So-net無料ブログ作成

●山田姉妹へのメッセージ「小さな桜とジャスミン」 [「言葉」による革命]

●山田姉妹へのメッセージ「小さな桜とジャスミン」

末尾ルコ「音楽の話題で、知性と感性を磨くレッスン」

このような桜は初めて見ました。「旭川」というのですか。素敵なお花を見つけられましたね。わたしも欲しくなりました。お花の話題としては、このところとりわけジャスミンの素晴らしさに感嘆しております。可憐にして美しいジャスミンですが、その強さたるや凄まじい。あやかりたいものです。RUKO

このような桜を持っておれば、一人でお花見が愉しめそうです。
小さくて可愛い桜、そして窓辺から見えるつきなんぞがあれば、他に何もいらない・・・そんな気がしそうです。

我が家の庭には現在ジャスミンが蔓延っていて、何の手入れもせずとも、どんなに他に雑草が蔓延っていようとも、美しくデリケートな花を無数に咲かせる。
ジャスミン、凄いです。RUKO


●「言葉を語れ 美のように 戦士のように」

・・・・・・

山田姉妹『故郷 〜日本の愛唱歌Ⅰ』絶賛発売中!


山田姉妹『ふたつでひとつ〜心を繋ぐ、歌を継ぐ』絶賛発売中!!!

山田姉妹の公式ブログ
https://ameblo.jp/karei1224/
山田姉妹の公式ツイッター
https://twitter.com/karei1224

山田姉妹『ふたつでひとつ ~心を繋ぐ、歌を継ぐ』インタビュー
http://www.billboard-japan.com/special/detail/2265

山田姉妹のあらゆる公演、あらゆる活動を徹底的に応援します!

http://t.pia.jp/pia/artist/artists.do?artistsCd=D5210002


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「言葉」に関するあらゆることは、下記へご打診ください。 sueoruko?mail.goo.ne.jp (?を半角のアットマークに変えてください)

革命・芸術 末尾ルコ

▲原稿ご依頼受付中 つまらないライターばかりに書かせていては、あなたのメディアは結果的に社会を害していることになります。わたしにご依頼ください。一緒に社会をよき方向へ進めましょう。
▲〈「言葉」による革命〉に関する多様なレッスン、受付中。あなたも「言葉の戦士」として生き抜いてください。
直接レッスンは、現在は高知市のみ。
有料メルマガで格安にレッスン可能です。ぜひ、ご登録を!

少しでもご興味を持ってくだされば、気軽にご連絡ください。  末尾ルコ

nice!(19)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

極限の愛、日常の愛、その言葉 2019年4月17日 [愛の景色]

あなたはぼくには
足りない人だ
違う意味でぼくは
あなたに足りない男に
過ぎない
そんな二人で
何を生もうか

nice!(11) 
共通テーマ:アート

●わが母、心臓バイパス手術後闘病記26、27日目~鼻チューブ、再び外れる、そして差し入れの許可。~「食べ物」が本当に「エネルギー」として機能する経験。 [「言葉」による革命]

●わが母、心臓バイパス手術後闘病記26、27日目~鼻チューブ、再び外れる、そして差し入れの許可。~「食べ物」が本当に「エネルギー」として機能する経験。

末尾ルコ「母の話、健康医療の話題」

4月13日(土)手術後26日目

午後7時の面会

「大部屋に移ってから眠り過ぎ」と病院スタッフからも訝られていた母だったが、この晩は目がパッチリだった。
睡眠剤を減らしたらしいけれど、その影響かどうかは分からない。
鼻チューブは装着しているが、この日はここまでにめまいはなし。
母は「夕食、よく食べた」と言うが、本人の言では実際どれくらい食べたか明確ではないと思っていたところ、廊下で昼にも話をした看護士と会った。
彼女によると、「お母さん、昼夜逆転ですね。さっき、大きな声で〈こんばんわ〉と言われて驚きました。そう言えば、夕食もぜんぶ食べてましたよ」と。
(夕食をぜんぶ?)とわたしも驚いたが、今後も続くかどうかは分からないけれど、これはもちろんいいことであり、「病院食でも、母は完食できる」を実証したことになる。

4月14日(日)手術後27日目

午後12時の面会

この時間はかなり大きな出来事があった。
母は前日通り、窓の外を眺めながら昼食を前にしている。
近づくと鼻チューブがない。
まあこれはまた付けられるかもしれないのだが、いつも通りゆっくりと、献立の中では茶碗蒸しだけは完食しつつなどしていたところ、担当の看護士がやってきて、

「もういろいろ差し入れしていただいても構わないとお医者さんが言ってましたので」と、いきなりのお達し。
(ええっ?!)と思ったが、気を取り直して、
「じゃあ、プリンとか、そういうものもいいんですか?」
「いいです、いいです。ジュースとか、アイスクリームもいいですよ。唐揚げとか持ってこられたら困るけど、ちらし寿司とかもいいです。それと、車椅子で院内とかをご一緒にお散歩していただいても構いません」

一喜一憂しないことにはしているが、この時点で驚き、嬉しくないはずはない。
気持ちはより引き締めねばならないが。

・・・

そう言えば現在はわたしも毎日そこそこ食事が摂れていて、日によってはカロリー過多となるくらいの内容になっている。
カロリー過多の原因は主にジャンク的フードをつい多めに買って食べてしまうからだが、これがちょっと前まであまり食べる習慣がなかったので美味しいのですわ。
A MAXという行きつけのスーパーのベーカリーで売っている100円のかなり適当なハンバーガーサンドやコッペパンサンドがけっこう美味しいのである。
家で少し温めるとパンの部分が柔らかくなって、美味しさひときわアップだ。
というわけで、弁当+ハンバーガーサンドないしコッペパンサンドなんていう不健康メニューになってしまう場合もあったのだが、これはさすがにそろそろ控えようかな、と。

そこで思い出すのが、今回の母の入院、その初期はわたしもまったく食欲がなく、時間もなかった。
ある日の夕方、完全にもうヘロヘロ、つまりガス欠状態になってしまった時間があった。
(これはいかん)とコンビニへ入り、ウインナーパンを購入して食べる。
すると、である。
ガス欠でヘロヘロになっていた身体の奥底からアッと言う間に、フルチャージではないにしても、力が湧いてきたのである。
「空腹で力が出なくなり、食べると即座に力が湧いてくる」という経験は、毎日決まった時間に食事していたらなかなか味わえない感覚で、(けっこういいな)と思ったわけである。

nice!(27)  コメント(6) 
共通テーマ:アート