So-net無料ブログ作成

●山田姉妹へのメッセージ「『奇跡の人』」 [「言葉」による革命]

●山田姉妹へのメッセージ「『奇跡の人』」

末尾ルコ「音楽の話題で、知性と感性を磨くレッスン」

(4月26日、山田麗様は『奇跡の人』の舞台観劇をされました)

いいですね、舞台観劇。しかもお友達がご出演のお芝居ですから、感激もひとしおなのでしょうね。『奇跡の人』と言えば、アーサー・ペン監督の映画が有名です。アン・バンクロフトの演技は映画史上に残るものでした。この作品はとりわけ演技者にとってやりがいが大きいようですね。RUKO


●「言葉を語れ 美のように 戦士のように」

・・・・・・

山田姉妹『故郷 〜日本の愛唱歌Ⅰ』絶賛発売中!


山田姉妹『ふたつでひとつ〜心を繋ぐ、歌を継ぐ』絶賛発売中!!!

山田姉妹の公式ブログ
https://ameblo.jp/karei1224/
山田姉妹の公式ツイッター
https://twitter.com/karei1224

山田姉妹『ふたつでひとつ ~心を繋ぐ、歌を継ぐ』インタビュー
http://www.billboard-japan.com/special/detail/2265

山田姉妹のあらゆる公演、あらゆる活動を徹底的に応援します!

http://t.pia.jp/pia/artist/artists.do?artistsCd=D5210002


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「言葉」に関するあらゆることは、下記へご打診ください。 sueoruko?mail.goo.ne.jp (?を半角のアットマークに変えてください)

革命・芸術 末尾ルコ

▲原稿ご依頼受付中 つまらないライターばかりに書かせていては、あなたのメディアは結果的に社会を害していることになります。わたしにご依頼ください。一緒に社会をよき方向へ進めましょう。
▲〈「言葉」による革命〉に関する多様なレッスン、受付中。あなたも「言葉の戦士」として生き抜いてください。
直接レッスンは、現在は高知市のみ。
有料メルマガで格安にレッスン可能です。ぜひ、ご登録を!

少しでもご興味を持ってくだされば、気軽にご連絡ください。  末尾ルコ

nice!(13)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

極限の愛、日常の愛、その言葉 2019年4月30日

もしあなたにこの先一度も会わなかったにしても
わたしの心はあなたを離れない
あなたという理想から
ひと時も離れることはない

nice!(11)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

●我が母、心臓バイパス手術後闘病記39日目、車椅子でのリハビリ初見学。~「認知症とは何か」についても考えを深めていこう。 [「言葉」による革命]

●我が母、心臓バイパス手術後闘病記39日目、車椅子でのリハビリ初見学。~「認知症とは何か」についても考えを深めていこう。

末尾ルコ「母の話、健康医療の話題」

4月26日(金)手術後39日目
転院3日目
午後12時の面会

昼食中。
差し入れは、『MOW』のリッチヨーグルト味。
これもまだ転院3日目ではっきりとしたことは言えないが、食事は高知赤十字病院よりも美味しそうに見える。
ただ、母の口に合うものはさほど多くない。
しかしまあ、一日のほとんどをベッドで横になっていて、おなかも空きはしないだろうし、その上好みでないものが出てきては・・・そこそこ食べれば、くらいでいいだろう。
それよりも差し入れで、「シャバの食べ物」にも慣れていってもらうという目標にしておいた方がいいに違いない。

昼食を片付けてもらいしばらく話をしていると、作業療法士(ということは後から知ったのだが)の女性が入ってきて、リハビリを開始すると言う。
「車椅子でできますかね~」と言うけれど、しばらくの間車椅子には1分も座っていられなかったのだが、どうなのだろう。
しかも担当の作業療法士は一人で、はっきりした美形顔だが(笑)、小柄である。
(大丈夫だろうか)と、いつでも手を貸す体制で見ていたが、さすがに作業療法士の肩書で仕事を任されているだけあって、無難に母を車椅子まで導く。
母も思いの外しっかりと足が踏ん張れているいるようだ。

わたしも見学可ということで、リハビリスペースまで一緒に行き、この時間は車椅子のまま、主に上半身を動かす動きである。
10~15分ほどゆっくりとしたリハビリだったが、指示された内容でできない動きはなかった。

リハビリ中作業療法士が時に、「ここどこか分かる?」とか「お年はいくつ?」とか尋ねるのだが、もちろんそれらは(認知症ではないかどうか)探りを入れているわけだ。
高知赤十字病院の主治医も「認知症ではないか」と仄めかす話をしていたが、確かに母は病院名や自分の年齢を時に間違うこともある。
しかしそれらはまず一つ、わけもわからないまま全身麻酔で大手術を受け、その後もしばらく強い麻酔で眠り、さらにその後も睡眠剤を使い一日中ベッドで昼も夜もない生活を送っているのだから、記憶が曖昧になる部分があっても仕方ないのではないか。
そしてもう一つ、どんな人間でも時分にとって重大事はよく記憶しており、そうでなければ忘れやすい傾向はあるはずだ。
母にとって病院名や自分の年齢などは決して重大事ではなく、重大なのは自分の名前、息子の顔や名前、ピアノのこと、単価のことなどなど、これらのことはスラスラと出てくるのである。
まあそれと、ある程度以上の年齢になると、固有名詞は出難くなるものでしょう。
そして誰しもですね、「若い頃と比べれば」、認知障害が起きるものですよ、誰しも。

nice!(26)  コメント(7) 
共通テーマ:アート

●〈「言葉」による革命〉・・・・「戦いの最前線」は、「家庭」・「カフェ」、そして「あなた」~いつでも「ゼロ」、時に「マイナス」地点へと立てるのが「戦士」だ。 [「言葉」による革命]

※2019年5月3日配信予定 末尾ルコ メルマガ(有料)より抜粋。

●〈「言葉」による革命〉・・・・「戦いの最前線」は、「家庭」・「カフェ」、そして「あなた」~いつでも「ゼロ」、時に「マイナス」地点へと立てるのが「戦士」だ。

フランコ・ゼッフィレッリ監督がアッシジの聖フランチェスコを描いた『ブラザー・サン シスター・ムーン』がどれだけ史実に忠実であるかはさて置いて、少々優しすぎるけれど、確かに厳しさも有した作品であることは間違いありません。
聖クララ(聖キアッラ)役のジュディ・バウカーの可憐にして綺麗なこと。
「可憐」という言葉と意味はこの映画のジュディ・バウカーのためにあると言っても過言ではない・・・なんて書くと、(何を世迷いごとを!)とぶっちゃけたくなる方もいるでしょうが、嘘だと思うなら観てください、『ブラザー・サン シスター・ムーン』を。
「可憐」に優劣をや順位を付けるのはナンセンスと分かっていてもやりたくなる。
「可憐選手権」を。
ちょっと『ブラザー・サン シスター・ムーン』のジュディ・バウカーを上回るポイントを上げられる人材は誰も思い浮かびません。


●「言葉を語れ
美のように
戦士のように」


・・・・・・

山田姉妹『故郷 〜日本の愛唱歌Ⅰ』絶賛発売中!


山田姉妹『ふたつでひとつ〜心を繋ぐ、歌を継ぐ』絶賛発売中!!!

山田姉妹の公式ブログ
https://ameblo.jp/karei1224/
山田姉妹の公式ツイッター
https://twitter.com/karei1224

山田姉妹『ふたつでひとつ ~心を繋ぐ、歌を継ぐ』インタビュー
http://www.billboard-japan.com/special/detail/2265

山田姉妹のあらゆる公演、あらゆる活動を徹底的に応援します!

http://t.pia.jp/pia/artist/artists.do?artistsCd=D5210002


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「言葉」に関するあらゆることは、下記へご打診ください。 sueoruko?mail.goo.ne.jp (?を半角のアットマークに変えてください)

革命・芸術 末尾ルコ

▲原稿ご依頼受付中 つまらないライターばかりに書かせていては、あなたのメディアは結果的に社会を害していることになります。わたしにご依頼ください。一緒に社会をよき方向へ進めましょう。
▲〈「言葉」による革命〉に関する多様なレッスン、受付中。あなたも「言葉の戦士」として生き抜いてください。
直接レッスンは、現在は高知市のみ。
有料メルマガで格安にレッスン可能です。ぜひ、ご登録を!

少しでもご興味を持ってくだされば、気軽にご連絡ください。  末尾ルコ

nice!(15) 
共通テーマ:アート

極限の愛、日常の愛、その言葉 2019年4月29日 [愛の景色]

わたしはあなたの
華も口も、
顎の線も
見たことはない

あなたは美しい二重の眼で
落ち着いた声も心を和らげてくれ
何よりも感情表現が好ましく
安らいで夢を見ているようだ

nice!(13) 
共通テーマ:アート

●我が母、心臓バイパス手術後闘病記38日目~コルセット装着~ベッド上体位変換など、病院によっての違いは?~わたしは『神戸居留地 オレンジサイダー』の味に何を感じたのか? [「言葉」による革命]

●我が母、心臓バイパス手術後闘病記38日目~コルセット装着~ベッド上体位変換など、病院によっての違いは?~わたしは『神戸居留地 オレンジサイダー』の味に何を感じたのか?

4月25日(木)手術後38日目
転院2日目
午後7時の面会

この日の夕方にコルセットが届き、夜の面会時には装着が完成していた。
「コルセット」という存在はもちろん知っていたけれど、直に見るのはわたしは初めてなにである。
正直なところ、想像していたものとはかなり違っていた。
どのようなものを想像していたかと問われると、具体的な像は出てこない。
漠然と、(腰のあたりに巻いて固定するものかな)くらいのイメージを抱いていた。
ところが、か~な~り~違いますな。
母が装着しているコルセットを見てすぐに連想したのが剣道の胴着(って言うんですかね、それとも防具?まあ要するに、胴の部分を覆うごついやつです)。
あるいはちょっとした鎧みたいな感じ。
コルセットって、このようなものだったのか・・・と今更知ったわたしです(←お優しい山田姉妹「みずいろの手紙」風に)。

ところでまだ転院後2日目だが、高知赤十字病院の看護士さんたちの対応がとても好印象だったのでつい比較してしまい、(あれっ?)と感じる点もいくつかある。
一つは、ベッド上体位変換の頻度であり、高知赤十字ではかなり頻繁にやっていたのだけれど、今のところA病院ではそれほどでもないように感じる。
ただ、まだ2日目であり、これからの対応を見ていかねばならないが、「入院患者のベッド上体位変換」に関しては、次のサイトに簡潔に纏められている。

『アルメディアWEB』
https://www.almediaweb.jp/pressureulcer/maruwakari/part4/02.html

体位変換の大きな目的は、「褥瘡(じょくそう)」を予防するためだが、「褥瘡」とはつまり「床ずれ」のことだ。
「床ずれ」も重症化すると大ごとになるということですな。
で、前記したものを含めていくつかのサイトを見てみたところ、概ね、

「従来は2時間ごとの体位変換が主流だったが、現在は他の意見もかなり有力となっている」というところか。
まあこれも様子見でいこう。

・・・

わたしは現在ノンアルコールな生活を営んでいるので、「暑い夜によく冷えたビールをキューッと」というわけにはいかないが、炭酸で喉に刺激を与えたくなる時間はどうしてもある。
炭酸飲料、あるいは炭酸水など無数に販売されているけれど、「格安で」となるとある程度数は限られておりますな。
で、わたしがよく利用しているのが、富永食品の『神戸居留地』シリーズ。
最寄りのスーパーでは350mlの缶を40円くらいで売っている。
特によく利用するのは『レモン25』なる炭酸飲料なのだが、この前『オレンジサイダー』を試してみた。
一缶40円くらいですから、お味にそう大きな期待を寄せてはいけません。
が。飲みながらふと懐かしさを感じた。
そう、この『神戸居留地 オレンジサイダー』、かつて田舎の宴会などで子ども用に供された瓶入りのオレンジジュース、あるいはデパートの屋上などで紙カップへ入れてごくごく飲む、やたらと甘いオレンジジュース・・・その味にとても近いと感得した。

nice!(27)  コメント(6) 
共通テーマ:アート

極限の愛、日常の愛、その言葉 2019年4月28日 [愛の景色]

あなたは美しい二重の眼で
落ち着いた声も心を和らげてくれ
何よりも感情表現が好ましく
安らいで夢を見ているようだ

nice!(18) 
共通テーマ:アート

●我が母、心臓バイパス手術後闘病記37~38日目、転院1~2日目。病院食、「一食460円」?~また左ふくらはぎが攣った件~『血盟団事件』(中島武志)。 [「言葉」による革命]

●我が母、心臓バイパス手術後闘病記37~38日目、転院1~2日目。病院食、「一食460円」?~また左ふくらはぎが攣った件~『血盟団事件』(中島武志)。

末尾ルコ「母の話、健康医療と読書の話題」


4月24日(水)手術後37日目
転院1日目

朝から転院の段取りや荷物運び、事務手続きなどでいささか疲れ、昼前にやっと母が病室へと入ったので、「後でまた来るからね」とわたしは一旦自宅へ帰り、1時間半くらい仮眠を・・・とベッドに入ってうとうとし始めた刹那、左ふくらはぎは攣ったじゃねえか!
痛いし、しつこいし、姿勢を変えても揉んでも立ってもすぐには収まらない。
とてもすぐには眠れそうにない故、仕方なく(でもないけれど)綿矢りさの短編集『憤死』なんぞを読みながらしばし過ごした。

この日これほどまでの「ふくらはぎ攣り」に見舞われた理由はまず間違いなく、母の転院の際の荷物を持ったまま不自然な体勢で歩いたからに相違ない。
しかも雨が降っていたので傘もささねばならなかった。
さらに言えば、「300円(消費税含まず)」という大枚をはたいて買ったビニール傘なのに、早くも骨が折れているではないか!
まあでも、野菜不足も「攣り」の一因かなあ。

4月25日(木)手術後38日目
転院2日目
午後12時の面会

母が転院したA病院の面会時間は午前9時~午後9時となっており、高知赤十字病院が午前11時~午後8時だったから、自宅から近い上に時間的にも融通が利くようになった。
大部屋を頼んでいたけれど、「まだ空きがない」ということで、まず個室で過ごすことになった。
もちろん病院の都合なので「個室料金」は取られない。
高知赤十字病院でも感染症に罹った時期に個室へ入れられたが、それと比べると、A病院の個室はビジネスホテルの一室のような快適な作りである。
明確に材質が分かるわけではないが、床も「木」っぽいし、室内に面に膾炙用のソファがある。
そして見れば、水洗トイレも付いているではないか。
はっきり言って、東横インの通常の部屋よりも快適空間だ。

この時間、事務担当の女性がやって来て、主に支払い関係の説明をしてくれたが、食費が「一食460円」となっていて、(あれっ??)と思った。
後から再チェックしてみると、高知赤十字病院も同様の額が書かれているが、「一食460円」レベルの請求ではなかったのだけれど。
「一食460円」となると、一か月でだいたい45000円弱になりますわなあ。
なかなかの出費であるが、高知赤十字病院の請求はそんな額ではなかった。
点滴で栄養を摂っていた期間もさほど長くはなかったのだが、また調べてみよう。

・・・

最近読んだ本の中でとてもおもしろかったものの一つが『血盟団事件』(中島武志)。
日本現代史上でもとりわけ著名なテロ事件を惹き起こした井上日召率いる血盟団について、井上と主要メンバーの精神性を中心にかなり詳細に追ったノンフィクションである。
血盟団事件については、子どもの頃家にあった松本清張の本の中の写真で、編み笠を深く被ったまま裁判を受けるメンバーの姿を見て、非常に禍々しいものを感じ、そういうのは生涯忘れないものなのですな。

nice!(27)  コメント(7) 
共通テーマ:アート

●〈「言葉」による革命〉・・・・「戦いの最前線」は、「家庭」・「カフェ」、そして「あなた」~「本当の自分」「本当の自分の望み」を探求するための「魂」とは? [「言葉」による革命]

※4月30日配信予定 末尾ルコ メルマガ(有料)より抜粋。

●〈「言葉」による革命〉・・・・「戦いの最前線」は、「家庭」・「カフェ」、そして「あなた」~「本当の自分」「本当の自分の望み」を探求するための「魂」とは?

4月27日配信分で

「3通りの、魂の確認方法」を

お伝えしました。

「魂」と言っても、軽々に「霊的存在」に結びつけたり、あるいは軽々に「脳の働きに過ぎない」と決めつけるのではなく、

「結論は保留したまま、魂について想い、鍛え、磨く日常を送ってみよう」と、

わたしは提案しているのです。

より分かりやすい言い方をすれば、

「魂なんて無いかもしれないけれど、もしあればめっけものだから、いつも鍛え、磨いていこう」と、

まあここまでシンプルな表現にすると、(ちょっと違うかな)とも感じますが(笑)、取っ掛かりはこんな感じでいいのです。

(続きは、有料メルマガでお願いします)


●「言葉を語れ
美のように
戦士のように」


・・・・・・

山田姉妹『故郷 〜日本の愛唱歌Ⅰ』絶賛発売中!


山田姉妹『ふたつでひとつ〜心を繋ぐ、歌を継ぐ』絶賛発売中!!!

山田姉妹の公式ブログ
https://ameblo.jp/karei1224/
山田姉妹の公式ツイッター
https://twitter.com/karei1224

山田姉妹『ふたつでひとつ ~心を繋ぐ、歌を継ぐ』インタビュー
http://www.billboard-japan.com/special/detail/2265

山田姉妹のあらゆる公演、あらゆる活動を徹底的に応援します!

http://t.pia.jp/pia/artist/artists.do?artistsCd=D5210002


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「言葉」に関するあらゆることは、下記へご打診ください。 sueoruko?mail.goo.ne.jp (?を半角のアットマークに変えてください)

革命・芸術 末尾ルコ

▲原稿ご依頼受付中 つまらないライターばかりに書かせていては、あなたのメディアは結果的に社会を害していることになります。わたしにご依頼ください。一緒に社会をよき方向へ進めましょう。
▲〈「言葉」による革命〉に関する多様なレッスン、受付中。あなたも「言葉の戦士」として生き抜いてください。
直接レッスンは、現在は高知市のみ。
有料メルマガで格安にレッスン可能です。ぜひ、ご登録を!

少しでもご興味を持ってくだされば、気軽にご連絡ください。  末尾ルコ

nice!(16) 
共通テーマ:アート

●山田姉妹へのメッセージ「旭山桜の成長」 [「言葉」による革命]

●山田姉妹へのメッセージ「旭山桜の成長」

末尾ルコ「音楽の話題で、知性と感性を鍛えるレッスン」

(山田姉妹はこの春から鉢植えの小さな旭山桜をお育てになっています)


素敵な旭山桜。わたしも気持ちがワクワクしてきます。我が家の庭ではジャスミンがまるで山のように、滝のように咲き誇っています。
お二人のお言葉、母に伝えさせていただきました。涙を浮かべて喜んでおりました。今一度、心からの感謝を申し上げます。本当に有難うございました。RUKO

●「言葉を語れ 美のように 戦士のように」

・・・・・・

山田姉妹『故郷 〜日本の愛唱歌Ⅰ』絶賛発売中!


山田姉妹『ふたつでひとつ〜心を繋ぐ、歌を継ぐ』絶賛発売中!!!

山田姉妹の公式ブログ
https://ameblo.jp/karei1224/
山田姉妹の公式ツイッター
https://twitter.com/karei1224

山田姉妹『ふたつでひとつ ~心を繋ぐ、歌を継ぐ』インタビュー
http://www.billboard-japan.com/special/detail/2265

山田姉妹のあらゆる公演、あらゆる活動を徹底的に応援します!

http://t.pia.jp/pia/artist/artists.do?artistsCd=D5210002


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「言葉」に関するあらゆることは、下記へご打診ください。 sueoruko?mail.goo.ne.jp (?を半角のアットマークに変えてください)

革命・芸術 末尾ルコ

▲原稿ご依頼受付中 つまらないライターばかりに書かせていては、あなたのメディアは結果的に社会を害していることになります。わたしにご依頼ください。一緒に社会をよき方向へ進めましょう。
▲〈「言葉」による革命〉に関する多様なレッスン、受付中。あなたも「言葉の戦士」として生き抜いてください。
直接レッスンは、現在は高知市のみ。
有料メルマガで格安にレッスン可能です。ぜひ、ご登録を!

少しでもご興味を持ってくだされば、気軽にご連絡ください。  末尾ルコ

nice!(11)  コメント(0) 
共通テーマ:アート