So-net無料ブログ作成

●山田姉妹へのメッセージ「『冒険者たち』」 [「言葉」による革命]

●山田姉妹へのメッセージ「『冒険者たち』」

末尾ルコ「音楽の話題で、知性と感性を磨くレッスン」


近い将来、映画音楽を集めたCDをぜひ製作していただきたいと切望いたします。「歌」はもちろん、インストルメンタルをお二人が何らかの形でご歌唱になる作品もきっと素晴らしい芸術作品となるに違いありません。『シェルブールの雨傘』とか、凄いご歌唱になりますよ!『カサブランカ』もいいですね~。RUKO

もうすぐ令和時代が始まりますが、昭和の時代は映画音楽も現在より遥かに重要で、しかも人口により膾炙しておりました。
音楽としても実に素晴らしい作品が多かったですし、それらをお二人が様々な方法論でご歌唱になれば、どれだけ美しいものができるだろうかと、そんな想像もとても愉しいです。
ロベール・アンリコ監督の『冒険者たち』をご存知ですか?
映画も音楽もロマンティシズム溢れる見事なものになっております。
でもひょっとして、鑑賞してらっしゃるかもしれませんが。RUKO


●「言葉を語れ 美のように 戦士のように」

・・・・・・

山田姉妹『故郷 〜日本の愛唱歌Ⅰ』絶賛発売中!


山田姉妹『ふたつでひとつ〜心を繋ぐ、歌を継ぐ』絶賛発売中!!!

山田姉妹の公式ブログ
https://ameblo.jp/karei1224/
山田姉妹の公式ツイッター
https://twitter.com/karei1224

山田姉妹『ふたつでひとつ ~心を繋ぐ、歌を継ぐ』インタビュー
http://www.billboard-japan.com/special/detail/2265

山田姉妹のあらゆる公演、あらゆる活動を徹底的に応援します!

http://t.pia.jp/pia/artist/artists.do?artistsCd=D5210002


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「言葉」に関するあらゆることは、下記へご打診ください。 sueoruko?mail.goo.ne.jp (?を半角のアットマークに変えてください)

革命・芸術 末尾ルコ

▲原稿ご依頼受付中 つまらないライターばかりに書かせていては、あなたのメディアは結果的に社会を害していることになります。わたしにご依頼ください。一緒に社会をよき方向へ進めましょう。
▲〈「言葉」による革命〉に関する多様なレッスン、受付中。あなたも「言葉の戦士」として生き抜いてください。
直接レッスンは、現在は高知市のみ。
有料メルマガで格安にレッスン可能です。ぜひ、ご登録を!

少しでもご興味を持ってくだされば、気軽にご連絡ください。  末尾ルコ

nice!(15)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

極限の愛、日常の愛、その言葉 2019年4月7日 [愛の景色]

分かっているさ
そんなこと
言いにくかろう
あなたの口からは
けれどね
言ってもいいんだよ

nice!(11) 
共通テーマ:アート

●我が母、心臓バイパス手術後闘病記、手術後17日目は感染症を脱してはいないが比較的穏やか~心身の疲労重なる時期の人間の体調や失敗談・・・わたしの場合。 [「言葉」による革命]

●我が母、心臓バイパス手術後闘病記、手術後17日目は感染症を脱してはいないが比較的穏やか~心身の疲労重なる時期の人間の体調や失敗談・・・わたしの場合。

末尾ルコ「母の話、健康医療の話題」

4月4日(木)手術後17日目

午後7時の面会。

この日の夕方辺りからやや寒が緩み、って、何月だ!という気もするが、母も「暑いき、布団のけて」と、確かに個室内は布団を着ている必要がないくらいの温度だと感じた。
もちろん油断して風邪をひいたら大事なので、その点はしっかり言い聞かせてはきたが。
テレビでは嵐の番組で4月から連ドラに出演する本田翼と広瀬アリスらが出ていてゲームをやっていた。
本田翼、広瀬アリスとも、比較的わたしが気にいている若手女優である。
漫然と同番組を眺めながら、穏やかに面会時間、母とお喋りをしながら過ごした。

・・・

4月2日午前3時頃、つまり母が嘔吐した判の午前だが、わたしは心が乱れたままベッドに就いた。
少しだけ筒井康隆の本を読み、ようやくうとうとし始めたと矢先、左ふくらはぎに激しい痛みを感じる。
攣ったのである。
わたしの左ふくらはぎは攣りやすく、攣ればかなり痛い。
この晩、と言うかほぼ朝だが、すぐに痛みは治まらず、布団から出て姿勢を変えたり患部を揉んだりと、実に難渋した。
しかも左ふくらはぎ攣りが治まってしばらく後、今度は右ふくらはぎが攣った。
左ほどではなかったが、今夜は右もかなり痛い。
ただでさえ少ない睡眠時間がこうして削られてしまっつあのだが、この時は「母の嘔吐」を目の当たりにした精神状態も影響していたのだろうか。

・・・

もう少し前の出来事だけれど、しかしこれももちろん母の入院後だ。
やはり心に重くのしかかる悩みや懸念があると、「つい、ぼおっとしてしまう」時間が生じてしまう。
まあ人間だから致し方ないところではあるけれど。
大切なことは「ぼうっとして」、それが原因で事故などを起こさないことであるのは当然。
などと書いているのは、母の入院以来やや「ぼうっとして」の失敗があったからなのだけれど。
一つは、「赤信号を無視した」こと。
これはヤバい!
絶対やっちゃいけない。
その時は頭の中で様々なことが渦巻いていて、渦巻に飲み込まれていた感じだった。
交差点を越えた時、(あ、赤信号だったじゃないか)と気付いたのだった。
危ない、危ない。
そしてもう一つ、コンビニのトイレで小用をさせてもらっていたのだが、用を足している最中に人がドアを開けたではないか。
彼は「すみません」と言ってドアを閉じたのだが、もちろんわたしがロックし忘れていたのである。
こんな失態はまったく人生初めてなのである。

nice!(30)  コメント(7) 
共通テーマ:アート