So-net無料ブログ作成
「言葉」による革命 ブログトップ
前の10件 | -

●我が母、心臓バイパス手術後闘病記61日目、手術後母が「語る言葉」の内容を少し振り返る~『アニソン・アカデミー』で、ささきいさおを誉めまくる中川翔子の「言葉」とは。 [「言葉」による革命]

●我が母、心臓バイパス手術後闘病記61日目、手術後母が「語る言葉」の内容を少し振り返る~『アニソン・アカデミー』で、ささきいさおを誉めまくる中川翔子の「言葉」とは。

末尾ルコ「母の話、言葉の話題」

5月19日(日)手術後61日目
転院26日目

前日の母は比較的穏やかに過ごしたけれど、例えば夕方の面会でふと、「どうやって帰ろうかと思いよった。タクシーを呼ぼうか、バスにしようか、どうしょうか考えよった」などと現状ではあり得ないことを言う。
まあこのような現実の中に想念が入り込んでくるようなことは徐々に無くなっているとは思うが。
今まであまり詳しくは書いてないけれど、手術直後意識を取り戻し、話ができるようになってからしばらくは、夢と現実が何の違和感もなく交じり合った内容の話が主だった。
例えばとうに亡くなっている母の両親が生きているかのような話を普通にしていたが、そうした内容は現在ではまったく無くなっている。
最近でも出てしまうのが、「すぐに息子と一緒に替えることができる」という想念であり、それは恐らく母の強い願望が時に出てきてしまうのだろう。
しかし圧迫骨折が判明した時にその治療法を調べたのだが、「コルセット着用によるベッドでの生活が長期間に渡る場合、特に高齢者は認知症が進む懸念がある」という意味の情報もあり、わたしも懸念していたのだが、今のところまったくその心配はなさそうだ。
母の認知機能は手術直後に大きく落ちてしまった時期が現在までの最低ラインだとすれば、
そこからは日増しにレベルを上げてきている。
もちろんわたしも常に母の精神や知性、感性を刺激するよう心掛けている。

・・・

わたしは特に午後の時間、カフェでFM放送を聴きながら仕事するのが定番なのだけれど、NHK FMの土曜日午後2時から毎週中川翔子の『アニソン・アカデミー』を放送していて、(毎週アニソンの番組をやらなくても・・・)といつも思っていた。
ところが5月18日のことであるが、同番組に佐々木功(「ささきいさお」と平仮名でかくのがせいしき?)がゲストで招かれていたのである。
『宇宙戦艦ヤマト』のささきいさおであるから『アニソン・アカデミー』に招かれて当然ではあるけれど、驚いたのは中川翔子の褒めっぷり、持ち上げっぷり。
もう本当に身も世もないといった風情で、「いさお様!」を連発。
「この温かさ、このダンディズム!」とか、いや、正確にこの通りの言葉だったかは覚えてないけれど、「涙で化粧が全部取れてしまいました!(←そのために化粧が濃いのか?・・・というのは冗談ですが)」とか、本人を目の前にしてここまで興奮気味で称賛しまくれるのもなかなかのものだなあ、と。

実はわたしは書き言葉だけでなく、日常会話の中でも(いいな!)と感じたことはすぐに相手に伝えます。
中川翔子のようにあからさまに興奮してということはないけれど。
そしてもちろん、「褒める」という行為は、「心から」でないと空疎な言葉になってしまう点も要注意だが、さすがいくつになってもアニソンの道を突き進む中川翔子だけに、明らかにささきいさお、「滅多にないほど高揚している」ことがヴィヴィッドに伝わってきたのである。

nice!(6)  コメント(0) 

●山田姉妹へのメッセージ「声楽とスポーツ」 [「言葉」による革命]

●山田姉妹へのメッセージ「声楽とスポーツ」

末尾ルコ「音楽の話題で、知性と感性を磨くレッスン」

(5月13日のメッセージです)

スポーツとのコラボは確かに珍しいですね。しかし麗様はアスリート的な身体能力をお持ちですし、華様の梅ジャムをお作りになるお手並みはあたかも新体操のようです(←わたしの想像の中では 笑)。そして声楽の鍛錬とスポーツの鍛錬には共通点もあるのではとも想像する次第です。RUKO




●「言葉を語れ 美のように 戦士のように」

・・・・・・

山田姉妹『故郷 〜日本の愛唱歌Ⅰ』絶賛発売中!


山田姉妹『ふたつでひとつ〜心を繋ぐ、歌を継ぐ』絶賛発売中!!!

山田姉妹の公式ブログ
https://ameblo.jp/karei1224/
山田姉妹の公式ツイッター
https://twitter.com/karei1224

山田姉妹『ふたつでひとつ ~心を繋ぐ、歌を継ぐ』インタビュー
http://www.billboard-japan.com/special/detail/2265

山田姉妹のあらゆる公演、あらゆる活動を徹底的に応援します!

http://t.pia.jp/pia/artist/artists.do?artistsCd=D5210002


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「言葉」に関するあらゆることは、下記へご打診ください。 sueoruko?mail.goo.ne.jp (?を半角のアットマークに変えてください)

革命・芸術 末尾ルコ

▲原稿ご依頼受付中 つまらないライターばかりに書かせていては、あなたのメディアは結果的に社会を害していることになります。わたしにご依頼ください。一緒に社会をよき方向へ進めましょう。
▲〈「言葉」による革命〉に関する多様なレッスン、受付中。あなたも「言葉の戦士」として生き抜いてください。
直接レッスンは、現在は高知市のみ。
有料メルマガで格安にレッスン可能です。ぜひ、ご登録を!

少しでもご興味を持ってくだされば、気軽にご連絡ください。  末尾ルコ

nice!(9)  コメント(0) 

●我が母、心臓バイパス手術後闘病記60日目~時の訪れる精神的揺らぎを徹底的にサポートしたい~初めて機能訓練室でリハビリ。~就寝中のふくらはぎの攣り「わたしの症状」に即効があった方法とは。 [「言葉」による革命]

●我が母、心臓バイパス手術後闘病記60日目~時の訪れる精神的揺らぎを徹底的にサポートしたい~初めて機能訓練室でリハビリ。~就寝中のふくらはぎの攣り「わたしの症状」に即効があった方法とは。

末尾ルコ「母の話、健康医療の話題」

5月18日(土)手術後60日目
転院25日目

前日の夜の面会時、母はまた情緒不安定の様相を呈していた。
なにせ病室へ入ると完全に外されたコルセットが転倒防止用のソファにきれいに置かれてある。
よくこんなにきれいに置けるものだと、関心するやら呆れるやらだったが、もちろんこれは現段階でやってはいけない行為だ。
看護師を呼んで少し話を聴けば、夜7時前後から柵センサーが何度となく鳴り、来てみると「寂しい」などと言いだして、3回くらいコルセットを外し、ベッドの外へ出ようとする意志もあったという。
さらに、その時のことではないがホール(的な場所)に集まっての食事の際に、自分はさっさと食べて済ませ、何と車椅子から降りて病室へ帰ろうとしたという。
この時点で母の歩行能力はやはり介助や歩行器などを必要としており、自力で立つこともまだ覚束ない。
もちろん日々体力も歩行能力も驚くほど回復してくれてはいるが、勝手に車椅子から降りて歩こうとする行為はまだ厳禁である。

しかし考えてみればこうした状況、つまり体力回復してきて、本人もいろいろ(できる)という意識を持ちつつある時期だからこそのリスクはあらかじめ予想できることではあった。
幸いにも母の回復が予想以上の進展を見せているからこその際どい状況であり、ここをいかに乗り越えるかによって、退院も見えてくるというものだろう。
「寂しい」とか「帰りたい」とかいう精神の波についても、入院生活が2か月を越えてきた時期でもあり、その精神的サポートはまさにわたしがやるしかないことで、ありとあらゆる方法を試みてみよう。

この日は初めて「機能訓練室」でリハビリをやっていた。
ご存知の方も多いだろうが、機能訓練室とはちょっとしたジムのような場所であり、身体トレーニングのための様々な器具が用意されている。
この日に母がやっていたのはこれまでやってきた2本のバーや歩行器を使った歩行訓練と同様のものだったが、「普段と違う場所」へ来られるだけでも気分転換になるだろう。
ただリハビリ後、「今日は帰れるがかね」とか言い出し、また説明にある程度の時間を要したが。

・・・

わたしの身体コンディションの話だが、就寝中にふくらはぎや向う脛が攣ってかなりの痛みで睡眠を妨げられるという件については何度か書いている。
このところまたしょっちゅう攣るようになって困っていたけれど、「ある方法」を試したら、少なくともそれからはまだ攣っていない。
ただこれは、「わたしの症状に効いた」というだけのことで、多くの人に適用できるかは分からない点はご了承願いたいが、その方法とは、

「仰向けで眠る時、シーツを丸めたものを腰の上部に当たるように敷く」というものだ。

今後もこの方法で攣らないで済むかどうかはもちろん分からないが、今までのところ功を奏している。

nice!(28)  コメント(5) 

●山田姉妹へのメッセージ「敬礼」 [「言葉」による革命]

●山田姉妹へのメッセージ「敬礼」

末尾ルコ「音楽の話題で、知性と感性を磨くレッスン」

(山田姉妹は5月10日、伊勢佐木警察署で一日署長をお務めになりました)

制服姿がとても素敵です。お二人のステージは華麗なドレス姿が基本ですが、このような制服姿でお歌いになる企画なんかもすごくおもしろいなと思いました。そして敬礼の凛々しいこと。本当の意味での「強さ」や「優しさ」をお持ちのお二人ならではの凛々しさです。周囲の空気も自然と凛と引き締まる感じですね。RUKO



●「言葉を語れ
美のように
戦士のように」


・・・・・・

山田姉妹『故郷 〜日本の愛唱歌Ⅰ』絶賛発売中!


山田姉妹『ふたつでひとつ〜心を繋ぐ、歌を継ぐ』絶賛発売中!!!

山田姉妹の公式ブログ
https://ameblo.jp/karei1224/
山田姉妹の公式ツイッター
https://twitter.com/karei1224

山田姉妹『ふたつでひとつ ~心を繋ぐ、歌を継ぐ』インタビュー
http://www.billboard-japan.com/special/detail/2265

山田姉妹のあらゆる公演、あらゆる活動を徹底的に応援します!

http://t.pia.jp/pia/artist/artists.do?artistsCd=D5210002


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「言葉」に関するあらゆることは、下記へご打診ください。 sueoruko?mail.goo.ne.jp (?を半角のアットマークに変えてください)

革命・芸術 末尾ルコ

▲原稿ご依頼受付中 つまらないライターばかりに書かせていては、あなたのメディアは結果的に社会を害していることになります。わたしにご依頼ください。一緒に社会をよき方向へ進めましょう。
▲〈「言葉」による革命〉に関する多様なレッスン、受付中。あなたも「言葉の戦士」として生き抜いてください。
直接レッスンは、現在は高知市のみ。
有料メルマガで格安にレッスン可能です。ぜひ、ご登録を!

少しでもご興味を持ってくだされば、気軽にご連絡ください。  末尾ルコ

nice!(15)  コメント(0) 

●我が母、心臓バイパス手術後闘病記59日目~A病院の請求書内訳と額の傷の「ホッチキス」外し。~わたしはいかにして、チェン・カイコー『空海 美しき王妃の謎』よりも佐藤純彌『空海』を愉しんだか? [「言葉」による革命]

●我が母、心臓バイパス手術後闘病記59日目~A病院の請求書内訳と額の傷の「ホッチキス」外し。~わたしはいかにして、チェン・カイコー『空海 美しき王妃の謎』よりも佐藤純彌『空海』を愉しんだか?

5月17日(金)手術後59日目
転院24日目

前日にA病院から初めての請求書が来ていた。
この時期に来る請求はつまり転院日の4月24日から4月31日までの期間分である。
ぶっちゃけ請求額は「43,082円」。
その内訳は、保険対象負担が「38,590(自己負担額29,390円+食事療養負担額9,200円)+保険外負担「4,492円」だった。
さらに詳細な内訳については機会を改めてお話しできると思うが、この額であればどうにか今月は極端な火の車を避けられそうとだけ記しておこう。

この日もお通じの回数は落ち着いているようだ。
高知赤十字病院では下剤を使用してもなかなか便意に繋がらなかった時期もあったので、このところの活発な腸の働きはやはりリハビリによる身体の活性化や食が進んでいることが影響しているのだろう。

転倒による額の裂傷の「抜糸」を前の日に行った。
「抜糸」と言うか、この件に関する記事でも「数針縫った」と書いたけれど、より詳しくは、「ホッチキスのような医療器具で留めていた」というものだった。
その「ホッチキスのようなもの」を外す作業だったけれど、かなり痛かったようで、「大声で、痛い痛い言うて泣いたでえ」と母は語った。
そうしたことを我慢しないのも母らしいところではある。

・・・

チェン・カイコー監督の『空海 美しき王妃の謎』がわたしにはまったく合わすガッカリというお話はしたが、WOWOWは同作品放送の「おまけ」というわけではなかろうが、同時期に佐藤純彌監督の『空海』も放送した。
わたしはこの1984年公開の佐藤版『空海』は未鑑賞で、しかし当然チェン・カイコー『空海』が遥かに素晴らしい作品だろうと予想していたから、「いやあ~、北大路欣也の『空海』、笑っちゃったよお!」と語るくらいのつもりで両作品を鑑賞したのだが、結果的にはわたしにとって佐藤版『空海』完勝だった。
いや、佐藤版『空海』の作品的クオリティは決して高いとは思わない。
しかし、おもしろいのである。
たいへん分かりやすく撮られていて、しかも随所でツッコミを入れたくなるズッコケ感も満載。
こういうのも映画のおもしろさの大きな部分だ。

佐藤版『空海』は「全真言宗青年連盟映画製作本部」が東映と提携して製作したというだけに、極端なまでの空海理想化が実現しており、とりわけ最澄をずっと格下の宗教家のように描いているところも微笑ましいと言えば微笑ましい。


空海は北大路欣也が、最澄は加藤剛が演じているが、ストーリー上「空海よりずっと下だけれど、まあなかなかの宗教家だったよね」的な扱いのところをどうにか品格を保って造形している。
橘逸勢を石橋蓮司が演じているけれど、そのキャラクターが『トラック野郎』シリーズの愛川欽也のようで、常に泰然自若としている空海とおっちょこちょいの橘逸勢が同じシーンにいる時はまるでバディムービーのようである。
あとはまあ薬子を演じた小川真由美、いいですなあ。
本人はもっと過激に演じたかったというが、各方面(?)からストップがかかったとも。

さらに言えば、平安時代の話なのに登場人物の台詞が現代言葉とほとんど変わらず、分かりやすいったらない。
そうですね、「厳密なクオリティ」を求めない作品としては、このようなものも有りでしょう・・・というところか。


タグ:アート
nice!(25)  コメント(4) 

●〈「言葉」による革命〉・・・・「戦いの最前線」は、「家庭」・「カフェ」、そして「あなた」~「生涯に渡って強さを追い続けるという一大事業」、ももクロ百田夏菜子の「強さ」とは? [「言葉」による革命]

「強さ」を求めること。
これは、「言葉の戦士」を志す人すべて、生涯に渡って追い続けるべき一大事業です。
「事業」と言うとどうしても「企業」とか「起業」とか、そうしたお話になるのですが、何でもかんでもビジネスへと心を向けてはいけません。

「一人の人間が生涯に渡って強さを求める」

これこそ、「一人の人間がまずできる一大事業であり、社会貢献」なのですね。

この「強さ」という言葉。
今の日本の著名人の中で、誰に感じますか?

もちろんいろいろな名前が出てくるでしょう。
わたしの心にももちろん多くの人が浮かぶのですが、ちょっと意外かと思われるかもしれませんが、すぐに浮かぶ名前が

「ももいろクローバーZ」
中でもリーダーの
「百田夏菜子」なのです。

次の動画は7月7日23時59分まで無料で視聴できるので、しかも5分弱です、ぜひご覧ください。

ももいろクローバーZ「あんた飛ばしすぎ!!」(JAPAN JAM 2019 DAY-1)
https://gyao.yahoo.co.jp/player/11038/v00031/v0000000000000001271/



●「言葉を語れ 美のように 戦士のように」

・・・・・・

山田姉妹『故郷 〜日本の愛唱歌Ⅰ』絶賛発売中!


山田姉妹『ふたつでひとつ〜心を繋ぐ、歌を継ぐ』絶賛発売中!!!

山田姉妹の公式ブログ
https://ameblo.jp/karei1224/
山田姉妹の公式ツイッター
https://twitter.com/karei1224

山田姉妹『ふたつでひとつ ~心を繋ぐ、歌を継ぐ』インタビュー
http://www.billboard-japan.com/special/detail/2265

山田姉妹のあらゆる公演、あらゆる活動を徹底的に応援します!

http://t.pia.jp/pia/artist/artists.do?artistsCd=D5210002


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「言葉」に関するあらゆることは、下記へご打診ください。 sueoruko?mail.goo.ne.jp (?を半角のアットマークに変えてください)

革命・芸術 末尾ルコ

▲原稿ご依頼受付中 つまらないライターばかりに書かせていては、あなたのメディアは結果的に社会を害していることになります。わたしにご依頼ください。一緒に社会をよき方向へ進めましょう。
▲〈「言葉」による革命〉に関する多様なレッスン、受付中。あなたも「言葉の戦士」として生き抜いてください。
直接レッスンは、現在は高知市のみ。
有料メルマガで格安にレッスン可能です。ぜひ、ご登録を!

少しでもご興味を持ってくだされば、気軽にご連絡ください。  末尾ルコ

nice!(14)  コメント(0) 

●我が母、心臓バイパス手術後闘病記58日目~入院療養にとても重要、ナースコールの練習。 [「言葉」による革命]

●我が母、心臓バイパス手術後闘病記58日目~入院療養にとても重要、ナースコールの練習。

末尾ルコ「母の話、健康医療の話題」

5月16日(木)手術後58日目
転院23日目

そう言えば、母の入院生活の根本的問題の一つとして、「ナースコールを使わない」という状態が存在し続けていた。
「なぜ使わないのか?」と問われても、「慣れてないから」とか、「遠慮してしまうから」とか、そうした答えをするしかないのだが。
しかし母は病室内でも遠慮なく大声を上げることで知られているくらいだから、「慣れてないから」という理由が最も当て嵌まるのかもしれない。
1か月半ほど入院していた高知赤十字病院でも自らナースコールを押したことは一度もないかもしれない。
ただまったく看護師を呼ばなかったわけではなく、特に消化器感染症で感染者用の個室にいた時期は場所がナースステーションに隣接していたこともあり、大声を出して呼ぶことしばしばだったという。
現在の病室もナースステーションに近く、転倒・裂傷の時も「来て!」という大声で助けを呼んだのだった。
しかしどう考えてもまだ1か月以上の入院期間は必要だろうし、このまま「ナースコールは使わない」で通すわけにはいかない。
考えてみれば高知赤十字病院に1か月半いたといっても、その前半は術後直後の極めて不安定な体調であり、ナースコールどころではなかったのだ。
現在、転倒などのトラブルがありながらもリハビリが進み、体調そのものは順調になってきている状態を考えれば、「抵抗なくナースコールできる習慣」はどうしても付けてもらわねばと思い至った次第なのである。
急激な便意などの時に焦って我を忘れてしまうのも、(一人でいる時は自分でどうにかしなければならない)と思い込んでいるからであるのも大きな要因ではないか。

というわけで、この週は「何かあったら、すぐに気軽にナースコール」を一つの目標にして、いつも枕元にナースコール装置(?)を置き、そしてわたしが面会の際にたまたまお通じをもよおした際にコールを試してもらったりした。
やってみればもちろん簡単なもので、どうもナースコールをプッシュする必要性が分かってなかった母もじょじょに納得してきている感じ。
前夜は自らナースコールして、「食費をお支払いしたいですが」と頓珍漢なことを言ってしまったようだが(入院に関する諸費の請求はすべてわたしの方へ来ている)、それはそれでいいだろう。
既に同病院で2度転倒していることは全スタッフが知っているし、「呼び過ぎ」は困るけれど、いろんな用事でナースコールをしてコミュニケーションを取っておれば、「間違い」の生じる確率も減っていくのではないか。

・・・

この晩、同病棟の患者の一人の「呼吸が止まった」ということで、スタッフのほとんどがその病室へ小走りに集まっていく緊迫した瞬間を目の当たりにした。
日々こうした可能性に直面している医療スタッフたちの仕事というもの、単に「過酷」という言葉では語ることのできない「特別」なものだとあらためて感じた。

nice!(29)  コメント(5) 

●〈「言葉」による革命〉・・・・「戦いの最前線」は、「家庭」・「カフェ」、そして「あなた」~あなたは、「強く」なりたくないのですか?そもそも「強さ」とは何ですか? [「言葉」による革命]

※2019年5月24日配信予定 末尾ルコ メルマガ(有料)より抜粋。

●〈「言葉」による革命〉・・・・「戦いの最前線」は、「家庭」・「カフェ」、そして「あなた」~あなたは、「強く」なりたくないのですか?そもそも「強さ」とは何ですか?


ここでまた根源的な問い掛けに返ってみましょう。

あなたは、強くなりたいですか?

「なりたくない」と答える人もいるでしょう。
「ならなくていい」が一番多いかな。
人間それぞれどのような考えを持つのも自由。
だからこのような意思があってもいいのです。
けれどどうでしょう、「強くなりたくない・ならなくていい」人ばかりの社会って、あるいは家庭、あるいは様々な人間関係って、どんどん弱体化し、結局は瓦解してしまうんじゃないでしょうか。

「強くなりたくない・ならなくていい」と言う意見の中には内心(強くなりたい)と思っていても、そう表明したくない人もいるでしょうね。
まああれですよ、10代の頃テスト前に徹夜で勉強しているのに、「ぜんぜん勉強しなかった~」なんて言う人と似た心理だと思います。
日本人らしい奥ゆかしさですが、ちと幼児的ですね。
こうした境地はもう卒業すべきです。

「言葉の戦士」は「戦士」なのですからもちろん「強さ」を探求し続けます。

(続きは、有料メルマガでお願いします)


●「言葉を語れ 美のように 戦士のように」

・・・・・・

山田姉妹『故郷 〜日本の愛唱歌Ⅰ』絶賛発売中!


山田姉妹『ふたつでひとつ〜心を繋ぐ、歌を継ぐ』絶賛発売中!!!

山田姉妹の公式ブログ
https://ameblo.jp/karei1224/
山田姉妹の公式ツイッター
https://twitter.com/karei1224

山田姉妹『ふたつでひとつ ~心を繋ぐ、歌を継ぐ』インタビュー
http://www.billboard-japan.com/special/detail/2265

山田姉妹のあらゆる公演、あらゆる活動を徹底的に応援します!

http://t.pia.jp/pia/artist/artists.do?artistsCd=D5210002


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「言葉」に関するあらゆることは、下記へご打診ください。 sueoruko?mail.goo.ne.jp (?を半角のアットマークに変えてください)

革命・芸術 末尾ルコ

▲原稿ご依頼受付中 つまらないライターばかりに書かせていては、あなたのメディアは結果的に社会を害していることになります。わたしにご依頼ください。一緒に社会をよき方向へ進めましょう。
▲〈「言葉」による革命〉に関する多様なレッスン、受付中。あなたも「言葉の戦士」として生き抜いてください。
直接レッスンは、現在は高知市のみ。
有料メルマガで格安にレッスン可能です。ぜひ、ご登録を!

少しでもご興味を持ってくだされば、気軽にご連絡ください。  末尾ルコ


タグ:アート
nice!(13)  コメント(0) 

●我が母、心臓バイパス手術後闘病記57日目~入院中「便意」の辛さ~「要介護認定調査」の日程決まる。~チェン・カイコー『空海』は残念だったが、『男は愛嬌』の堅牢なおもしろさ。 [「言葉」による革命]

●我が母、心臓バイパス手術後闘病記57日目~入院中「便意」の辛さ~「要介護認定調査」の日程決まる。~チェン・カイコー『空海』は残念だったが、『男は愛嬌』の堅牢なおもしろさ。

末尾ルコ「母の話、映画の話題」

5月15日(水)手術後57日目
転院22日目

前日のリハビリは午前午後ともにとても好調でわたしも嬉しくなってしまったのだが、その日の夜の面会で病室に入ると、コルセットは外しているわ、頭が枕の位置と逆方向にあるわ、さらに柵センサーは外れているわの、ちょっとした惨状で、このところ「一日中穏やか」という状態がない。
しかしこの時もそうなってしまった動機が、「便意を感じて焦ってしまった」ということだから、もうこの点は大いに母に同情してしまう。
決して約束を破っているのではなく、「便意を感じると我を忘れる」時間ができてしまうのだ。
しかも2日ほど前からどうにも便意が頻回となっていることも母にとっては辛い状態だ。

「便意が頻回」となっている理由として考えられるのが、

・このところ病院食をほとんど食べている。
・午前・午後のリハビリで、血行や内臓の動きが活性化している。
・そうなっていながら(便秘気味だったので)続けていた下剤が効きすぎてきた。

などが挙げられると思う。
この状態を受けて、「取り合えず下剤を止める」ことも伝えられてきた。
便秘ももちろん困るけれど、早めに「適度」になってほしい。

この日朝の面会中に電話がかかってきた。
市役所からのもので、「要介護認定調査」の日程の提案だった。
変更がなければ、5月22日に行う予定で同意。
もちろんわたしも立ち会う。
「要介護認定調査」などは今社会、間違いなく多くの人の関心事であるから、その前後のわたしの取り組みを含め、いろいろとお伝えしていきます。

・・・

京マチ子死去のニュースが伝えられた翌日の新聞(『高知新聞』)テレビ番組欄を見てみると、案の定どこにも「京マチ子」の名などない。
そうです、これが今の「日本のテレビ」です。

で、5月19日は町内の一斉清掃で、しかし自宅前の側溝が広く奥深いという条件が宿命的なわたしは毎年1週間ほどかけて泥掬いなどをする必要があり、ただでさえ毎日最低4回の面会をしているわたしの忙しさは尋常ではないが、それでもどうにか毎日映画は少しでも観ることにしている。

『覇王別姫』も『始皇帝暗殺』も大好きなチェン・カイコー監督の『空海 美しき王妃の謎』がどうにも上滑りに感じたのは残念だったが、森崎東監督の『男は愛嬌』は安定のおもしろさ。
まず昨今の日本映画ではあり得ない、汗臭さ、泥臭さ、油臭さが嬉しい。
まあわたし自身は汗臭さ、泥臭さ、油臭さとはほとんど縁がないけれど(←気取ってるわけではありません)、こうした境地の中に人間の真実の姿が垣間見えることは理解している。

『男は愛嬌』は渥美二郎や倍賞美津子など、「役の人間そのもの」にしか見えない俳優陣が揃っているが、その中でいかにも素人臭い演技をする寺尾聡がとても目立っている。
おそらく森崎東監督は寺尾聡に敢えてそうした演技をさせて、周囲との差異を浮き彫りにしたのだろうけれど、現在の含蓄豊かな芝居をする寺尾聡から知っただけに、より愉しく鑑賞ができた。

nice!(26)  コメント(4) 

●山田姉妹へのメッセージ「一日署長」 [「言葉」による革命]

●山田姉妹へのメッセージ「一日署長」

末尾ルコ「音楽の話題で、知性と感性を磨くレッスン」

(5月9日、山田姉妹は伊勢佐木警察署で一日署長をお務めになりました)


伊勢佐木警察署で一日署長、そしてイセザキ・モールでのミニライブを行うのですね。きっと素敵な時間になることでしょう。モールなどでのイベントは、お二人を知らない方々もその天上的ご歌唱を経験するとてつもなく貴重な機会です。その時間は「日常」の向こう側から「天からの声」が・・・。RUKO


●「言葉を語れ 美のように 戦士のように」

・・・・・・

山田姉妹『故郷 〜日本の愛唱歌Ⅰ』絶賛発売中!


山田姉妹『ふたつでひとつ〜心を繋ぐ、歌を継ぐ』絶賛発売中!!!

山田姉妹の公式ブログ
https://ameblo.jp/karei1224/
山田姉妹の公式ツイッター
https://twitter.com/karei1224

山田姉妹『ふたつでひとつ ~心を繋ぐ、歌を継ぐ』インタビュー
http://www.billboard-japan.com/special/detail/2265

山田姉妹のあらゆる公演、あらゆる活動を徹底的に応援します!

http://t.pia.jp/pia/artist/artists.do?artistsCd=D5210002


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「言葉」に関するあらゆることは、下記へご打診ください。 sueoruko?mail.goo.ne.jp (?を半角のアットマークに変えてください)

革命・芸術 末尾ルコ

▲原稿ご依頼受付中 つまらないライターばかりに書かせていては、あなたのメディアは結果的に社会を害していることになります。わたしにご依頼ください。一緒に社会をよき方向へ進めましょう。
▲〈「言葉」による革命〉に関する多様なレッスン、受付中。あなたも「言葉の戦士」として生き抜いてください。
直接レッスンは、現在は高知市のみ。
有料メルマガで格安にレッスン可能です。ぜひ、ご登録を!

少しでもご興味を持ってくだされば、気軽にご連絡ください。  末尾ルコ

nice!(11)  コメント(0) 
前の10件 | - 「言葉」による革命 ブログトップ