So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

●ついに初鑑賞、『トラック野郎 御意見無用』、そして魅惑の「中島ゆたか」を発見!! [「言葉」による革命]

●ついに初鑑賞、『トラック野郎 御意見無用』、そして魅惑の「中島ゆたか」を発見!!

末尾ルコ「映画の話題で、知性と感性を鍛えるレッスン」


『トラック野郎 御意見無用』を観てまたしても強く感じたのが、強く感じたのが、強く感じたのが・・・まあいろいろあるのだけれど、さあ、最も強く感じたのは何でしょう!となると、中島ゆたかが、ああ何と女性としての魅惑ある女優だったかということで間違いない。

『トラック野郎 御意見無用』シリーズをまともに鑑賞したのはこれが初めてである。
もちろんシリーズの存在は知っていたが、「自分とは別の世界の映画」だと決めつけていた。

出演者は、菅原文太、愛川欽也、春川ますみ、中島ゆたか、佐藤允、夏純子、湯原昌幸、夏夕介。
主演で東映のスーパーヒーローの一人である菅原文太はいきなりトルコ風呂で遊び三昧も近頃の映画にはないシーンだけれど、そのウエストの細さ、そして時に履いているベルボトムのジーンズは60~70年代のロックスターのようだ。

中島ゆたかは『トラック野郎 御意見無用』のヒロイン。
「中島ゆたか」という名に見覚え・聞き覚えはあったけれど、(男優かな)と、この作品を観るまでは勘違いしていた。

中島ゆたかは1952年生まれで、茨城県出身。
目を惹くのはオーソドックスなワンピースを着ていて魅惑的に見えるその均整の取れたプロポーションだ。
それもそのはず、身長は168cm とされている。

中島ゆたかの出演映画をざあっと見てみよう。

『夜の歌謡シリーズ 女のみち』(1973年)
『夜の歌謡シリーズ なみだ恋』
『激突! 殺人拳』(1974年)
『直撃! 地獄拳(1974年)
直撃地獄拳 大逆転』(1974年)
『衝撃! 売春都市』(1974年)
『日本暴力列島 京阪神殺しの軍団』(1975年)
『けんか空手 極真無頼拳』(1975年)
『横浜暗黒街 マシンガンの竜』(1976年) -
『狭山裁判』(1976年)
『皇帝のいない八月』(1978年)
『殺人遊戯』(1978年)
『蘇える金狼』(1979年)

「観たくなるベル」がリンリンランラン鳴りまくるタイトルがズラリ並んでいるが、『皇帝のいない八月』、『殺人遊戯』、『蘇える金狼』は何度となく観ているのに、中島ゆたかの印象は何もない。
どうもわたしは映画によっては大雑把な観方をしていたようだが、まあ俳優は作品によって印象も変わるから致し方ない部分もある。

『トラック野郎 御意見無用』の中島ゆたかはまずエキゾティックな東南アジア風の容貌に見える。
肌の色もやや濃いし、顔立ちも一見南方系だ。
それはそれで大層素敵なのだが、ストーリーが進行していくに従って、日本女性特有の控えめなエロティシズムも漂わせ始める。
もちろんこんな女優、現在は見当たらない。

nice!(24)  コメント(2) 
共通テーマ:アート

●〈「言葉」による革命〉・・・・「戦いの最前線」は、「家庭」・「カフェ」、そして「あなた」~「馴れ合い・なあなあ空間」は時に腐敗臭が漂う。2018年8月18日 [「言葉」による革命]

※2018年9月18日配信予定 末尾ルコ メルマガ(有料)より抜粋。

●〈「言葉」による革命〉・・・・「戦いの最前線」は、「家庭」・「カフェ」、そして「あなた」~「馴れ合い・なあなあ空間」は時に腐敗臭が漂う。

はい。

「馴れ合い・なあなあ空間」は時に腐敗臭が漂う。

いささかキツい表現ではありますが、これが現実です。
そして日本人は「馴れ合い・なあなあ空間」がいかにも大好きで、「それが当然」であり、「その外の広大な世界」の存在については夢にも想像することができないのです。

「馴れ合い・なあなあ空間」は時に腐敗臭が漂う。

なぜか?
まず、この空間では思考する必要がありません。
それどころか「思考を嫌う」のが、「馴れ合い・なあなあ空間」なのです。

(続きは、有料メルマガでお願いします)

・・・・・・

3月7日、山田姉妹ニューアルバム(セカンド)
『ふたつでひとつ〜心を繋ぐ、歌を継ぐ』絶賛発売中!!!

山田姉妹の公式ブログ
https://ameblo.jp/karei1224/
山田姉妹の公式ツイッター
https://twitter.com/karei1224

山田姉妹『ふたつでひとつ ~心を繋ぐ、歌を継ぐ』インタビュー
http://www.billboard-japan.com/special/detail/2265

9月9日、山田姉妹高知公演、音楽を愛する方であれば、絶対です!

ポピュラーソングコンサート山田姉妹<よみがえる、青春のメロディー>

http://kkb-hall.jp/event/event_detail.cgi?event_id=271


高知公演だけでなく、山田姉妹のあらゆる公演、あらゆる活動を徹底的に応援します!

http://t.pia.jp/pia/artist/artists.do?artistsCd=D5210002


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


「言葉」に関するあらゆることは、下記へご打診ください。 sueoruko?mail.goo.ne.jp (?を半角のアットマークに変えてください)

nice!(11) 
共通テーマ:アート

極限の愛、日常の愛、その言葉 2017年8月18日 [愛の景色]

台風の影響で大雨の午後
Miがいるかもしれない場所へ行こうと車を走らせたけれど、

nice!(10) 
共通テーマ:アート

●山田姉妹へのメッセージ「お線香の薫り」 [「言葉」による革命]

●山田姉妹へのメッセージ「お線香の薫り」

末尾ルコ「音楽の話題で、知性と感性を鍛えるレッスン」


うちわとかお線香とか、日本のよき伝統をお持ちなのが素晴らしいですね。
お祖母様がこのうちわを見てどれだけお喜びになったか・・・想像するだけで心が温かになります。
そしてこのような優しく美しく、伝統やご家族を大切にするお心は、お祖母様をはじめ、ご家族がお伝えになっていることなのでしょうね。
わたしもお線香の薫りは大好きです。
お線香の薫りの中でゆったりと瞑想などをしたい願望もありますが、なかなかそうした時間が取れないという現実もあります。
けれど本日のお話を拝読させていただくだけで、お線香の薫りや太古より続く人々の営みを感じさせていただくことができました。
ありがとうございます。RUKO



・・・・・・

3月7日、山田姉妹ニューアルバム(セカンド)
『ふたつでひとつ〜心を繋ぐ、歌を継ぐ』絶賛発売中!!!

山田姉妹の公式ブログ
https://ameblo.jp/karei1224/
山田姉妹の公式ツイッター
https://twitter.com/karei1224

山田姉妹『ふたつでひとつ ~心を繋ぐ、歌を継ぐ』インタビュー
http://www.billboard-japan.com/special/detail/2265

9月9日、山田姉妹高知公演、音楽を愛する方であれば、絶対です!

ポピュラーソングコンサート山田姉妹<よみがえる、青春のメロディー>

http://kkb-hall.jp/event/event_detail.cgi?event_id=271


高知公演だけでなく、山田姉妹のあらゆる公演、あらゆる活動を徹底的に応援します!

http://t.pia.jp/pia/artist/artists.do?artistsCd=D5210002


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


「言葉」に関するあらゆることは、下記へご打診ください。 sueoruko?mail.goo.ne.jp (?を半角のアットマークに変えてください)

nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

●平成最終年の今、心に沁みる宇崎竜童の歌唱・・・もちろん山口百恵よりも。 [「言葉」による革命]

●今、心に沁みる宇崎竜童の歌唱・・・もちろん山口百恵よりも。

末尾ルコ「音楽の話題で、知性と感性を鍛えるレッスン」

『昭和歌謡ベストテン』で宇崎竜童特集があって、宇崎竜童の歌がいいのだな。
という意味は、「宇崎竜童が歌う宇崎竜童の歌」がいいのである。
この「よさ」っていうのは高校時代、ブリティッシュロック中心に聴いていた時期には気づかなかったことだ。
例えば宇崎竜童は竜童組を作って和楽器や和音楽のテイストを全面的に取り入れたロックないしブルーズテイストの楽曲を創作し、演奏していたのだけれど、そしてピーター・バラカンあたりがそのクオリティを絶賛するのを耳にして、(ああ、そんなものなのかな)と感心はしたけれど、積極的に聴こうとは思わなかった。
そうなんですな。
これは以前にも触れたけれど、かつては「日本で売れ線以外の音楽を聴く方法」となると、「ラジオで聴く(エアチェックする)」「自分でレコード(CD、カセット)を買う」の二択が基本であり、しかしラジオで自分が聴きたい音楽がいつも取り上げられるわけではなく、ティーンエイジャー限られた予算の中で「購入」となると、余程選びに選んだものしか買えないわけである。
だからこそ購入したレコードなどは徹底的に聴き込んだわけであるけれど、ブリティッシュ中心で、日本のバンドとしては、ルースターズ、RCサクセション、フュー、甲斐バンド(←やや恥ずかしいが 笑)、そしてなぜかP MODELなんかはちょっとばかし購入したが、宇崎竜童は常に選択肢外だった。

多くのロックファンの記憶にあるように、宇崎竜童は『ファイティング80's』という番組の司会をやっており、やはり同番組のロースターズのライブは凄かったし、佐野元春やタモリが出演することもあった。
うじきつよしの子供バンドがレギュラーだった時もありましたな。
それとザ・モッズが人気の頃もあった。
で、普通は『ファイティング80's』の最後に竜童が一曲歌うのだけれど、(別に歌わなくていいのに・・・)とわたしは思っていたし、周囲のロックファンも「竜童、演歌じゃん!」的なことを言っていたし、わたしもだいたい同じ思いだった。

ところが今、宇崎竜童の歌がいいのである。
たとえば次の歌。

「さよならの向う側」(https://www.youtube.com/watch?v=QEovuXaYEQc

山口百恵が歌ったよりも遥かによく聴こえる、心に沁みる。
実はわたしは山口百恵の演技にも歌にもまったく心を動かされたことはないのだが、今観たら聴いたらどうなのか・・・それはまだ試みていないので、今後の課題としてみたい。

とにかく今の宇崎竜童の歌・・・素晴らしいです。

nice!(24)  コメント(2) 
共通テーマ:アート