葉」による革命]

●市川由紀乃が2018年『紅白歌合戦』の選に漏れた理不尽~それ以前に、『紅白』とか『大河』の価値とは?

末尾ルコ「音楽の話題で、知性と感性を鍛えるレッスン」

2018年『紅白歌合戦』の出場者が発表され、それは下記のメンバーであって、()内は出場回数であるけれど、まあこの発表に関してわたしが言うべきことは特にない。

〇紅組
aiko(13)
あいみょん(初)
いきものがかり(10)
石川さゆり(41)
AKB48(11)
丘みどり(2)
欅坂46(3)
坂本冬美(30)
島津亜矢(5)
Superfly(3)
DAOKO (初)
天童よしみ(23)
TWICE(2)
西野カナ(9)
乃木坂46(4)
Perfume(11)
松田聖子(22)
松任谷由実(3)
MISIA(3)
水森かおり(16)
Little Glee Monster(2)

〇白組
嵐(10)
五木ひろし(48)
EXILE(12)
関ジャニ∞(7)
King & Prince(初)
郷ひろみ(31)
Suchmos(初)
三代目 J Soul Brothers(7)
純烈(初)
SEKAI NO OWARI(5)
Sexy Zone(6)
DA PUMP(6)
氷川きよし(19)
福山雅治(11)
Hey! Say! JUMP(2)
星野源(4)
三浦大知(2)
三山ひろし(4)
山内惠介(4)
ゆず(9)
YOSHIKI feat. HYDE(初)

〇特別企画
椎名林檎(6)と宮本浩次(初)

もともとわたし自身は『紅白歌合戦』に何ら価値を感じておらず、子どもの頃からまともに観たことなかったのがこの2~3年ちょっと観ているのは、一つには母が歌番組を好きなこと、そして2017年の丘みどりから始まって、演歌のおもしろさに目覚めたことと、これまた2017年に衝撃的な山田姉妹と出会い、彼女たちも『紅白』出場を大目標としていることを知り、(ならば熱烈なファンとして応援しなければ)という気持ちなのである。

ただ本当は、

・『紅白歌合戦』や『大河』『朝ドラ』の世間的価値はもっと落ちていただきたい

というのがわたしの正直な気持ちであり、山田姉妹をはじめ、わたしが愛する歌い手たちには、『紅白』などに一喜一憂してほしくないのであるけれど。
まあそうしたわたしの持論は今後もいろんな形でお話していくけれど、今回、2018年2017年は出場していて、2018年『紅白』の選に漏れた歌手たちが次のようになっている。

〇紅組

AI、E girls、市川由紀乃、倉木麻衣、SHISHAMO、高橋真梨子、松たか子

〇白組

X JAPAN、エレファントカシマシ、竹原ピストル、トータス松本、TOKIO、平井堅、福田こうへい、WANIMA

何とも気に食わないのは、市川由紀乃が選に漏れていることで、ぶっちゃけ、多くのバンド系の人たちにとっては『紅白』出場はご愛敬くらいのものであるのだろうけれど、演歌系の歌手たちにとっては非常にシリアスな問題であり続けているのは間違いない。
で、現在、大御所は別として、女性演歌歌手の中では圧倒的な歌唱力を持ち、NHKの歌番組にもしょっちゅう出演し、スター性も十分の市川由紀乃が、2年連続出場の後、早くも選に漏れている理由が分からない。
もちろん『紅白』出場当否について、正当な理由など求めても詮無いことだけれど、長い長い下積み時代を経て、3年ほど前からようやく大輪の花を咲かせている市川由紀乃に対して、「落選」はないだろうと思うのだ。

ところで(出場か?)と取り沙汰されていた米津玄師やBABYMETALの名もないけれど、オファーされたけれど固辞しているのであれば、正しい選択だと思う。
米津玄師についてはまだ、「サプライズ出場も」という報道もあるけれど、そういうの止めてほしいよね。


あ、ちなみにわたしは原則、歌手、ミュージシャンらに「アーティスト」という言葉は使わないようにしている。

nice!(17)  コメント(2) 

●山田姉妹へのメッセージ「『広報ずし』」 [「言葉」による革命]

●山田姉妹へのメッセージ「『広報ずし』」

末尾ルコ「音楽の話題で、知性と感性を鍛えるレッスン」

『広報寿司』、じゃなくて、『広報ずし』、拝見しましたです。
高知にいながら、逗子市の広報誌が拝読できるとは、ネット時代の恩恵です。
インタヴューも拝読させていただきました。
とても素敵です。
もっともっと逗子市を知りたくなりましたよ。

『サンタクロースの贈り物Ⅴ』、楽しいコンサートになりそうですね。
お近くの方が羨ましい~~~!
と、羨ましがってばかりではいけませんので、あらゆる地域で催されるお二人のステージに極力を運べるようになるべく邁進いたしております。

麗様、レコーディングの時はラジオの時とは違ったお召し物で、ス・テ・キ♪
そしてレコーディングスタジオが、アンティーくっぽいのもいいですね。

では本日も、素敵な一日を!RUKO

・・・・・・

山田姉妹『故郷 〜日本の愛唱歌Ⅰ』絶賛発売中!


山田姉妹『ふたつでひとつ〜心を繋ぐ、歌を継ぐ』絶賛発売中!!!

山田姉妹の公式ブログ
https://ameblo.jp/karei1224/
山田姉妹の公式ツイッター
https://twitter.com/karei1224

山田姉妹『ふたつでひとつ ~心を繋ぐ、歌を継ぐ』インタビュー
http://www.billboard-japan.com/special/detail/2265

山田姉妹のあらゆる公演、あらゆる活動を徹底的に応援します!

http://t.pia.jp/pia/artist/artists.do?artistsCd=D5210002


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「言葉」に関するあらゆることは、下記へご打診ください。 sueoruko?mail.goo.ne.jp (?を半角のアットマークに変えてください)

革命・芸術 末尾ルコ

▲原稿ご依頼受付中 つまらないライターばかりに書かせていては、あなたのメディアは結果的に社会を害していることになります。わたしにご依頼ください。一緒に社会をよき方向へ進めましょう。
▲〈「言葉」による革命〉に関する多様なレッスン、受付中。あなたも「言葉の戦士」として生き抜いてください。
直接レッスンは、現在は高知市のみ。
有料メルマガで格安にレッスン可能です。ぜひ、ご登録を!

少しでもご興味を持ってくだされば、気軽にご連絡ください。  末尾ルコ

nice!(9)  コメント(0) 

極限の愛、日常の愛、その言葉 2018年11月17日 [愛の景色]

音は忍び込む
音は存在しなくても
響くことができる

nice!(12) 

●山田姉妹へのメッセージ「王冠とポートレイト」 [「言葉」による革命]

●山田姉妹へのメッセージ「王冠とポートレイト」

末尾ルコ「音楽の話題で、知性と感性を鍛えるレッスン」

(11月14日のメッセージです)

お疲れ様でございました!この方が森川いつみさんなのですね。とても包容力のありそうなご雰囲気。そしてまた、お二人のシックな秋の装いにもくぎ付けです。華様の背後に掛かっている絵の効果で、まるでカラフルな王冠を戴いているよう。麗様は白い壁を背後に、瀟洒なポートレイトのよう。RUKO

・・・・・・

山田姉妹『故郷 〜日本の愛唱歌Ⅰ』絶賛発売中!


山田姉妹『ふたつでひとつ〜心を繋ぐ、歌を継ぐ』絶賛発売中!!!

山田姉妹の公式ブログ
https://ameblo.jp/karei1224/
山田姉妹の公式ツイッター
https://twitter.com/karei1224

山田姉妹『ふたつでひとつ ~心を繋ぐ、歌を継ぐ』インタビュー
http://www.billboard-japan.com/special/detail/2265

山田姉妹のあらゆる公演、あらゆる活動を徹底的に応援します!

http://t.pia.jp/pia/artist/artists.do?artistsCd=D5210002


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「言葉」に関するあらゆることは、下記へご打診ください。 sueoruko?mail.goo.ne.jp (?を半角のアットマークに変えてください)

革命・芸術 末尾ルコ

▲原稿ご依頼受付中 つまらないライターばかりに書かせていては、あなたのメディアは結果的に社会を害していることになります。わたしにご依頼ください。一緒に社会をよき方向へ進めましょう。
▲〈「言葉」による革命〉に関する多様なレッスン、受付中。あなたも「言葉の戦士」として生き抜いてください。
直接レッスンは、現在は高知市のみ。
有料メルマガで格安にレッスン可能です。ぜひ、ご登録を!

少しでもご興味を持ってくだされば、気軽にご連絡ください。  末尾ルコ

nice!(11)  コメント(0) 

●メイウェザー、本当に大晦日RIZIN参戦か?いや、「参戦」ではなく、「エキシビション」という名の「余興」に参加か? [「言葉」による革命]

●メイウェザー、本当に大晦日RIZIN参戦か?いや、「参戦」ではなく、「エキシビション」という名の「余興」に参加か?

末尾ルコ「格闘技の話題で、知性と感性を鍛えるレッスン」


11月16日、金曜日のことである。
昼過ぎに、コーラスの練習のある母を『
ソーレ』へ、まあ高知の男女共同参画センターですな、車で送り、またしても延滞している図書館本を返却しようと『オーテピア』に寄ったら、何と休館日。
おいおい、『ひろめ市場』の駐車場へ置いて、『オーテピア』で1時間無料のハンコ押してもらうつもりだったのに、何の意味もない駐車代が300円になっちまったじゃねえか!
さあ、どうしてくれる『オーテピア』、わたしの失った時間と300円を!!
300円あれば豪華なカップ麺も買えようし、2円足せばスタバでショートのコーヒーも注文できる。
おれにとってこれはとてつもなく大きな300円なのだ。
え?休館日をチェックしてなかった自分が悪い?
まあ、そのような見方もできなくもないけれど。

かように300円で人生の泣き笑いを味わい続けるわたしであるが、16日はさらに不快なニュースがあっちゃいマックス(ももクロ あーりん風に)。
一度はRIZIN大晦日参戦を「完全否定」したフロイド・メイウェザーがまたしても前言を撤回したのである。
しかしその内容たるや、次の『COMPLEX』というサイトに当該記事が載っているが、肝心な部分は引用させていただこう。

https://www.complex.com/sports/2018/11/floyd-mayweather-tenshin-nasukawa-fight-back-on

He had previously said that his planned return to professional fighting, a match in Japan's Rizin Fighting Federation against Tenshin Nasukawa, was off. However, he told TMZ that the fight will go down, saying that "we're gonna make it happen."

Floyd would only do it if everyone agrees it's a boxing match and not a kickboxing bout.

"Rules? It's gonna be a little boxing exhibition. No kicking," Mayweather said. "I'm moving around with the guy for nine minutes, and of course it's gonna be the highest paid exhibition ever."

          (『COMPLEX』より)

平易過ぎる英語なので多くの方が理解可能だと思うけれど、つまりメイウェザーがRIZINで那須川天心とやるのは、

「キック無し、ボクシング的な3分3Rのスパーリング風余興」である。

しかもメイウェザーは、「9分間、天心の周囲を回るだけで、史上最も高額なエキシビション報酬(ギャラ)をいただく」と言っているのだ。

しかしぶっちゃけたお話、フロイド・メイウェザーが日本のリングに上がるのは、この程度の「余興」以外あり得ないだろう。
そんなこと、誰でも分かりそうなものだ。
それをRIZIN榊原氏はいきなり、「果し合い」だの「喧嘩」だの噓八百をのたまっていたから呆れてものが言えない。
しかしメイウェザーのこの調子では、大晦日までにまだ二転三転もあり得るけれど、わたしたちがやるべきことは、臍で茶を沸かすくらいしかないだろう。

かえすがえすも、メイウェザーRIZIN参戦を、アリVS猪木と比較してはならない。

それにしても、次の記事を読んでもまだ「試合」だと思ってるような国語力では、どんな仕事をやっても上手くいかないのではと心配に・・・ならないが。
  ↓
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181116-00393815-nksports-fight

ついでに言えば、「発表」の時の記者会見で、「喧嘩」だの「果し合い」など噓八百吹きまくったRIZIN榊原氏がどう言い繕おうとするか、フジテレビがこの「余興」をどう宣伝するか、見ものではある。
ま、「ホントにメイウェザーが来れば」のお話だが。

補足しておくと、

「キック無し、3分3Rのエキシビション」を、「3分3Rのボクシング」と勘違いしている人もいるようだけれど、ライセンスの問題でこの2人で「ボクシング」はできない。
だから、「3分3Rのボクシングスパーリング風余興」にならざるを得ない。
莫大な違約金条項を含む厳密な契約を交わしたと予想されるから、「ルール破りのキック」もあり得ない。
現段階の予想では、これ以外はあり得ないのである。

nice!(22)  コメント(2) 
前の10件 | -
2018年10月|2018年11月 |- ブログトップ