So-net無料ブログ作成

●〈「言葉」による革命〉・・・・「戦いの最前線」は、「家庭」・「カフェ」、そして「あなた」~詩としての、「小さな蝋燭イメージ」訓練法。 [「言葉」による革命]

※2019年6月11日配信予定 末尾ルコ メルマガ(有料)より抜粋。

●〈「言葉」による革命〉・・・・「戦いの最前線」は、「家庭」・「カフェ」、そして「あなた」~詩としての、「小さな蝋燭イメージ」訓練法。

わたし、つまり末尾ルコ、つまり〈「言葉」による革命〉は、あらためて宣言しますけれど、「言葉」のありとあらゆる力・可能性を起動・駆動させ、何事にも屈しない決意を持ち、進軍を続けていきます。

で、次の詩をお読みください。

「小さな蝋燭」

小さな蝋燭がある
暗闇の中に立っている
誰も知らないけれど
その蝋燭さえも気づいてないけれど
その小さな蝋燭は立っている
暗闇の中に

待っているわけではない
待つも待たないもない
小さな蝋燭に意識があるはずもない
けれど
あるはずもない意識がある
可能性を、
神秘と呼ぶべきなのだ

(続きは、有料メルマガでお願いします)

●「言葉を語れ
美のように
戦士のように」


・・・・・・

山田姉妹『故郷 〜日本の愛唱歌Ⅰ』絶賛発売中!


山田姉妹『ふたつでひとつ〜心を繋ぐ、歌を継ぐ』絶賛発売中!!!

山田姉妹の公式ブログ
https://ameblo.jp/karei1224/
山田姉妹の公式ツイッター
https://twitter.com/karei1224

山田姉妹『ふたつでひとつ ~心を繋ぐ、歌を継ぐ』インタビュー
http://www.billboard-japan.com/special/detail/2265

山田姉妹のあらゆる公演、あらゆる活動を徹底的に応援します!

http://t.pia.jp/pia/artist/artists.do?artistsCd=D5210002


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「言葉」に関するあらゆることは、下記へご打診ください。 sueoruko?mail.goo.ne.jp (?を半角のアットマークに変えてください)

革命・芸術 末尾ルコ

▲原稿ご依頼受付中 つまらないライターばかりに書かせていては、あなたのメディアは結果的に社会を害していることになります。わたしにご依頼ください。一緒に社会をよき方向へ進めましょう。
▲〈「言葉」による革命〉に関する多様なレッスン、受付中。あなたも「言葉の戦士」として生き抜いてください。
直接レッスンは、現在は高知市のみ。
有料メルマガで格安にレッスン可能です。ぜひ、ご登録を!

少しでもご興味を持ってくだされば、気軽にご連絡ください。  末尾ルコ

nice!(15)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

極限の愛、日常の愛、その言葉 2019年6月1日 [愛の景色]

そしてわたしはあなたに
会いに行った
下へ
あなたは
「よく分かりましたね」と言った
何を?

nice!(9) 
共通テーマ:アート

●我が母、心臓バイパス手術後闘病記~深夜に病室を出て、廊下の椅子に座っていたという危険行為の理由は?~「136㎝」の男との恋愛、映画『おとなの恋の測り方』。 [「言葉」による革命]

●我が母、心臓バイパス手術後闘病記~深夜に病室を出て、廊下の椅子に座っていたという危険行為の理由は?~「136㎝」の男との恋愛、映画『おとなの恋の測り方』。

末尾ルコ「母の話、映画の話題」

5月27日(月)手術後69日目
転院34日目

5月27日午後1時半の面会では病室にもリハビリ室にもいない上にベッド横の床にマット状の「床センサー」が備えられていたので、(また転倒でもしたのか?!)とナースセンターで尋ねると、「入浴じゃないでしょうか」という話でそれはよかったけれど、「床センサーをつけてくださったますが」とさらに尋ねると、「あ、実は昨夜ベッドから抜け出して、廊下の椅子へ座ってまして」と・・・これまた衝撃的な話である。
状況からみて、「柵センサーと柵を外し、ベッドから出てほとんど何もつかまらずに廊下まで出て椅子へ座った」ということだろう。
その後看護師や作業療法士とベッド位置や床センサーの位置などを再検討して移動させるなどしたが、廊下まで独力で歩けるようになったのはある意味素晴らしけれど、まだそれをやっちゃあダメなのである。
どうしてそんなことをしたか母に尋ねると、自分の行為はしっかり記憶していて、やはり「トイレへ行きたかった」ということだ。
確かに普通のトイレで用を足す練習も介助付きで行ってはいる。
だから深夜に、(一人でも)と思ってしまったのかもしれないが、もちろんまだ「介助」がなければ危険なのだ。
そういう時はナースコールしてくれればいいのだが、まだ必要な時にできない。
リハビリ病棟に来てから精神の動揺は薄らいでいるけれど、「トイレ問題」を含め、「事故の危険」をどのように解決していけるか。

・・・

このところ鑑賞したフランス(語)映画が(わたしにとって)ハズレが多かったことは既に書いているけれど、案外よかったのが『おとなの恋の測り方』だった。
「ハズレ」の中にアラン・レネ監督の遺作である『愛して、飲んで、歌って』が入っており、それよりも『おとなの恋の測り方』の方が「よかった」と主張するれば、シネフィル族からわたしの鑑賞眼に対して「失格」の烙印を押す向きもあろうかと思うけれど、ダメですよ、いくらアラン・レネでもあのようにハイテンションの芝居をそのまま映画にしたような作品は。

『おとなの恋の測り方』は、離婚して3年の弁護士ディアーヌがひょんなことからアレクサンドルという金持ちで知性もユーモアも持ち合わせ、しかもハンサムな男と知り合い恋に落ちるというストーリーが、ポイントはアレクサンドルの身長が、

「136cm」だということ。

ストーリーや演出はハリウッド製ラブコメの定番通りだが、「136cmの男と付き合う」ことに対する女性の心理や周囲の好奇の目などが描写され、それは決して深くはないけれど、「考える材料」とはなり得るし、アレクサンドルを演じるジャン・デュジャルダンはもちろん136cmではないながら、特撮を駆使して上手く見せている。
特にディアーヌの元夫や母親のアレクサンドルに対する偏見の酷さがとてもリアルだし、そうした眼差しに一度は負けてアレクサンドルの別れを決意するディアーヌに対して彼女の秘書が、「あなたは心が小さい!その考えはナチスと変わらない」と叫ぶシーンがグッと来る。

nice!(20)  コメント(4) 
共通テーマ:アート