So-net無料ブログ作成

●〈「言葉」による革命〉・・・・「戦いの最前線」は、「家庭」・「カフェ」、そして「あなた」~「言葉の戦士」の道へ進めば、人生がすぐに輝き始めます。

※2019年6月25日配信予定 末尾ルコ メルマガ(有料)より抜粋。

●〈「言葉」による革命〉・・・・「戦いの最前線」は、「家庭」・「カフェ」、そして「あなた」~「言葉の戦士」の道へ進めば、人生がすぐに輝き始めます。

(「言葉の戦士」になろう!)と心に誓うだけで、あなたはすぐに「輝く世界」が見え始めるのです。
もちろんその誓いが本気であり、それ以前に「言葉の戦士」という存在をある程度以上理解している必要がありますが。

「輝く世界」とは何か?
「世界が輝く」とはどういうことか?

その前に、今のあなたの世界は輝いていますか、それとも沈んだ色で憂鬱な世界ですか?

あ、でもちょっと横道に逸れますが、「言葉のデリケートな運用」という観点からすると、ここで「憂鬱」という言葉を使うのは相応しくないですね。
なぜならば、「憂鬱」という言葉はかなり美しい。

・・・


●「言葉を語れ
美のように
戦士のように」





・・・・・・

山田姉妹『故郷 〜日本の愛唱歌Ⅰ』絶賛発売中!


山田姉妹『ふたつでひとつ〜心を繋ぐ、歌を継ぐ』絶賛発売中!!!

山田姉妹の公式ブログ
https://ameblo.jp/karei1224/
山田姉妹の公式ツイッター
https://twitter.com/karei1224

山田姉妹『ふたつでひとつ ~心を繋ぐ、歌を継ぐ』インタビュー
http://www.billboard-japan.com/special/detail/2265

山田姉妹のあらゆる公演、あらゆる活動を徹底的に応援します!

http://t.pia.jp/pia/artist/artists.do?artistsCd=D5210002


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「言葉」に関するあらゆることは、下記へご打診ください。 sueoruko?mail.goo.ne.jp (?を半角のアットマークに変えてください)

革命・芸術 末尾ルコ

▲原稿ご依頼受付中 つまらないライターばかりに書かせていては、あなたのメディアは結果的に社会を害していることになります。わたしにご依頼ください。一緒に社会をよき方向へ進めましょう。
▲〈「言葉」による革命〉に関する多様なレッスン、受付中。あなたも「言葉の戦士」として生き抜いてください。
直接レッスンは、現在は高知市のみ。
有料メルマガで格安にレッスン可能です。ぜひ、ご登録を!

少しでもご興味を持ってくだされば、気軽にご連絡ください。  末尾ルコ

タグ:アート
nice!(14)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

極限の愛、日常の愛、その言葉 2019年6月11日 [愛の景色]

山と呼ぶのも気恥ずかしい
そのくらいの隆起に過ぎないのに
この窓から眺める姿は
十分に壮観だ

nice!(8) 
共通テーマ:アート

極限の愛、日常の愛、その言葉 2019年6月11日 [愛の景色]

山と呼ぶのも気恥ずかしい
そのくらいの隆起に過ぎないのに
この窓から眺める姿は
十分に壮観だ

nice!(5) 
共通テーマ:アート

●我が母、心臓バイパス手術後闘病記79日目~病室付き添いをする場合の食事、そして意外な2つの必要アイテムとは。 [「言葉」による革命]

末尾ルコ「母の話、健康医療の話題」

6月6日(木)手術後79日目
転院44日目

母の病室に「付き添い」という形で寝泊まりし出してからほぼ1週間が経つ。
いかに付き添いでも1日にだいたい3度は自宅へ帰る。
わたしのPCはLANケーブルなければ、自宅でしかネットへ繋げないし、他にもカフェへ行ったり、事務的な用事なども山ほどあるし、買い物もしなければならないしと、少ない時間でこれらのことをこなすのは大変で、いつもアッという間に時間が過ぎてしまう。
特に食事時間はものの見事に不定期となってしまい、とてもじゃないが何種類もテーブルへ並べて食べようという気にはならない。
いきおい食事内容はコンビニ商品中心となっており、スーパーの弁当や総菜さえも出番が少なくなっている。
野菜類は今、せいぜいが野菜ジュースやトマトジュース、豆乳で補ってるくらいになっている。
そんな中、たまに生野菜を食べるとグッと美味しく感じる。
例えば6月3日の朝食は、ローソンで買ったコロッケバーガー、焼きおにぎり、そして前日にスーパーで買っていたトマト2個。t
丸のままのトマトのヘタを下にして置き、フォークで割って、塩とマヨネーズで味をつけながら食べる。
切ったりする時間が惜しいからこうして食べたのだけれど、なかなかいい。
いっときは2個で400円ほどになっていたトマトだが、今は2個で150円程度で買えるのでお役立ちだ。
手軽に栄養が摂れて格安なものとしてはバナナもある。

少しお話は逸れるけれど、母の付き添いでわたしも「病室に住んでいる」という状況で、本も10冊以上持ち込んでいるし、ある程度自分に着替えも置いてあるが、普段はさほど存在感はないけれど、実は「無ければ困る」2通りのアイテムに気づかされた。
一つは、「痒み止め」だ。
母は入院療養中なので市販の薬は使うべきではないが、わたしもけっこうな頻度であちこちが痒くなるタイプだ。
だから自宅では1年中痒み止めを身近に置いているのだが、付き添いを始めた段階ではその必要性に気づいてなかった。
ところが6月5日の晩、左脚内側が痒くなった。
少なくとも今回母が入院中の各病棟内では蚊を見かけたことはないので他の原因だろうが、痒いと当然ながら睡眠を妨げられる。
(こんな時に痒み止めがなくてどうする・・・)とその夜は後悔先立たずだった。
もう一つは、「耳かき(耳ほり)」だ。
やはり耳の穴の中、時折痒くなるのですね。
そして耳の穴のなかほど、「特定のアイテム(耳かき)」がなければどうしようもない痒みも他にはなかなかない。
それ以来わたしのバッグの中にはひっそりと小さな耳かきが待機している。

nice!(24)  コメント(5) 
共通テーマ:アート