So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

●「ビギナー向け」の存在しないベルナルド・ベルトルッチ映画だからこそ、まず『暗殺の森』をお薦め。 [「言葉」による革命]

●「ビギナー向け」の存在しないベルナルド・ベルトルッチ映画だからこそ、まず『暗殺の森』をお薦め。

末尾ルコ「映画の話題で、知性と感性を鍛えるレッスン」

ベルナルド・ベルトルッチのフィルモグラフィを見ると、その本数が案外少ないのに驚かされる。その理由はいろいろあるのだろうが、やはり一本一本あれだけ入念に作り込まれる作品をそうそう多くは制作できないということが大きいだろう。ベルトルッチの映画に「ビギナー向け」は存在しないので、いっそのこと、『暗殺の森』という最高の日本刀のごとき傑作を鑑賞してはどうだろうか。


・・・・・・

山田姉妹『故郷 〜日本の愛唱歌Ⅰ』絶賛発売中!


山田姉妹『ふたつでひとつ〜心を繋ぐ、歌を継ぐ』絶賛発売中!!!

山田姉妹の公式ブログ
https://ameblo.jp/karei1224/
山田姉妹の公式ツイッター
https://twitter.com/karei1224

山田姉妹『ふたつでひとつ ~心を繋ぐ、歌を継ぐ』インタビュー
http://www.billboard-japan.com/special/detail/2265

山田姉妹のあらゆる公演、あらゆる活動を徹底的に応援します!

http://t.pia.jp/pia/artist/artists.do?artistsCd=D5210002


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「言葉」に関するあらゆることは、下記へご打診ください。 sueoruko?mail.goo.ne.jp (?を半角のアットマークに変えてください)

革命・芸術 末尾ルコ

▲原稿ご依頼受付中 つまらないライターばかりに書かせていては、あなたのメディアは結果的に社会を害していることになります。わたしにご依頼ください。一緒に社会をよき方向へ進めましょう。
▲〈「言葉」による革命〉に関する多様なレッスン、受付中。あなたも「言葉の戦士」として生き抜いてください。
直接レッスンは、現在は高知市のみ。
有料メルマガで格安にレッスン可能です。ぜひ、ご登録を!

少しでもご興味を持ってくだされば、気軽にご連絡ください。  末尾ルコ

nice!(15)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

極限の愛、日常の愛、その言葉 2018年12月5日 [愛の景色]

イマージュの根は存在しないようで
存在している

nice!(11) 
共通テーマ:アート

●小松菜奈をディスる人たちのレベルは・・・ [「言葉」による革命]

この記事のコメント欄見たら、小松菜奈を(ディスる人たちって・・・)と、まあリトマス試験紙的に見ることもできるかもと。(Yahooだから、一定期間後は記事が削除されていると思います)

小松菜奈『渇き。』から5年 中島哲也監督のスパルタ指導に感謝(https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181204-00000004-flix-movi

nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

●ももクロとロバート・キャンベルの『Fの遺伝子』で、原節子や高峰秀子の発声の話題が素晴らしい~11月はじめからクリスマスソングがかかりまくることを「普通」と感じていていいのだろうか? [「言葉」による革命]

●ももクロとロバート・キャンベルの『Fの遺伝子』で、原節子や高峰秀子の発声の話題が素晴らしい~11月はじめからクリスマスソングがかかりまくることを「普通」と感じていていいのだろうか?

末尾ルコ「音楽と社会観察で、知性と感性を磨くレッスン」

ももいろクローバーZのメンバーが日本文学者のロバート・キャンベルとともに「フェティシズム」に関してトークを繰り広げる『Fの遺伝子』が実におもしろいのだけれど、次の回にロバート・キャンベルが日本映画黄金時代の女優の発声について語るところには思わず息を呑んだ。
10分強の動画だが、3分あたりにそのシーンは出てくる。

ももクロ×伝説の女優 夏菜子がミュージカル披露『Fの遺伝子』(https://www.youtube.com/watch?v=JLfGEcaq8Ro

この中でキャンベルは、第一次日本映画黄金期の女優たち、つまり原節子や高峰秀子らだが、彼女らの発声は、「音を止める」と言う。

ロバート・キャンベルの要約すると次のようになる。

「日本語の語尾はほとんど母音で終わり、だからソフトに聴こえるのだが、彼女たちはのどで止めてギュっと絞める。それによってあの時代の女性(女優)たちの覚悟や抑圧の中で自分らしさを表現するといった姿が見えてくる」

原節子や高峰秀子が全盛期、そしてその時代の他の女優たちも、現在の映画やドラマの中の女優とは発声がまったく異なる。
その理由や説明は今までも多く出ているが、今回のロバート・キャンベルの説もとてもおもしろい。
そう言えばエッセイストの中野翠は、小津安二郎作品の中の原節子の台詞に魅了されている旨書いていた。
しかし恐らく今の若い人たちがこうした発声を耳にしたら違和感をまず抱くだろうし、絶対いるのが、「原節子って、大根じゃん!」とか言い出す手合い。
今後いろんな意味で、「社会教育」は重要になってきますな。

ああそれにしても、このところの日本は夏休みシーズンが終わるとすぐにハロウィンキャンペーン、11月に入るとすぐにクリスマスソングが炸裂し始める。
特にショッピングモールなどではひっきりなしにクリスマスソングが流れ続けるわけですな、約2か月間。
これが「普通」と思っていていいのか、よくない。
多くのことが破壊されております、「儲からなきゃ、意味ないもん」という圧倒的多数の意識のために。
かつてイオン高知の英会話『NOVA』に勤めていた米国人のBが言っていた、「11月から毎日同じクリスマスソング聞いてると、気が狂いそうになる」と。
「気が狂いそうになる」と言うBこそ正常な感覚の持ち主ではないか。
12月1日の夜、地元のスーパー『サニーマート』薊野店へ行くと、駐車場の一角は小さなグラスなどに入れたキャンドルをクリスマス用のキャンドルがズラリ。
豆電球とかではなく、本当に火を点けている。
店員さんたちはご苦労様だが、まだ12月1日である。

nice!(28)  コメント(2) 
共通テーマ:アート