So-net無料ブログ作成

●〈「言葉」による革命〉・・・・「戦いの最前線」は、「家庭」・「カフェ」、そして「あなた」~「言葉のデリケート」を理解できない人は、「周囲の迷惑」になっています。 [「言葉」による革命]

※2019年9月20日配信予定 末尾ルコ メルマガ(有料)より抜粋。

●〈「言葉」による革命〉・・・・「戦いの最前線」は、「家庭」・「カフェ」、そして「あなた」~「言葉のデリケート」を理解できない人は、「周囲の迷惑」になっています。

▲レッスン1「言葉のデリケート」

はい。
「言葉のデリケートでかつ冒険的な使い方」の境地へと向かう・・・とりわけ「言葉の戦士」を志す人は「言葉のデリケート」を日々研鑽せねばなりません。
「言葉の冒険的な使い方」はある程度以上「デリケート」を理解し、運用できるようになった後の話です。
そうです、サブタイトルにも記したように、

「言葉のデリケート」を理解できない人は、「周囲の迷惑」になっています。

よく「毒舌」を売り物のようにしている人が、有名人でも一般の人でもいますけれど、「言葉のデリケート」を理解した上で敢えて「毒舌」的な言葉を発している人と、「言葉のデリケート」を理解できてなくて実は「口が悪いだけ」の人はしっかり区別せねばなりません。
特に一般人の中には後者が多いものです。
「毒舌」風なことを連発し、自分は「ウケている」と勘違いしている手合いですね。

(続きは、有料メルマガでお願いします)

・・・


●「言葉を語れ
美のように
戦士のように」





・・・・・・

山田姉妹『故郷 〜日本の愛唱歌Ⅰ』絶賛発売中!


山田姉妹『ふたつでひとつ〜心を繋ぐ、歌を継ぐ』絶賛発売中!!!

山田姉妹の公式ブログ
https://ameblo.jp/karei1224/
山田姉妹の公式ツイッター
https://twitter.com/karei1224

山田姉妹『ふたつでひとつ ~心を繋ぐ、歌を継ぐ』インタビュー
http://www.billboard-japan.com/special/detail/2265

山田姉妹のあらゆる公演、あらゆる活動を徹底的に応援します!

http://t.pia.jp/pia/artist/artists.do?artistsCd=D5210002


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「言葉」に関するあらゆることは、下記へご打診ください。 sueoruko?mail.goo.ne.jp (?を半角のアットマークに変えてください)

革命・芸術 末尾ルコ

▲原稿ご依頼受付中 つまらないライターばかりに書かせていては、あなたのメディアは結果的に社会を害していることになります。わたしにご依頼ください。一緒に社会をよき方向へ進めましょう。
▲〈「言葉」による革命〉に関する多様なレッスン、受付中。あなたも「言葉の戦士」として生き抜いてください。
直接レッスンは、現在は高知市のみ。
有料メルマガで格安にレッスン可能です。ぜひ、ご登録を!

少しでもご興味を持ってくだされば、気軽にご連絡ください。  末尾ルコ

nice!(12)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

極限の愛、日常の愛、その言葉 2019年8月23日 [愛の景色]

そんなわけで
18日には
あなたに会えたのです
「救い」である
あなたに

nice!(10) 
共通テーマ:アート

●我が母、心臓バイパス手術後、大転子部不全骨折後闘病記153日目~8月26日は2回目の面談、下剤プルセニドの効果再びか?~『スパイシーなダブルメンチカツパン』は本当に辛いという感想。 [「言葉」による革命]

●我が母、心臓バイパス手術後、大転子部不全骨折後闘病記153日目~8月26日は2回目の面談、下剤プルセニドの効果再びか?~『スパイシーなダブルメンチカツパン』は本当に辛いという感想。

8月19日(月)手術後153日目
転院117日目

昨夜お話したとおり、母はまた約3日間のお通じなしで17日夜9時に下剤プルセニドを服用した。
今度はどうかなあと思いつつ翌日を待ったが、午後2時半くらいにしっかりと便通があった。
これで2回連続して、「就寝前プルセニド2錠服用→翌日午後お通じ」というパターンとなった。
もちろんいつでもこうなるとは思えないが、下剤の使い方としては無難な展開になっている。

8月17日に担当の理学療法士が「2回目の面談をやりたいのですが、8月26日の同じ時間でいいでしょうか」と言ったので、「いいです」と返事した。
2回目の面談の日に「家庭訪問」の日程なども決めたいという。
「9月末までに」という退院の目安であるけれど、自宅の片づけが容易ではないわたしとしては、う~ん、9月・・・8日くらいが妥当か。
ちと遅い?
ま病院側の都合もあるし、面談までに候補日をいくつか検討しておこう。

ちなみに我が家、家の中だけでなくて庭も雑草ジャングルとなっている。
どうしてここまで放置したのかと、自分で自分が信じ難いが今更嘆いても仕方ない。
家庭訪問の日までに、まあ庭はなかなか手を付けられないだろうな。

・・・

ではまた市販パンの感想なども。

【8月18日昼】

『スパイシーなダブルメンチカツパン』(山崎製パン)辛子入りメンチカツ
 ↑
これは「スパイシー」とかいうレベルではなくて、本当に辛かった。
メンチカツをこんなに辛くする必要があるのか?
けれど「激辛」に目がない女性が多いから需要も十分あるのかも。
ももクロのメンバーも激辛をよく食べているようだし。
わたしはこのパンを食べた後、1~2分舌がひーひー言っていた。
総合的には可もなし不可もなし。

『しっとりソフトなハムチーズマヨ』(神戸屋)
 ↑
『スパイシーなダブルメンチカツパン』と一緒に食べただけに、舌が癒される感じはあった。
軽食にはぴったりかも。

・・・

映画『パリ、憎しみという名の罠』についてもう少し。
主演はブノワ・マジメルで、暗黒街の大物である義理の父親に「負け犬」と罵られて三行半を叩きつけられ、窮地を脱そうと「温室効果ガスの排出量取引」に手を出し、儲けはするがどんどん危険な状況に陥っていく。
「堕ちていく男」を演じるブノワ・マジメルのカッコいいこと。
ポマードこってりのオールバックに嫌らしい上目遣い・・・かなり悪いが悪の大物ではなくかなりセコくもある。
ブノワ・マジメルはノーブルで整った美しい顔立ちをしているのだが、立派な人物やカッコいい人物はほとんど演じない。
ロクでもない人物を演じ、とてもリアル。
そこにマジメルのカッコよさがある。


nice!(27)  コメント(4) 
共通テーマ:アート