So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

●〈「言葉」による革命〉・・・・「戦いの最前線」は、「家庭」・「カフェ」、そして「あなた」~「普通の一日の普通の行い」に簡単に組み込める「あなたの向上訓練方法」。その2. [「言葉」による革命]

※2018年12月4日配信予定 末尾ルコ メルマガ(有料)より抜粋

●〈「言葉」による革命〉・・・・「戦いの最前線」は、「家庭」・「カフェ」、そして「あなた」~「普通の一日の普通の行い」に簡単に組み込める「あなたの向上訓練方法」。その2.

さて、あなたの「普段の日」はどんなですか?

絶対多数の人が「普段の日」にやっている行いは次のようなものですね。

1眠る・起床する
2食べる
3衣類を着る・脱ぐ
4排泄する

これらを纏めて、
「心身を動かす」と言ってもいいですが、より具体的にお話をすべきなので、取り合えず前記4項目に焦点を当てます。

どのようなことを始める時にも最も大切なのは「意識」です。
どのような「意識」を持って物事を始めるか、その意識をどのように持続・発展させるかによって、もし同じことを同じ時間やったとしても、結果がまったく異なってきます。
今回は「3衣類を着る・脱ぐ」から行きましょう。
このテーマは最近取り上げている「いかにして本当に素敵な装いが可能か」というテーマとも直接繋がっていますね。

(続きは、有料メルマガでお願いします)




nice!(12)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

●末尾ルコ「アジテーション」~何の優位を目指すべきか? [「言葉」による革命]

●末尾ルコ「アジテーション」~何の優位を目指すべきか?

小賢しく金儲けしているだけの連中にでかい顔をさせておいてはいけません。
精神の優位を!芸術の優位を!
そして、「人間性」の優位を!


・・・・・・

山田姉妹『故郷 〜日本の愛唱歌Ⅰ』絶賛発売中!


山田姉妹『ふたつでひとつ〜心を繋ぐ、歌を継ぐ』絶賛発売中!!!

山田姉妹の公式ブログ
https://ameblo.jp/karei1224/
山田姉妹の公式ツイッター
https://twitter.com/karei1224

山田姉妹『ふたつでひとつ ~心を繋ぐ、歌を継ぐ』インタビュー
http://www.billboard-japan.com/special/detail/2265

山田姉妹のあらゆる公演、あらゆる活動を徹底的に応援します!

http://t.pia.jp/pia/artist/artists.do?artistsCd=D5210002


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「言葉」に関するあらゆることは、下記へご打診ください。 sueoruko?mail.goo.ne.jp (?を半角のアットマークに変えてください)

革命・芸術 末尾ルコ

▲原稿ご依頼受付中 つまらないライターばかりに書かせていては、あなたのメディアは結果的に社会を害していることになります。わたしにご依頼ください。一緒に社会をよき方向へ進めましょう。
▲〈「言葉」による革命〉に関する多様なレッスン、受付中。あなたも「言葉の戦士」として生き抜いてください。
直接レッスンは、現在は高知市のみ。
有料メルマガで格安にレッスン可能です。ぜひ、ご登録を!

少しでもご興味を持ってくだされば、気軽にご連絡ください。  末尾ルコ

nice!(12)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

極限の愛、日常の愛、その言葉 2018年12月1日 [愛の景色]

「重い荷物」を愉しく支え、
運ぶための体力って
どんなものか知ってるかい?

nice!(9) 
共通テーマ:アート

●今、東宝期待の18歳、『君の膵臓を食べたい』の浜辺美波とディック・ザ・ブルーザーを同じ記事で語るのはわたしだけかもと自己満足に浸る夜があってもいいかも。 [「言葉」による革命]

●今、東宝期待の18歳、『君の膵臓を食べたい』の浜辺美波とディック・ザ・ブルーザーを同じ記事で語るのはわたしだけかもと自己満足に浸る夜があってもいいかも。

末尾ルコ「映画とプロレスの話題で、知性と感性を鍛えるレッスン」

『君の膵臓を食べたい』とか、「いかにも」なタイトルでしかも「絶対泣ける」とか喧伝されればそれだけで忌避するのがわたしの基本姿勢だが、主演女優が「浜辺美波」といって、東宝期待の新星であると後から知ったし。
12月にまたWOWOWで放送するから観ようかなっと。

浜辺美波は『第7回東宝シンデレラオーディション ニュージェネレーション賞(2011年)』という経歴を持っているが、現在18歳だというのにずいぶん前に受賞しているのですね。
う~ん、青田買い。
というわけで、次のリンクへ飛ぶと「浜辺美波」の2018年カレンダー表紙を見ることができるのだが、なかなかいいじゃん!と、わたしは感じたわけですな。

https://www.kadokawa.co.jp/product/321706000903/

極めてオーソドックスな美形の顔立ちで、しかも18歳にして憂いがある、ニュアンスがある・・・これはかなり有望かもと、写真を見た限りではそう思っちゃう人は多いであろう、わたしもそうである。
しかも「浜辺美波」のプロフィールを見ると、好きな女優として南斗、いや何と「司葉子」を挙げているではないか。
これは彼女の両親の影響なのだろうか、それとも東宝という映画会社の影響なのだろうか、あるいは純粋に本人が日本映画が大好きで、いろいろ鑑賞しているうちに「司葉子」に辿り着いたのか、それは分からない。
が、「好きな女優」として挙げるくらいだから、司葉子出演映画のいくつかは少なくとも観ていると予想される。
そんな女性って、グウッとポイント高くなりますな。
そんなわけで、近日中に『君の膵臓を食べたい』を観てみようと堅く決意したわたしです(←山田姉妹「みずいろの手紙」風に)。

浜辺美波の話題から生傷男ディック・ザ・ブルーザーの話題へと転換する人間は、世界広しと言えどもわたし以外にはそうそういないのではないかと自己満足に浸りつつ、YouTubeで見つけた次の動画。

Dick the Bruiser vs. Bruiser "King Kong" Brody ( https://www.youtube.com/watch?v=gb4734CZVac

ディック・ザ・ブルーザーVSブルーザー・ブロディなんて、驚いチャイ・マックス(←ももクロ佐々木彩夏あーりん風に)。
まあ世代がまったく違いますわな。
でも米国マットではこんなカードが実現していた。
生傷男ディック・ザ・ブルーザーの方はもうレスラーとしての晩年。
筋肉も落ち、重力にも負けている。
そしてそもそもの体格があまりに違う。
ブルーザー・ブロディ、でかい!
ブロディがディック・ザ・ブルーザーよりも三回りくらいはでかく見える。
(これじゃ、試合にならない・・・)と考えるのが普通だが、ここがプロレスの奥深さ、そこそこ試合になってしまうのだ。
しかもこの試合は、「ベビーフェイス=生傷男 ヒール=ブロディ」という構図で、ディック・ザ・ブルーザーの攻勢が中心となって展開される。
このような試合に説得力を持たすためにはまず、体格、体力遥かに勝るブロディがいかに自然に「やられる」か、そして年齢的にも無理のあるディック・ザ・ブルーザーが攻勢をかけるシーンをどう展開させるか・・・などが問題となるのだけれど、生傷男が採用した方法の一つは、「一点集中攻撃」だった。
そしてこの試合、新日本プロレスで行われたアントニオ猪木VSブルーザー・ブロディ初対決ととても共通点が感じられるのである。

nice!(22)  コメント(1) 
共通テーマ:アート