So-net無料ブログ作成

●3月19日、心臓バイパス手術後、確かに母は目覚め、わたしと「会話」することができた~母入院以来の、わたしの「喉の渇き」の理由とは? [「言葉」による革命]

●3月19日、心臓バイパス手術後、確かに母は目覚め、わたしと「会話」することができた~母入院以来の、わたしの「喉の渇き」の理由とは?

末尾ルコ「母の話」

執刀医から「麻酔から覚める日」と言われていたのがこの日です。
ただ、その麻酔というものが、心臓バイパス手術時に施された全身麻酔が続いているのか、それとも術後の痛みなどの管理のために新たに施されるのか、その辺りはわたしは分かりません。
わたしにとっては、「確実ではないけれど」という前提の上であっても、「19日には麻酔から覚める」と言われていた日に覚めているか否かが重要なのであり、想像は(もし覚めてなかったら)という方向ばかりに行くものです。
結論から言えば、母は麻酔から覚めていました。
ICUの母のエリアに入った時、まだ鼻と口にチューブは入っているけれど、母の目はしっかり開いていました。
わたしが近づき顔を見せ、「来たよ」と言うと、すぐに顔を紅潮させて泣き顔になったのです。
そのために呼吸数や血圧の数値が上がり、アラームが鳴ってしまいました。
「興奮したらいかん」
とたしなめますが、すぐには収まりません。
左手を動かしたり、時に脚を曲げたりと、少々説得に手間はかかりましたが、少なくとも、
「自分の息子は分かり」
「息子の言っていることも理解している」ことは間違いないところです。

口に入れられたチューブのためまだ話することはできないけれど、「おとなしゅうしちょらんと治らんで(おとなしくしてないと、治らないよ)、分かる?」と問うと小さく肯いてくれます。
母は言葉は出せないけれど、これは間違いなく「会話」です。
そして少なくともわたしは、「母と会話したのは3月16日の夜が最後になった」という事態は避けられたのです。

昨日と比べると機器類も少なくなっていました。
もちろん油断は一切しません。
今後どのようなことが待ち受けているか考えるだけでも途方に暮れそうになります。
そもそもいつICUから出られるかさえまだ分からない。
けれどこの日、この瞬間の気持ちは生涯忘れることはないでしょう。

・・・

母の件についてコメントをくださる方々はわたしの健康状態についての気遣ってくださり、本当に心から感謝しています。

母が入院してからのわたしの生活や心理状態についても書かしていただきますと、正直なところ非現実的なまでに苦しくて苦しくて仕方ありません。
しかし母のためにも、わたしがたおれていてはならない。
この期間が始まってからわたしの身体に目立って起こっている出来事の一つが、「とても喉が渇く」ことです。
わたしは普段さほど水分を摂らないのですが(もっと摂るべきなのですけどね)、母の入院以来少なくとも普段の3倍以上は水分を摂っています。
もっとかもしれません。
病院内の暖房が我が家のエアコンとは段違いに暖かいのも理由の一つですが、昨日気付いたのですがそれ以上に大きな理由は、

「常に緊張状態にある」ことですね。

24時間絶えることのない緊張状態・・・これがいかに強い口渇感を呼ぶことか、今強烈に実感しています。

nice!(26)  コメント(6) 

●〈「言葉」による革命〉・・・・「戦いの最前線」は、「家庭」・「カフェ」、そして「あなた」~「戦士」としての「映画鑑賞」を実践すれば、人生が変わる、日本が変わる [「言葉」による革命]

※2019年3月23日配信予定 末尾ルコ メルマガ(有料)より抜粋。

●〈「言葉」による革命〉・・・・「戦いの最前線」は、「家庭」・「カフェ」、そして「あなた」~「戦士」としての「映画鑑賞」を実践すれば、人生が変わる、日本が変わる19



ま、わたし基本的に、どんな芸術分野も好きなのです。
ただその興味の度合いに濃淡あるだけで、「興味のない芸術分野」はありません。
でもそうした中で、そして〈「言葉」による革命〉を提唱して以来ずうっと思考し続けているのですが、このところほとんど確信として、

「映画の有効性」

を感じています。

もちろん他の芸術も素晴らしいですよ。
わたしが映画とともに「3種の神器」として常に挙げている「読書・音楽」はもちろんのこと、絵画、写真、バレエを含む舞台芸術・・・どれもこれも素晴らしい!
当然のことですね。
しかしその上でなお、

「人間を鍛える」
「人間を磨く」

というクオリティにおいて、

「映画が最高」と断言しましょう。

その理由は?
ここでまとめてご説明しますね。

(続きは、有料メルマガでお願いします)

●「言葉を語れ
美のように
戦士のように」


・・・・・・

山田姉妹『故郷 〜日本の愛唱歌Ⅰ』絶賛発売中!


山田姉妹『ふたつでひとつ〜心を繋ぐ、歌を継ぐ』絶賛発売中!!!

山田姉妹の公式ブログ
https://ameblo.jp/karei1224/
山田姉妹の公式ツイッター
https://twitter.com/karei1224

山田姉妹『ふたつでひとつ ~心を繋ぐ、歌を継ぐ』インタビュー
http://www.billboard-japan.com/special/detail/2265

山田姉妹のあらゆる公演、あらゆる活動を徹底的に応援します!

http://t.pia.jp/pia/artist/artists.do?artistsCd=D5210002


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「言葉」に関するあらゆることは、下記へご打診ください。 sueoruko?mail.goo.ne.jp (?を半角のアットマークに変えてください)

革命・芸術 末尾ルコ

▲原稿ご依頼受付中 つまらないライターばかりに書かせていては、あなたのメディアは結果的に社会を害していることになります。わたしにご依頼ください。一緒に社会をよき方向へ進めましょう。
▲〈「言葉」による革命〉に関する多様なレッスン、受付中。あなたも「言葉の戦士」として生き抜いてください。
直接レッスンは、現在は高知市のみ。
有料メルマガで格安にレッスン可能です。ぜひ、ご登録を!

少しでもご興味を持ってくだされば、気軽にご連絡ください。  末尾ルコ

nice!(14)  コメント(0) 

●山田姉妹へのメッセージ「ドレス」 [「言葉」による革命]

●山田姉妹へのメッセージ「ドレス」

末尾ルコ「音楽の話題で、知性と感性を磨くレッスン」

(山田姉妹は3月3日、島根県でコンサートでした)

コンサート、ご成功おめでとうございます!そしてお疲れ様でございました!それにしてもこうしてあらためて拝見させていただきますと、お二人のドレス姿は素晴らしくゴージャスですね。まるでこの世界のどこにも存在しないお花が咲いているようです。そう、お二人は唯一無二の花束でもあるのです。

素晴らしいステージだったようですね。
何よりでございます。
それにしてもドレスがこれだけお似合いの方は、日本人ではそうはいない気がします。
ドレスはもちろん欧米文化なのですが、日本人のお二人がご着用になると、例えば針生女優が着こなしているのとはまったく違った美が醸し出ていると思うのです。
ステージでの立ち姿それだけで別世界を見せてくれる…お二人はそういうご存在でもあるのです。RUKO


●「言葉を語れ
美のように
戦士のように」


・・・・・・

山田姉妹『故郷 〜日本の愛唱歌Ⅰ』絶賛発売中!


山田姉妹『ふたつでひとつ〜心を繋ぐ、歌を継ぐ』絶賛発売中!!!

山田姉妹の公式ブログ
https://ameblo.jp/karei1224/
山田姉妹の公式ツイッター
https://twitter.com/karei1224

山田姉妹『ふたつでひとつ ~心を繋ぐ、歌を継ぐ』インタビュー
http://www.billboard-japan.com/special/detail/2265

山田姉妹のあらゆる公演、あらゆる活動を徹底的に応援します!

http://t.pia.jp/pia/artist/artists.do?artistsCd=D5210002


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「言葉」に関するあらゆることは、下記へご打診ください。 sueoruko?mail.goo.ne.jp (?を半角のアットマークに変えてください)

革命・芸術 末尾ルコ

▲原稿ご依頼受付中 つまらないライターばかりに書かせていては、あなたのメディアは結果的に社会を害していることになります。わたしにご依頼ください。一緒に社会をよき方向へ進めましょう。
▲〈「言葉」による革命〉に関する多様なレッスン、受付中。あなたも「言葉の戦士」として生き抜いてください。
直接レッスンは、現在は高知市のみ。
有料メルマガで格安にレッスン可能です。ぜひ、ご登録を!

少しでもご興味を持ってくだされば、気軽にご連絡ください。  末尾ルコ

nice!(7)  コメント(0) 

極限の愛、日常の愛、その言葉 2019年3月19日 [愛の景色]

こんなとんでもない日にも
あなたの笑顔を見た意味を

nice!(11) 

●心臓バイパス手術直後の母、全身麻酔から覚めるのはいつか?~冠二郎、1月に心臓の緊緊急手術を行い、今月仕事復帰。 [「言葉」による革命]

●心臓バイパス手術直後の母、全身麻酔から覚めるのはいつか?~冠二郎、1月に心臓の緊緊急手術を行い、今月仕事復帰。

末尾ルコ「母の話、そして医療健康の話題で、知性と感性を磨くレッスン」

このブログは本来、映画など文化芸術や社会観察、メディア批判、そして〈「言葉」による革命〉ですね、そうした内容が中心なのですが、このところ母の病状・闘病のお話がほとんどとなっています。
しかし今わたしはそれを書かないことには精神の均衡が保てないのです。
そして、「人生を深く観照・思考する」のも我が大きなテーマです。
「母のことを書く」のは「人生を深く観照・思考する」上で、わたしにとって最大限大きな意味があるのです。
もちろんまた、映画など文化芸術の話題もやっていきます。

・・・

母の病状なのですが、17日午後10時くらいに執刀医にされた説明では、「麻酔から覚めるのは明後日くらいだろう」ということでした。
つまりそれは本日の昼とか夕方とか、そのくらいを意味しているはずなのですが、高齢(83歳)で元来虚弱な体質、しかも全身麻酔での大手術ですから、身体にどれだけダメージがあったのか見当もつかないほどです。
今はまず、(麻酔から無事に目が覚めてくれるだろうか?目が覚めてくれたとしても、意識状態はどうなのだろうか?)という不安、問題があります。
そしてもちろん身体のコンディションがどうなっているかもです。


・・・

次のような報道があった。

冠二郎 死の一歩手前だった 虚血性心不全…緊急手術で生還 31歳下の夫人に感謝
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190316-00000004-dal-ent

わたしは元来医療健康情報には敏感で、書籍、新聞、ネットなどで常に適切な情報を得ようという努力は欠かさず行っている。
もちろん専門家ではないので知らないことだらけなのであるけれど、ベースが間違っていなければ、大事な時によりベターな判断ができるものと考えている。
今回の母の件でこれまで以上に医療健康情報に貪欲になることは間違いないが、この冠二郎のニュース、いろいろ考えさせられる。

冠二郎、74歳としては体形など見た目がとても若いのだが、そんな彼にして、これだけの状態になり緊急手術、しかも2013年には口腔がんの手術をやっているという。

今回の件では1月19日に緊急手術・・・これは今回わたしの母に起こっている状況ととてもよく似ている。
もちろん母は冠二郎より年上、83歳ではあるけれど。

同記事によれば冠二郎は2月5日に退院したが、10日に自宅で転倒して腰の骨を2カ所骨折している。
「転倒」の怖さも痛切に感じる。
しかし彼は2月15日には巨大コルセットを巻いて新曲のレコーディング、3月3日には本格復帰している。
つまり1月に極めて大きな手術をし、2月の始めには腰を骨折していたにもかかわらず、3月の始めには復帰を果たしているということになる。

もちろん人間の体は単純ではないから今後の彼の状態がどうなるかは誰にも分からないことだろう。
しかし「ここまでの冠二郎」だけでも、多くの人に勇気を与えてくれているのは間違いない。

タグ:アート
nice!(25)  コメント(7)