So-net無料ブログ作成

極限の愛、日常の愛、その言葉 2019年7月5日 [愛の景色]

あなたは今
上にいる
下にいる時もある
どちらも物理的距離は

nice!(10) 
共通テーマ:アート

●〈「言葉」による革命〉・・・・「戦いの最前線」は、「家庭」・「カフェ」、そして「あなた」~小学生から高校生までに遭遇する「外見についての悩み」をどう解決するか。 [「言葉」による革命]

※2019年7月27日配信予定 末尾ルコ メルマガ(有料)より抜粋。

●〈「言葉」による革命〉・・・・「戦いの最前線」は、「家庭」・「カフェ」、そして「あなた」~小学生から高校生までに遭遇する「外見についての悩み」をどう解決するか。

一人の少年がいるとしましょう。
一人の少年の、小学生から高校生までの成長過程をイメージしてください。
その少年は、小学校から高校卒業までの期間にどれだけの困難に遭遇するか。
これはもう大きな困難から小さな困難まで合わせると無数の可能性があります。
すべての可能性に対して神経質になる必要はありませんが、ほとんどの可能性については「知っておく」ことが重要です。
まず保護者を含め、周囲の大人がまずそれらについて知り、適切なタイミングで子どもに伝えていくことが重要です。
人生の中で「思いもよらなかった状況に陥る」のは大きなリスクです。
下手をしたらその時点で人生計画が大きく狂うでしょうし、そこをどうにか乗り切ったとしても、生涯に渡るトラウマになってしまう場合も珍しくないでしょう。

(続きは、有料メルマガでお願いします)


・・・


●「言葉を語れ 美のように 戦士のように」




・・・・・・

山田姉妹『故郷 〜日本の愛唱歌Ⅰ』絶賛発売中!


山田姉妹『ふたつでひとつ〜心を繋ぐ、歌を継ぐ』絶賛発売中!!!

山田姉妹の公式ブログ
https://ameblo.jp/karei1224/
山田姉妹の公式ツイッター
https://twitter.com/karei1224

山田姉妹『ふたつでひとつ ~心を繋ぐ、歌を継ぐ』インタビュー
http://www.billboard-japan.com/special/detail/2265

山田姉妹のあらゆる公演、あらゆる活動を徹底的に応援します!

http://t.pia.jp/pia/artist/artists.do?artistsCd=D5210002


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「言葉」に関するあらゆることは、下記へご打診ください。 sueoruko?mail.goo.ne.jp (?を半角のアットマークに変えてください)

革命・芸術 末尾ルコ

▲原稿ご依頼受付中 つまらないライターばかりに書かせていては、あなたのメディアは結果的に社会を害していることになります。わたしにご依頼ください。一緒に社会をよき方向へ進めましょう。
▲〈「言葉」による革命〉に関する多様なレッスン、受付中。あなたも「言葉の戦士」として生き抜いてください。
直接レッスンは、現在は高知市のみ。
有料メルマガで格安にレッスン可能です。ぜひ、ご登録を!

少しでもご興味を持ってくだされば、気軽にご連絡ください。  末尾ルコ

nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

●我が母、心臓バイパス手術後、大転子部不全骨折後闘病記104日目~病室での食事、『ツナわさびフランス 茎わさび入』、『カロリーメイト』。~『夜明けの祈り』の歌う修道女たち。 [「言葉」による革命]

●我が母、心臓バイパス手術後、大転子部不全骨折後闘病記104日目~病室での食事、『ツナわさびフランス 茎わさび入』、『カロリーメイト』。~『夜明けの祈り』の歌う修道女たち。

末尾ルコ「我が母、食と音楽の話題」

7月1日(月)手術後104日目
転院68日目

病室では早めに寝て、翌日の午前6時までには普通起床するパターンだ。
なのでラジオをつけ、午前6時から放送のNHK FM『古楽の楽しみ』をほぼ毎日つけている。
バロック音楽やキリスト教音楽などを流す番組なのだが、キリスト教における「歌」という存在に今更ながら強く興味を持っている。
あるいはキリスト教に留まらず、
「人間にとっての歌」というテーマだ。
映画『夜明けの祈り』で修道女たちが厳しい境遇の中、しかし讃美歌を歌っている姿が美しく印象的であることも興味を深めている。

なにせ食事にコンビニパンの出番が多く、少々辟易することも多いが、まあせっかくだからそれらパンについても書いていこうかなと。
例えば7月1日はローソンで買った『ツナわさびフランス 茎わさび入』を食べた。
製造者は株式会社オイシス伊丹工場とある。
このパンであるが、「ツナわさびフランス」と銘打たれているが、どこが「フランス」なのかよく分からない。
日本で売られている「フランス」が冠せられたパンの多くは、食感、あるいは形態が「バゲット(いわゆるフランスパン)風」であるものが多いが、このパンは丸っこいし、食感もコッペパンをやや硬くしたような感覚なのだ。
パンの中心部にツナや茎わさびを和えたようなものが入っていて、特にわさびの風味が好きな人にはいいかもしれないが、わたしは・・・もう買わないだろうなあ。

食べ物のお話しついでにもう一つ。
とにかく今は、「食事に費やす時間が無い、お金が無い」という状況で、あ、お金が無いのはいまだけじゃないですが、「安く、早く食べられる食品」が圧倒的中心となっている。
そうした時節にいささか便利なのが、ローソンで売っている

「ばくだんおにぎり」だ。

すべてのローソン店舗が同様なのかは知らないが、わたしがよく行く最寄りのローソンで「ばくだんおにぎり」は店内製造とされており、確かに工場から運ばれてくるおにぎりよりもご飯に炊き立て感が強い。
「ばくだんおにぎり」は今のわたしにとって、「すぐに食べられる」「量が多い」「(特に卵焼き入り)は蛋白質がある程度確保できる」といったメリットがある。

そう言えば最近久々に『カロリーメイト』を食べた。
『カロリーメイト』がいまだにしっかり販売されているのも驚きだが、味も発売開始以来変わってないのも驚きだ。
いや、わたしは食の、そして『カロリーメイト』の専門家ではないから、本当に変わっていないのか、変わっているとすればどのくらいかなど詳しいことは分からない。
わたしが食べた感覚として、「変わってない」というお話だ。
『カロリーメイト』の場合、発売当初からとても「美味しい」と言える代物ではなかったことが逆に、(こういうものを敢えて食べたのだから、何か体にいいことあるかも)感を持たせる要因となっているのではないか。
あの見た目、あのやたらぎっしり詰まった感、あの硬さ、そしてパサパサ感・・・今日びメジャーな市販食品で他にこういうの、見当たらない。
食べていると何となく、何かの「プロ」になった感覚持てるでしょう。

nice!(26)  コメント(3) 
共通テーマ:アート