So-net無料ブログ作成
「言葉」による革命 ブログトップ
前の10件 | -

●我が母、心臓バイパス手術後、大転子部不全骨折後闘病記114日目~お腹の緩さに苦しんだ日、あらためて「排泄」の切実さを考える。~『女神よ、銃を撃て』70代半ばのカトリーヌ・ドヌーヴのカリスマ。 [「言葉」による革命]

●我が母、心臓バイパス手術後、大転子部不全骨折後闘病記114日目~お腹の緩さに苦しんだ日、あらためて「排泄」の切実さを考える。~『女神よ、銃を撃て』70代半ばのカトリーヌ・ドヌーヴのカリスマ。

7月11日(木)手術後114日目
転院78日目

7月10日から11日は母にとってとても辛い時間だった。
お腹がかなり緩かったのである。
まあこういうことはあまり書きたくないのだが(いろいろな意味でです)、一日3回以上面会に来ていた頃よりも、付き添いをしていると心底痛感させられるところがあるので、やはり時に触れていかねばと考えている。
もちろん人間にとって排泄は必須の行為である以上、入院患者だけでなく、わたしにとってもあなたにとってもいずれ直面する大きく切実なテーマである。
つまりわたしたちが常日頃「トイレ」と定めた場所で問題なく排泄できているのは人類の文明が発展してきた過程における「特別」な状態であり、しかしその状態を享受している現代においても、いつどんなきっかけで「トイレ」を享受できなくなるか分からない。
当然のことであり、わたしも知識としては理解しているつもりだったけれど、目の前で母が難渋している姿を見て、心からその切実さが理解できたということだ。

7月10日時点で母はまだ自力歩行ができず、コルセット着用して車椅子で移動と、リハビリでは右脚に軽い荷重をかけて立つ練習をしている。
病室にポータブルトイレを置いて練習もしているが、いちいちコルセット着用してスタッフに介助してもらっている状態だ。
この状況でお腹が緩くなったらどうなるか、詳細を書かなくてもご想像いただけるだろう。

この日、お腹が緩くなった原因を特定することはできないが、比較的便秘気味になりやすい体質なので、A病院でも下剤が処方されていて、体調によっては効き過ぎることもあるというのが一因だとは思う。
取り敢えず7月10日から下剤を中止してくれることになった。

・・・

『女神よ、銃を撃て』というフランス映画がなかなかおもしろかった。
主演はカトリーヌ・ドヌーヴ、そしてダイアン・クルーガー。
『女神よ、銃を撃て』はフランスのメジャーな映画サイト『AlloCine』(←フランス語変換できませんでした)では辛い点数が多いけれど、批評家というものは映画史的見地を中心に作品のクオリティについて探究することが多く、それはそれでもちろん尊重するけれど、「それだけ」では映画のおもしろさやパワー、ポテンシャルが伝わらないのも事実だ。
つまり何が言いたいのかというと、「映画史的に足跡は残らなくとも、クオリティに数々のツッコミどころがあったとしてもおもしろい作品は無数にあるということ。
『女神よ、銃を撃て』もそんな一本で、まずは70代も半ばのカトリーヌ・ドヌーヴのカリスマ性にズキズキする。

nice!(5)  コメント(0) 

●我が母、心臓バイパス手術後、大転子部不全骨折後闘病記113日目~入院患者だけでなく、人間にとって大きな課題の「排泄」。 [「言葉」による革命]

●我が母、心臓バイパス手術後、大転子部不全骨折後闘病記113日目~入院患者だけでなく、人間にとって大きな課題の「排泄」。

7月10日(水)手術後113日目
転院77日目

昨夜の記事で「失敗のないようにしなければならない。」と書いたが、見直した時には、

「失敗の内容にしなければならない。」

となっていた。
並べてみよう。
「失敗のないようにしなければならない。」「失敗の内容にしなければならない。」
意味はほぼ真逆になる。
手書きであれば、「ないように」を「内容に」とは絶対書かないはずで、こうした間違いが起こるのは変換作業ならではだろう。
それはさて置き、ことわざや故事成語を集めた辞典やサイトなどを見ていると、今までにまったく見たことも聞いたこともなかったものもあるし、それに近いものもある。
もちろん知っている人は知っているのだろうが、余程ことわざ・故事成語に積極的でなければ生涯知らないままであろう言葉も多く、「生涯知らなかったはずだった物事を知る」という経験は、思えばなかなかエキサイティングである。
なのでこれからは、珍しいことわざ・故事成語などの紹介もしていきたい。
まあ人生、「生涯知らなかったはずだった物事を知る」といった経験はいくらでもできるもので、そうしたことにどれだけワクワクできるかも、豊かに生きるための精神性の一つなのですな。
例えばある午後に小雨が降ってきて、そりゃあ誰だってその時々に辛いこと哀しいこと、何とも譬えようのない憤懣もあるだろうけれど、窓の向こうに緩やかに降る小雨を見て(美しい)としばし安らいだ気持ち、人生の愉しさの一つとして感じ取れるか取れないか…間違いなく前者の方が豊かであり、本当の意味での得な人生を歩んでいるのかなと思います。

それにしても、これは入院中の話だけではないのだけれど、人間にとって「排泄」がいかに重大問題か、つくづく身に沁みる今日この頃なのである。
「母の闘病記」をずっとアップしているけれど、毎日起こる出来事すべてを記すなんて真似はできないし、やるべきでもないわけで、アップしているのは「ブログ記事として相応しい、少なくとも悪くない」とわたし自身が判断した内容である。
書きたくても分量的に書けない出来事もあれば、書く必要がないとわたしが判断したもの、あるいは書くべきでない、書かない方がいいなど、いろんな取捨選択が働いているのである。
まあぶっちゃけ、いろいろな意味で「あまり書いていない」のが排泄に関する話題で、母は入院以来まだ自立歩行できてないのだから、排泄に関するトラブルは今まで山のようにある。
特に現在、まだ自立歩行できないけれど、それ以外はどこといって痛いとかしんどいとかいう部分はないわけで、それだけに排泄に関して生じる精神的ストレスは極めて強くかかっている。
そして痛感するのが、いかに化学が進んでも、人間は「どんな状況の人でも気持ちよく排泄できる」境地には程遠いのだなあという事実だ。

nice!(20)  コメント(3) 

●〈「言葉」による革命〉・・・・「戦いの最前線」は、「家庭」・「カフェ」、そして「あなた」~卑近なるケーススタディ、中学時代にモテなかった男が高校でモテるようになった実例。 [「言葉」による革命]

※2019年8月10日配信予定 末尾ルコ メルマガ(有料)より抜粋。

●〈「言葉」による革命〉・・・・「戦いの最前線」は、「家庭」・「カフェ」、そして「あなた」~卑近なるケーススタディ、中学時代にモテなかった男が高校でモテるようになった実例。

「1980年代から2000年代にかけての、黒人に対する日本人からの感覚の転倒」というお話をしましたけれど、これはまあ歴史的にも大きな出来事。
歴史上稀に見る感覚の、価値観の転倒、そして転換と言えます。
しかしミクロな視点で世の中の流れ、そして身の回りを見てみれば、こうした転倒、転換は珍しいことではありません。
それどころか、「よく起こっている」のです。
わたしの知っている卑近な例を挙げてみましょう。
中学時代の友人の男で、仮にNZと呼んでみましょう。
ニュージーランドとは何の関係もないですよ(笑)。
その男、中学時代はまったくモテませんでした。
まあ顔は「いい」とは言い難かったですし、頭の回転は速かったし成績もいい方だったのですが、それは中学時代はモテる材料になることは少なかったですから。
背も低くなかったし、体格もそこそこだったけれど、目立つほどではなかった。

(続きは、有料メルマガでお願いします)

・・・


●「言葉を語れ
美のように
戦士のように」





・・・・・・

山田姉妹『故郷 〜日本の愛唱歌Ⅰ』絶賛発売中!


山田姉妹『ふたつでひとつ〜心を繋ぐ、歌を継ぐ』絶賛発売中!!!

山田姉妹の公式ブログ
https://ameblo.jp/karei1224/
山田姉妹の公式ツイッター
https://twitter.com/karei1224

山田姉妹『ふたつでひとつ ~心を繋ぐ、歌を継ぐ』インタビュー
http://www.billboard-japan.com/special/detail/2265

山田姉妹のあらゆる公演、あらゆる活動を徹底的に応援します!

http://t.pia.jp/pia/artist/artists.do?artistsCd=D5210002


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「言葉」に関するあらゆることは、下記へご打診ください。 sueoruko?mail.goo.ne.jp (?を半角のアットマークに変えてください)

革命・芸術 末尾ルコ

▲原稿ご依頼受付中 つまらないライターばかりに書かせていては、あなたのメディアは結果的に社会を害していることになります。わたしにご依頼ください。一緒に社会をよき方向へ進めましょう。
▲〈「言葉」による革命〉に関する多様なレッスン、受付中。あなたも「言葉の戦士」として生き抜いてください。
直接レッスンは、現在は高知市のみ。
有料メルマガで格安にレッスン可能です。ぜひ、ご登録を!

少しでもご興味を持ってくだされば、気軽にご連絡ください。  末尾ルコ

nice!(12)  コメント(0) 

●我が母、心臓バイパス手術後、大転子部不全骨折後闘病記112日目~ある晩何度もふくらはぎ・向う脛が攣った原因と対策を考える~リハビリ病棟復帰も近いか?今度こそ。 [「言葉」による革命]

●我が母、心臓バイパス手術後、大転子部不全骨折後闘病記112日目~ある晩何度もふくらはぎ・向う脛が攣った原因と対策を考える~リハビリ病棟復帰も近いか?今度こそ。

7月9日(火)手術後112日目
転院76日目

7月9日の、と言うか7月8日夜から9日朝にかけてだけれど、睡眠はけっこう取れたが左脚ふくらはぎと向う脛が攣って攣って敵わなかった。
普通は攣ってもしばらくして痛みが止まればその後は無難に過ごせるものなのだが、この日は治っては攣り、治っては攣りの繰り返しで、その割にはよく睡眠も取れたと思うのできっと攣ってない時間も多くあったのだろうが、その割には攣りに苦しめられた。
毎晩こんなことではどうにもならないので原因を究明して対策を講じねばならない。
以前「腰の辺りにクッション的なものを敷いて寝る」ことでふくらはぎ及び向う脛痙攣を防げるようになった旨記したが、この夜もそれをやっていたけれど通じなかったことになる。
この度の原因は思い当たることがあり過ぎるくらいなのだが、

・栄養バランスの偏り。
・病室内で同じ姿勢でいる時間が長い。
・右肩に重い荷物を持って毎日階段を上がる。
・筋トレはやっているが、有酸素運動はほとんどできてない。
・3カ月以上、常に大きなストレスを受け続けている。
全ての要因が絡み合っている可能性が高いが、一番影響を受けているのが自覚的には「右肩に重い荷物を持って毎日階段を上がる。」だ。
これは以前からの悪い癖のようなもので、そもそも荷物が10kg前後あるのが問題だけれど、すべて右肩にかけて歩くのが、歩いている時点で具合がいいからついやってしまう。
それでかなりキツイ腰痛にもなったわけだ。
腰痛の方は筋トレやストレッチでどうにかましになってきているが、左腰や左大腿部、そして左ふくらはぎや向う脛に攣りや痛みがしょっちゅう表れるのはやはり右肩に極端な荷重をかけていることの影響だと思う。
歩くときにどうしても腰が傾いてしまうのだ。
だから骨盤がずっとずれ気味なのではと・・・素人診断だけれど、想像している。
毎晩攣ったんじゃたまらないから、しっかり改善していかねばね。

9日は病室に担当の整形外科医が現れて、「2日後くらいから右脚にもっと荷重をかけていく」と言った。
大転子部不全骨折が完治したわけではないが、確かにほとんど痛みは訴えなくなっている。
そして「そろそろリハビリ病棟へ戻る」という話も出てきた。
「そろそろ」がいつになるかは分からないが、今度こそは失敗のないようにしなければならない。

・・・

『愛しのマレーネ・ディートリッヒ』(高橋暎一著 教養文庫)のお話をもう少し続けよう。
いやこの本思った以上におもしろかったので、今後も一つのベースとしていろいろお話をしていきたいと思っている。
と、予告編のように語り、今夜はここまでである。

nice!(20)  コメント(3) 

●〈「言葉」による革命〉・・・・「戦いの最前線」は、「家庭」・「カフェ」、そして「あなた」~「外見」について若者になにをどう語るべきか、「1980年代からの価値の転倒」とは?15 [「言葉」による革命]

※2019年8月9日配信予定 末尾ルコ メルマガ(有料)より抜粋。

●〈「言葉」による革命〉・・・・「戦いの最前線」は、「家庭」・「カフェ」、そして「あなた」~「外見」について若者になにをどう語るべきか、「1980年代からの価値の転倒」とは?

身体や外見に関する「変えていくべき既成の常識」とはどのようなことか。
まず変えなければならないのは、

「その時期その時期に世間的に〈いい〉とされている外見」

を絶対に、絶対視しないことです・
「その時期その時期に世間的に〈いい〉とされている外見」の多くは、少し時代が変わるだけで、大きく評価も変わります。
もちろん「おそらく普遍的に〈いい〉と思われ続ける」外見もあるでしょう。

・・・


●「言葉を語れ 美のように 戦士のように」




・・・・・・

山田姉妹『故郷 〜日本の愛唱歌Ⅰ』絶賛発売中!


山田姉妹『ふたつでひとつ〜心を繋ぐ、歌を継ぐ』絶賛発売中!!!

山田姉妹の公式ブログ
https://ameblo.jp/karei1224/
山田姉妹の公式ツイッター
https://twitter.com/karei1224

山田姉妹『ふたつでひとつ ~心を繋ぐ、歌を継ぐ』インタビュー
http://www.billboard-japan.com/special/detail/2265

山田姉妹のあらゆる公演、あらゆる活動を徹底的に応援します!

http://t.pia.jp/pia/artist/artists.do?artistsCd=D5210002


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「言葉」に関するあらゆることは、下記へご打診ください。 sueoruko?mail.goo.ne.jp (?を半角のアットマークに変えてください)

革命・芸術 末尾ルコ

▲原稿ご依頼受付中 つまらないライターばかりに書かせていては、あなたのメディアは結果的に社会を害していることになります。わたしにご依頼ください。一緒に社会をよき方向へ進めましょう。
▲〈「言葉」による革命〉に関する多様なレッスン、受付中。あなたも「言葉の戦士」として生き抜いてください。
直接レッスンは、現在は高知市のみ。
有料メルマガで格安にレッスン可能です。ぜひ、ご登録を!

少しでもご興味を持ってくだされば、気軽にご連絡ください。  末尾ルコ

nice!(8)  コメント(0) 

●我が母、心臓バイパス手術後、大転子部不全骨折後闘病記110日目~7月8日は3食とも完食、体重の日内変動は?~わたしはブラックアンガス牛の弁当を食べた。 [「言葉」による革命]

●我が母、心臓バイパス手術後、大転子部不全骨折後闘病記110日目~7月8日は3食とも完食、体重の日内変動は?~わたしはブラックアンガス牛の弁当を食べた。

末尾ルコ「母の話、食の話題」

7月8日(月)手術後111日目
転院75日目

母の食欲についてのお話をしたけれど、7日晩完食は完食、8日は朝、昼、晩と完食だった。
まあ様子見ということですな。
8日には体重も計り、52.7kg。
前回が53kgだったからほとんど同じと考えるべきか、やや減少気味と考えるべきかは引き続き観察しなければ分からない。

ところでこの度俄かに興味が出たのだが、人間って1日の間でもけっこう体重の増減があるんですね。
わたしはまるっきり体重計に乗らないので意識してなかったが、そりゃあまあそうだ、人によっては水分を2ℓや3ℓや4ℓくらいは普通に飲んでいるだろうし、1食で1kgくらいの食事量でもさほど多くないという人もいるだろうし(定かではないですが)、食事後グッと体重が増えて、排泄量によってはグッと減る場合もあるだろう。
ともあれ母には今後適切に栄養を摂ってもらうようはからいたい。

・・・・

わたしの食事のお話しをすると、これも7日だったか、スーパー(『サニーマート』)の3割引きで買ったブラックアンガス牛の牛飯的弁当がなかなか美味しかった。
その時は半額で寿司とつけ麺的なものがセットになった弁当もあったけれど、敢えて3割引きのブラックアンガス牛を買った冒険心を認めていただけるだろうか。
しかも同スーパーの普通の牛飯的弁当を過去に食べ、ただ味付けが濃いだけで辟易した記憶も新しいのにこの冒険だ。
で、ブラックアンガス牛の弁当、美味しかったんです。
味付けは濃いけれど濃すぎずまろやかさも感じたし、何より牛肉が柔らかかった。
(スーパー弁当の牛肉に美味しいだなんて)と嘲笑う人はそうすればいい。
嘲笑われる屈辱を味わったことのない人間に人生の真実は見えてこないものなのです。

さらに『サニーマート』での出来事を語らせていただければ、6日だったか、半額シールを物色しながら惣菜コーナーを練り歩いていたわたしから2mほど前に正しく半額シール、しかも「ローストポーク」なんぞと食べなれない名目の食品が置かれているではないか。
すーっと吸い込まれるようにローストポークへ歩を進めていたわたしの前に音もなく小柄なおじさんが割り込んできて、何ら躊躇することなくローストポークを手に取ってかごへ入れたではないか。
おいおい、人間、遠慮や譲り合いの精神も必要なのではないか?
などと憤懣やるかたない気持ちで半額大盛りスパゲッティをかごにいれ、その夜も食べ過ぎてしまったわたしなのである。

アンガス牛については次のサイトで簡単に説明されてある。
ご興味あれば、どうぞ。

最近よくみる「アンガス牛」。じつはアメリカとオーストラリアじゃ別モノなんです
https://the360.life/U1301.doit?id=2978


nice!(17)  コメント(2) 

●〈「言葉」による革命〉・・・・「戦いの最前線」は、「家庭」・「カフェ」、そして「あなた」~「身体・外見」について、教師や親はどう説明していくべきか。 [「言葉」による革命]

※2019年8月5日配信予定 末尾ルコ メルマガ(有料)より抜粋。

●〈「言葉」による革命〉・・・・「戦いの最前線」は、「家庭」・「カフェ」、そして「あなた」~「身体・外見」について、教師や親はどう説明していくべきか。

しかし「身体」「外見」についての悩みに対する答えは難しいですね。
身体や外見は基本的には生まれ持ったものです。
美容整形などで人工的に手を加える場合もありますが、普通の生活者にとっては「生まれ持った姿=外見」です。
ある意味、生まれ持つき差があるのが身体であり、外見なのですね。
もちろん赤ちゃんの時分はほとんど皆同じようなものですが、その同じようなものの中に近い将来の「差」が含まれている。
後天的に栄養の摂り方や身体の動かし方などで変わってくる要素もあるでしょう。
しかし基本的には「生まれついての素材の中に生涯に渡る肉体条件が含まれている」と言えるのですね。

(続きは、有料メルマガでお願いします)

・・・


●「言葉を語れ 美のように 戦士のように」




・・・・・・

山田姉妹『故郷 〜日本の愛唱歌Ⅰ』絶賛発売中!


山田姉妹『ふたつでひとつ〜心を繋ぐ、歌を継ぐ』絶賛発売中!!!

山田姉妹の公式ブログ
https://ameblo.jp/karei1224/
山田姉妹の公式ツイッター
https://twitter.com/karei1224

山田姉妹『ふたつでひとつ ~心を繋ぐ、歌を継ぐ』インタビュー
http://www.billboard-japan.com/special/detail/2265

山田姉妹のあらゆる公演、あらゆる活動を徹底的に応援します!

http://t.pia.jp/pia/artist/artists.do?artistsCd=D5210002


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「言葉」に関するあらゆることは、下記へご打診ください。 sueoruko?mail.goo.ne.jp (?を半角のアットマークに変えてください)

革命・芸術 末尾ルコ

▲原稿ご依頼受付中 つまらないライターばかりに書かせていては、あなたのメディアは結果的に社会を害していることになります。わたしにご依頼ください。一緒に社会をよき方向へ進めましょう。
▲〈「言葉」による革命〉に関する多様なレッスン、受付中。あなたも「言葉の戦士」として生き抜いてください。
直接レッスンは、現在は高知市のみ。
有料メルマガで格安にレッスン可能です。ぜひ、ご登録を!

少しでもご興味を持ってくだされば、気軽にご連絡ください。  末尾ルコ

nice!(8)  コメント(0) 

●我が母、心臓バイパス手術後、大転子部不全骨折後闘病記110日目~食事を少し残して気になることと適正体重について。~『愛しのマレーネ・ディートリッヒ』(高橋暎一著 教養文庫)のプチ感想。 [「言葉」による革命]

●我が母、心臓バイパス手術後、大転子部不全骨折後闘病記110日目~食事を少し残して気になることと適正体重について。~『愛しのマレーネ・ディートリッヒ』(高橋暎一著 教養文庫)のプチ感想。

末尾ルコ「母の話、映画の話題」

7月7日(日)手術後110日目
転院74日目

7月6日は久しぶりにトイレへ行こうとした。
ポータブルでできる機会もできているので今が混同しがちな時期かもしれない。

7月7日でわたしが付き添いを始めてからおよそ1カ月と1週間。
その間ほとんど朝昼晩と完食だったのだが、6日晩と7日昼は少し残した。
普通の生活をしておればさほど気にならないけれど、入院中の食欲変化は気になる。
一過性のもの、つまりたまたまその日はお腹が張ってしまったということであればいいのだけれど、小さなことでも十分警戒しておかねばならない。
そう言えば最近母の体重測定があったのだが、「53㎏」だった。
実は慎重については正確な数値を知らないが、その時いた作業療法士(女性)に尋ねてみると、「150くらいじゃないでしょうかね」と言った。
仮に150で53kgならばまだ少し体重オーバーということになるだろうが、手術前はだいたい58~59だったので、5~6kg落ちたことになる。
大手術による体力低下、手術後しばらくは点滴のみ、そして高知赤十字病院では病院食にほとんど手を付けなかったことなどを考えると、意外と体重低下は少なかったとも言えるが、当然ながら食欲不振が続くと困る。
対応はいろいろ考えていなければならない。

・・・

母に朗読(音読)している本とは別に、自分で読む本もかなり病室へ持ち込んでいる。
その一つが『愛しのマレーネ・ディートリッヒ』(教養文庫)で、著者は高橋暎一。
わたしは高橋暎一という人は知らなかったのだが、略歴を見ると1933年生まれで『愛しのマレーネ・ディートリッヒ』は1992年に発行されている。
前から持っていた本ではなくて最近古本屋で買ったものだ。
こういう本は昨今そうそう手に入るものではなく、もちろん存在も知らなかった。
だから古本屋通いは止められない、想像もつかなかった本との出会いがある。
もっとも付き添いを始めてからは一度も足を運ぶ機会はないが。
高橋暎はこの本が出版された時点の肩書として、シネファッション研究家・日本映画ペンクラブ会員と記されている。
そしてこの人、マレーネ・ディートリッヒの大ファンだったということ。
だから『愛しのマレーネ・ディートリッヒ』は豊富な写真とともに、ディートリッヒへの賛辞で満ちているわけだ。
まあ世紀の大女優。
現在では想像もできないほどの大大大大大スター。
同時代ではグレタ・ガルボと並び称される世界の2大女王だったマレーネ・ディートリッヒだが、高橋暎一が特に強調しているのが脚線美で、そのこだわりぶりは久々になかなかにおもしろいものだった。

タグ:アート
nice!(21)  コメント(2) 

●〈「言葉」による革命〉・・・・「戦いの最前線」は、「家庭」・「カフェ」、そして「あなた」~若者の自殺相談、「悩み」上位の「身体」に対してのスタンス。 [「言葉」による革命]

※2019年8月3日配信予定 末尾ルコ メルマガ(有料)より抜粋。

●〈「言葉」による革命〉・・・・「戦いの最前線」は、「家庭」・「カフェ」、そして「あなた」~若者の自殺相談、「悩み」上位の「身体」に対してのスタンス。

厚生労働省が行っている会員制交流サイトの相談事業で、2018年の自殺相談が2万件を超え、そのうち8割超が若者によるものだったと報道されたのでしたね。
ただ、いつの時代も若者は悩み、時に自殺について想像したり、脳裏を過ったりするものです。
わたしもそうでした。
高校生くらいの頃は、(25歳くらいで死んでもいい)なんて考えてましたよ。
もちろん今振り返れば、何の深刻さもありませんでした。
よくある10代の粋がりで、(大人になんか、なってたまるか!)といった感じだったんです、わたしも。
高校時代のわたしにとって「25歳」はいかにも遠く、「30歳」となると、SFの近未来とほとんど変わらない・・・本当にそんな認識でしたよ。

(続きは、有料メルマガでお願いします)

・・・


●「言葉を語れ 美のように 戦士のように」




・・・・・・

山田姉妹『故郷 〜日本の愛唱歌Ⅰ』絶賛発売中!


山田姉妹『ふたつでひとつ〜心を繋ぐ、歌を継ぐ』絶賛発売中!!!

山田姉妹の公式ブログ
https://ameblo.jp/karei1224/
山田姉妹の公式ツイッター
https://twitter.com/karei1224

山田姉妹『ふたつでひとつ ~心を繋ぐ、歌を継ぐ』インタビュー
http://www.billboard-japan.com/special/detail/2265

山田姉妹のあらゆる公演、あらゆる活動を徹底的に応援します!

http://t.pia.jp/pia/artist/artists.do?artistsCd=D5210002


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「言葉」に関するあらゆることは、下記へご打診ください。 sueoruko?mail.goo.ne.jp (?を半角のアットマークに変えてください)

革命・芸術 末尾ルコ

▲原稿ご依頼受付中 つまらないライターばかりに書かせていては、あなたのメディアは結果的に社会を害していることになります。わたしにご依頼ください。一緒に社会をよき方向へ進めましょう。
▲〈「言葉」による革命〉に関する多様なレッスン、受付中。あなたも「言葉の戦士」として生き抜いてください。
直接レッスンは、現在は高知市のみ。
有料メルマガで格安にレッスン可能です。ぜひ、ご登録を!

少しでもご興味を持ってくだされば、気軽にご連絡ください。  末尾ルコ

nice!(9)  コメント(0) 

●我が母、心臓バイパス手術後、大転子部不全骨折後闘病記108日目~病院食3食完食の母、普通食はいつに?~「お粥さん」と呼ばれる理由はないが、他の食べ物でも社会実験。 [「言葉」による革命]

●我が母、心臓バイパス手術後、大転子部不全骨折後闘病記108日目~病院食3食完食の母、普通食はいつに?~「お粥さん」と呼ばれる理由はないが、他の食べ物でも社会実験。

末尾ルコ「母の話、食の話題」

7月6日(土)手術後109日目
転院73日目

母は現在のA病院に来てからは毎日3食ほぼ完食。
これはとても有難いことで、何度となく書いているように転院前の高知赤十字病院ではしばらくほとんど食べない状態が続いた手心配していた。
心臓バイパス手術数日間は点滴で栄養を摂っていて、その後経口食に変わってしばらくは極端に柔らかいお粥と具材をミキサーにかけた後型取りをしたようなメニュー内容中心がしばらく続いた。
それでも出された当初は「口から摂れる食事」と喜んで食べていたが、すぐにその食感や味にうんざりし始め、まったく食べる気がなくなった。
当然ながら明らかに体重も落ちてきていて心配していただけに、現在の完食状況は(よく食べてくれている)といつも感じている。
食事内容は、「普通のご飯に近いお粥」と「細かく刻んだ料理」が中心。
朝は牛乳が付く。
ホールでの食事で他の患者の様子を見ていると、母よりもずっと体調が悪そうな人が特に刻んでもいない普通食を食べていることも少なからずあるが、その辺りの違いがどうなっているかよく分からない。
母はまだ自立歩行ができないという以外は普通人と変わらないけれど、心臓バイパス手術後ということでまだ嚥下の際に注意が必要ということか。
ただ高知赤十字病院では転院直前に「脂っこいものなどでなければ、どんな差し入れを持って来てもいい」と言われたけれど、転院後2カ月以上経って食事内容が変わらないのは不思議ではある。

ところで病院食やまあ家庭でも病中などによく利用される「粥」であるけれど、現在のA病院でも看護師などに「お粥さん」と「さん」付けで呼ばれることが多い。
ご飯のことは「ご飯さん」とは呼ばないし、茶のことを「お茶さん」とは呼ばないのに、「粥」は「お粥さん」である。
こうして「さん」付けされる理由はネットでもいろいろ語られているが、わたしにはその内のどの説明が正しいかは分からない。
ただ、「お粥さん」と「さん」付けされるのがおもしろいなと、よく耳にするだけに感じてしまうということだ。
そこでここでは社会実験(笑)として、一部の食べ物に「さん」、あるいは「君」「ちゃん」「様」などを付けてみてしっくり行くか試してみたい。

・アイス
アイスさん、アイスちゃん、アイス君、アイス様・・・これはどれも行けそうだ。さほど違和感ない。さすがはアイスだ。
・アジフライ
アジフライさん、アジフライちゃん、アジフライ君、アジフライ様・・・う~む、ちょっと違うかなあという感もあるが、蛋白質不足を危惧していた時にスーパーで100円の大きなアジフライを見つけた時は、思わず「アジフライ様」と呼び掛けそうになった。
・ゆで卵
ゆで卵さん、ゆで卵ちゃん、ゆで卵君、ゆで卵様・・・さすが万能のゆで卵ではある。しかし見た目から考えて、「ゆで卵ちゃん」が最もしっくり来るのではないか。
・ビーフストロガノフ
ビーフストロガノフさん、ビーフストロガノフちゃん、ビーフストロガノフ君、ビーフストロガノフ様・・・ちょっと何をやっているか定かではなくなってきたけれど、長い料理名にはあまり合わないね。

この社会実験は今後また続くかは定かではない。

nice!(20)  コメント(3) 
前の10件 | - 「言葉」による革命 ブログトップ